最高のパートナー!愛するペットと世界をまわる旅人たち【まとめ4選】

何も言わず、でも全てをわかってくれているような。そして、寄り添うと感じる安心感。ペットとの絆は「家族以上だ」という人もいるほどです。同じ景色を眺めていれば、言葉がなくても心が通うものなのかもしれませんね。

そんな良き理解者であり最高のパートナーであるペットと、世界を巡る人たちを紹介しましょう。日々SNSに投稿されている彼らの旅の記録は、どれもステキなものばかり。

01.
「愛犬ベラ」に余命半年の宣告。
仕事を辞めて2人
旅に出た男

08bb1174c6c02eb67d9392b1164686c87d028c34

クーグラーさんと愛犬のベラは、9年以上仲睦まじく生活を共にしてきた、かけがえのない家族同士。

しかしある日のこと、ベラはガンであることが発覚しました。そのため、片足を失い余命はたった3〜6ヶ月と宣告。この十年で家族を2人も失っていた彼にとっては、耐え難い事実でした。そして彼はこう考えたのです。

「彼女が死んでしまったことに、家に帰ってから気づくなんてゴメンだ」

彼は仕事を辞めて、愛犬ベラと最後の旅に出ることを決意したのです。1日でも長く続いて欲しい旅の軌跡は、見るものに生きる勇気を与えくれます。

→詳しい記事はこちらから。

02.
すべてを捨てて
「愛猫ジョージー」と
ボートで旅に出た夫婦

Ef6bd7ab2f945d60bdc6aabf36788bd011929854

大学を卒業してから結婚し、家を買ってキャリアを築いていく…といった一般的な生活をイメージしていた、マットさんとジェシカさん。あるとき、このままの生活を続けていていいのか?と考えた末、2人の夢だったボートで旅に出ることを決意。

仕事を辞め、家財もすべて売り払って、愛猫のジョージーと一緒に世界旅行に出たのでした。

どんなときも協力して旅を続ける2人。付き合ってから10年ほど関係が続いているそうですが、この旅を通してさらに絆が強くなったとか。

ちなみに、愛猫ジョージーのお気に入りはデッキに座りながら魚を眺めること。泳ぐこともできるそうで、ボートから海に飛び込み、自力ではしごを上って戻ってくるそうですよ!

→詳しい記事はこちらから。

03.
小さい頃からの夢
「愛猫アメリア」を連れて
憧れの船長に!

F00d70251d94711be3210efa061ce62e557a3411

小さい頃から長期休暇に入るたび、家族でクルージングをしていたというリジィさん。そんな彼女の夢は「船長」になることでした。

彼女ひとりで始まった船旅は、2013年から相棒に愛猫のアメリアが加わり、さらに楽しいものに。アメリアは生後6ヶ月のときから海の上を中心に生活しているため、まったく動じないどころか、釣りの名人でもあるとか。

お互いに信頼し合い、「最高の人生」を体現するリジィさんとアメリア。その様子は、写真からも十分に伝わってきますね。

→詳しい記事はこちらから。

04.
仕事を辞めてカヤックの旅へ
「愛犬ニルヴァーナ」との
友情が熱い

4755bf007a0cfd31edd45d8f0ba3209eef46c620

スペイン人のセルジさんは、3年前に仕事を辞め、故郷のバルセロナを出発。地中海沿岸をカヤックで旅する冒険に出ました。

途中から仲間になったのは、愛犬のニルヴァーナ。セルジ&ニルヴァーナのコンビは、カヤックでシチリア島やその他の島々を渡りあるき、パドリングで移動した距離は5,000kmオーバー。毎晩、違うビーチの夜空をキャンプで楽しんでいるそうですよ。

そしてこの旅には「地中海の保全を伝える」という、もうひとつの目的もありました。セルジさんとニルヴァーナの旅はまだまだ終わりません。

→詳しい記事はこちらから。

前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
犬や猫との暮らしにある、何気ない「あるある」をほんわかしたイラストで綴る、ロシア在住のイラストレーターLingvistovさん。そんな彼女のクリスマスバー...
幾何学パターンで組み立てられた多面体の物体。一瞬、オブジェにも見える丁寧な仕上げ。これが、ペットハウスだと知って驚いた。日本のナチュラルスローというブラン...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
SNSにあがっていると思わず「いいね」したくなるような、その存在感だけで十分にかわいいペットたち。ここでは、世界で話題になったワンちゃん(と、自分をワンち...
猫は見た目だけでなく、その性格も魅力的♡ ここで紹介するのは、米オンラインショップ「Lingvistov」が、ギフトカード用に作成した猫を飼うべき理由が書...
男と女という生き物には、根本的に「違い」があります。きっとお互いにわかり合えないことも多く、心が離れてしまうこともあるでしょう。どうしたら良好な関係を築き...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
犬を飼っている人のカメラロールは、たいていワンちゃん達の可愛い姿でいっぱい。心を許したあなたにだから見せる表情があるはずです。では、彼らからみた飼い主の表...
旅先での出会いは、人生における貴重な体験であり、旅する醍醐味のひとつ。現地の人のやさしさにふれることができたのなら、それだけで旅は「最高の思い出」になる。...
主人公の老犬ハンナは、最期の最期で家族とともに「最高の一日」を迎えることができました。愛するペットが最晩年を迎えたとき、この家族と同じように、誰にも苦渋の...
フロリダと言えば「眩しい太陽が降りそそぐ街」、そんなイメージがありますよね。しかしその反面、高温多湿な気候ゆえに「クルマに放置された赤ちゃんやペットの死亡...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
「とにかくすごかった!」と記憶に残っているあの人との夜の営み。その相手、もしかすると、獅子座の人ではありませんでしたか?実は、女性ライターIsis Nez...
猫を連れた女性の旅、と聞いて思い出すのは『魔女の宅急便』。キキとジジは空を飛んでいましたが、ここで紹介するのは「海」を旅するリジィと愛猫アメリアです。小さ...