男性学のプロが語る「40男こそ夢を持つべきワケ」とは?

男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?

彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるのか』より、その謎を解き明かしていきましょう。

「少年時代の夢が
叶わなかった未来」を
生きている

Medium f43b129f8c36da326e1025fbd6472fa659331db8

子どもの頃、どのような夢を描いていただろうか。正月に「夢」という一文字を半紙いっぱいに筆で書いた。そんな思い出が蘇る40男もいるはずだ。少年は夢を抱くべきだとされてきた。それも、プロ野球選手や宇宙飛行士のように、非現実的であればあるほど大人からは褒められた。だから、僕らは無謀な夢を抱き、そして、純粋に夢を信じていた。

ただ、ほとんど全ての40男の夢は実現しなかった。この端的な事実を受け止めなければならない。プロ野球選手は論外としても、この歳になってから、漫画家やゲームを実況するユーチューバーに転向するのは不可能である。現実を直視しよう。40男は少年時代の夢が叶わなかった未来を生きているのだ。

そもそも、これまで抱いた夢は
すべて他人事だった?

Medium 123e04984d6fc6cb8ad6edc20790ba812f299373

いや?冷静になって考えてみれば、この40年の間に抱いてきた夢は、そもそもすべて他人事だったのではないか。より正確に言えば、これが夢だと差し出されたものを、素直に受け取り、自分の夢として大事にしていただけなのではないだろうか。

少年の頃のスポーツ選手や宇宙飛行士だけではない。大人になってからの出世やマイホームといった「現実的」とされる夢でさえ、誰かに押し付けられたものでしかない。出世競争に明け暮れたり、住宅ローンを返済しながら「本当にこんなことがしたいの?」と疑問に思ったことは一度や二度ではないはずだ。

自分の頭で考え、思考錯誤し、生き方を見つけることができなければ、出世レースを続けていようが、「普通」の人生を歩もうが、「普通」から逸脱しようが、まったく同じである。漠然と何かが違うと感じながら、その原因が分からないまま生きていくことになる。あまりに手ごたえがなく、不安なのは当然だ。

40男よ、
今こそ夢を抱くとき

Medium ca6707e6a64a8f463060e8d1bb3bf102666d7141

だからこそ、40男は夢を持つ必要がある。自分がどのような人間なのかを理解し、自分がなにをしたいのかを考える。若者なら照れてしまうところだが、40男なのだから恥ずかしがることはない。とっくに人生について真剣に考えることが許される年齢になっている。自分に正面から向き合えないほうがよほど恥ずかしい。

会社を辞めて起業したり、有名人になったりといった逆転満塁ホームランを狙わなくていい。ここで言いたいのはそんなことではない。叶いもしない無謀な子どもっぽい夢ではなく、構想があり、実現に向けた計画が練られている「大人の夢」を持って欲しいのである。

他人からの「夢」ではなく
自分の「夢」を

Medium 76bca812f0f5e18f87e490a35bcf85737889737c

いまの仕事を続けながらでも、夢を持つことはできる。管理職に就いた友人が「自分の部署では、定時に帰れる体制を作るように努力したい」と言っていた。長時間労働は問題だと指摘されて久しいが、改善の兆しはなかなか見られず、ある意味で「仕方がないこと」として放置されてきた側面がある。

つまり、じつは問題として十分に認識されていないことが、長時間労働の最大の問題なのである。他の部署や取引先との関係もあるから実現は容易ではないだろうけれど、素晴らしい夢だと思う。

資格の取得や副業を持つのも、ひとつの手だろう。ユーキャンのホームページで40代の男性に人気の通信講座を調べたところ、1位:行政書士、2位:宅地建物取引士、3位:ファイナンシャルプランナーという結果だった。こうした資格の取得がすぐに副業につながるとはかぎらないし、会社が副業を認めていない場合もあるだろう。それでも、資格の取得によって仕事の幅が広がる可能性は高い。何より勉強に取り組むことで知的好奇心が充たされるはずだ。

夢は他人から与えられるものではない。自分で創造するものだ。

『〈40男〉はなぜ嫌われるか』(著:田中俊之)

「アラフォー」などという生易しい呼び方はやめようーー。この本では30代後半から40代前半までの男性を「40男」と呼び、彼らのリアリティと現実のギャップを痛快に解説!「昭和的男らしさ」と「平成的男らしさ」の狭間を生き、「若いですね」と言われたい中年男たちの正体とは?

「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
30代後半〜40代前半の男性を「40男」と定義付け、「彼らはある問題を抱えている」と語るのは男性学の第一人者、田中俊之さん。ここでは田中さんの著書『〈40...
「40男には、現実を直視できていない人が多い」と明言するのは、男性学の第一人者である田中俊之さん。ここでは彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるのか』より、世...
家族もいないし、周りは既婚者ばかり。休日はいつもひとりで、どうすればいいものか──。こういった悩みを抱えている中年の男性が多いと語るのは、男性学の第一人者...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
長距離マラソンがきっかけで知り合った、ネイビーシールズ隊員を口説き落とし、1ヶ月間の共同生活を体験したJesse Itzler氏が「Big Think」に...
NYで人気のウェブメディア「YourTango」で紹介されていた、40代のライターAndrea Reiserさんが自身の経験から、もっと早く知っておくべき...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
「四十にして惑わず」と言われるだけあって、達観した人生観を持った素敵な40代男性は、20代や30代ともひけをとらずに恋愛を楽しめるはず。ここで紹介するのは...
一般論で「人生の働き盛り」とは、仕事もできて体力もある30代。では、ビジネスにおいてこの“盛り”を過ぎると……あとは坂を転がるようにポテンシャルが低下して...
人間、40年も生きれば子供の頃とは全く違う存在になっているもの。なかには自分でも認めたくない恥ずかしい事実だってあります。ここで紹介するのは「WorldL...
40歳になった「YourTango」のライターLaura Lifshitz氏。これまで“それなり”の恋愛経験を積んできたと自負する彼女。こう聞くと「なにを...
なぜ男性は浮気をするのか、とその理由を分析した記事は数多くありますが、「Elite Daily」の人気ライター、Paul Hudson氏の見解は、男性視点...
わずか1本の木で、40種類ものフルーツが実る?そんな木が遂に誕生した!おとぎ話に出てくるような木が、なんと現実に存在した!科学のことを多く取り扱うIFL ...
マメな男としつこい男の見分け方というのは簡単なようで実は難しい問題です。しかし、マメで素敵だと思う男性としつこくて嫌だと思う男性は確実に分かれて存在してい...
「Lifehack」のライター、ウエンディ氏は、自身の人生経験を元に、全ての女性へとアドバイスを送る記事を書いています。もうすぐ40歳を迎えるという女性が...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...