40歳からは「友だち」ではなく「仲間」を増やすべき理由

家族もいないし、周りは既婚者ばかり。休日はいつもひとりで、どうすればいいものか──。こういった悩みを抱えている中年の男性が多いと語るのは、男性学の第一人者である田中俊之さん。

ここでは彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるか』から、「40男の友だち作り」をまとめてみました。まだまだ自分は中年じゃない!って人も、知っておいて損はありませんよ。

質問サイトに寄せられた
「40男」の切ない悩み

Medium ebcdcf657c1f26ba6ef0c4d0fe5af70b31ab1aa2

<休日の過ごし方 40代独身男性です。>

独身の方で休日はどのように過ごしていますか?

私は、何をすることもなくゴロゴロとテレビをただ眺めているだけで1日が過ぎてしまいます。とくに趣味もなく彼女もいなければ出かける友だちもいません。外に出なければ彼女も友だちも出来ませんね(年齢的に彼女は厳しいですかね 泣)。いつも夕方には虚しい思いでいます。

何かおすすめの休日の過ごし方など教えていただけませんか?出来れば一人は寂しいので40代の私でも色々な人と出会える(彼女ができたらうれしいです)もの・場所などありましたらよろしくお願いします。

<ベストアンサー>

40代未婚男性です。私は30代に同じ様なことを思っておりました。そして、運動不足の解消も兼ねて、スポーツジムに通い始めましたが、そのジムに併設のテニススクールがあり、通い始め、そこでたくさんの仲間ができ、サークルにも誘って頂き、休日はテニスのサークルや試合にも出る様になりました。テニス以外にも、フットサルやソフトバレー、などのサークルも良いかと思います。

思い出が仲を取り持ってくれた同級生とは違って、40代ともなれば新しい友だちを作るためにはきっかけが必要。まさか街中で「友だちになろう」といきなり言うわけにもいかない。それでは明らかに不審者だ。

その点、一定の頻度で顔を合わせるジムやスポーツサークルは、徐々に距離を縮められる。もちろん、運動が苦手であれば、音楽のライブや書店で開催されるトークイベントなど、自分の興味と適性に合ったものを選べばいい。

40男に立ちはだかる
友だち作り「2つのハードル」

Medium f5e9e176eee6f17a79c545647e6f3c3594884800

しかし、これにはハードルが2つある。ひとつは、億劫で新しいことが始められないという問題だ。長時間労働で疲れ果てているのであればなおさらだろう。しかし、仕事だけの生活になっている現状を立て直す意味でも、新しい活動をしてみる価値はある。ぜひ重い腰を上げてみてほしい。

もうひとつは、せっかくジムに通ったりサークルに入ったりしても馴染めないという問題である。これについては、当然のこととして想定しておかなければならない。たまたま最初に始めた活動で居場所ができるほうが稀であり、試行錯誤しながら自分が快適に過ごせる空間を見つける必要がある。定年退職の調査をした際にも、いろいろな活動に顔を出したものの「なかなか居場所が見つからなかった」という男性がいた。

しかし、子ども時代だって友だちになるのは決して簡単ではなく、手間がかかるものだった。同じだけの時間と労力を割くわけにはいかないとしても、一度ダメだったぐらいで諦めていては、元通りの生活に戻るだけである。

その時々で楽しく過ごせる
「気楽な関係」を築こう

Medium e79273ad588f9ac63ae28e6594ee089445e467c1

この間、僕が担当した市民講座のメンバーが飲み会を実施した。誘われたので自宅から遠かったけれど、顔を出すことにした。飲み会に参加してみて、いい意味で若者との違いを感じた。中年になると、多少の年齢差があってもそれなりに親しくなれる。年を取るのは悪いことばかりではない。

学生にとっての友だちは、生活の一部のようなものだ。授業、部活それに登下校まで共にしていた友だちがいた人も少なくないだろう。40男はそれまでの時間も労力も友だちに割くことはできない。サークルであれ飲み会であれ、メンバーの都合のいい日に集まって、ほどなく解散する。40男にはこれぐらいの関係が合っている。

その意味では、若い頃と同じ「友だち」という言葉を使っているのが間違っているのかもしれない。40男の人間関係を表現するのには、おそらく「仲間」ぐらいのほうが適切である。大親友や心の友を見つけようと言っているのではない。作るのは仲間だから、もう少し気楽な気持ちで大丈夫だ。自分から話しかける勇気を持って、その時々で楽しく過ごせる仲間を探してみよう。

『〈40男〉はなぜ嫌われるか』(著:田中俊之)

「アラフォー」などという生易しい呼び方はやめようーー。この本では30代後半から40代前半までの男性を「40男」と呼び、彼らのリアリティと現実のギャップを痛快に解説!「昭和的男らしさ」と「平成的男らしさ」の狭間を生き、「若いですね」と言われたい中年男たちの正体とは?

「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
30代後半〜40代前半の男性を「40男」と定義付け、「彼らはある問題を抱えている」と語るのは男性学の第一人者、田中俊之さん。ここでは田中さんの著書『〈40...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
「40男には、現実を直視できていない人が多い」と明言するのは、男性学の第一人者である田中俊之さん。ここでは彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるのか』より、世...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
NYで人気のウェブメディア「YourTango」で紹介されていた、40代のライターAndrea Reiserさんが自身の経験から、もっと早く知っておくべき...
長距離マラソンがきっかけで知り合った、ネイビーシールズ隊員を口説き落とし、1ヶ月間の共同生活を体験したJesse Itzler氏が「Big Think」に...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
一般論で「人生の働き盛り」とは、仕事もできて体力もある30代。では、ビジネスにおいてこの“盛り”を過ぎると……あとは坂を転がるようにポテンシャルが低下して...
人間、40年も生きれば子供の頃とは全く違う存在になっているもの。なかには自分でも認めたくない恥ずかしい事実だってあります。ここで紹介するのは「WorldL...
40歳になった「YourTango」のライターLaura Lifshitz氏。これまで“それなり”の恋愛経験を積んできたと自負する彼女。こう聞くと「なにを...
「四十にして惑わず」と言われるだけあって、達観した人生観を持った素敵な40代男性は、20代や30代ともひけをとらずに恋愛を楽しめるはず。ここで紹介するのは...
「Lifehack」のライター、ウエンディ氏は、自身の人生経験を元に、全ての女性へとアドバイスを送る記事を書いています。もうすぐ40歳を迎えるという女性が...
まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年...
わずか1本の木で、40種類ものフルーツが実る?そんな木が遂に誕生した!おとぎ話に出てくるような木が、なんと現実に存在した!科学のことを多く取り扱うIFL ...
みなさん、「筋肉という財産」を増やすと、どんな素晴らしい変化が起こるかご存じですか?健康的になるのはもちろん、若さや美しさ…時をさかのぼるように調子を取り...
世界の富の40%は1%の人々によって独占されているみなさんは『パレートの法則』というものを聞いたことがあるだろうか? 経済学者のパレートが説いた「富の8割...
なぜ男性は浮気をするのか、とその理由を分析した記事は数多くありますが、「Elite Daily」の人気ライター、Paul Hudson氏の見解は、男性視点...
世界自然保護基金とロンドン動物学会による分析で、世界の野生生物の数の52%が過去40年間で消滅したことがわかったそうだ。その破壊の大部分は人間の「消費」に...