試してみて!「お家ビール」が劇的においしくなる4つのコツ

お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵実さんの著書『ビール語辞典』(誠文堂新光社)から一部紹介したいと思います。

01.
冷やしすぎはNG
適温でいただくべし

7777bc5618365e6d92546f41d5dd21d5ba8858ca

ビールのスタイルによって適温はそれぞれなので一概には言えませんが、多くのビールは6〜8℃で飲むのが良いとされています。冷やし過ぎると風味やアロマが感じ取りにくくなってしまうので注意!

02.
瓶ビールの
「酵母」に気をつける

4720e4da0e7edd03c9ed77ff5931be3689c86859

酵母の入った無濾過の瓶ビールは、優しく転がして酵母を均一に混ぜて飲む場合や、逆に沈殿している澱を飲まずに残して注ぐ場合など、種類や好みによってベストな飲み方が変わります。購入時にお店の人に聞いてみましょう!

03.
キレイなグラスに
注いで飲む

5d0546005d93c08c23e73463a01f4dd7b4c15257

ビールは基本的に、容器からグラスに注いだほうがおいしく飲めます。色や泡を横から眺めることができ、グラスに移すことで香りや風味も感じ取りやすくなり、美しい泡を作ることができるんです。

2e35d2473da36fc8b4fd48535020b4eff0426b00

また、注ぐグラスに油汚れや飲み物の汚れが付いていると、きめ細かい泡を作りにくくなり、風味を損ねてしまいます。ビアグラスは布で拭かずに乾燥させておきましょう。

440f236f27d33e611d6dd014b1d6ebd2e694a204

そしてビールは、スタイルによってそれぞれ適切なグラスの形状も変わります。とくに海外のクラフトビールを飲む場合は、グラスのタイプも考慮して選びましょう。代表的なグラスの形状は、以下の通り。

88daf124001971bb7e9c35a4503684313da4130e

【マグ/シュタイン】丈夫で大きいマグは豪快な乾杯にぴったりで、喉越しを楽しむラガー向き。

0492ef97190b1791a99fadda1ceafeba1b7b7dce

【ピルスナーグラス】泡が上がっていく様子を眺めるのにも良い、背の高いグラス。ピルスナーなどのラガーウィットビアに。

642558f522362c80abd6daad067016b3b01e1df9

【パイントグラス】英国のパブで良く使われるグラスで、泡持ちが良く、様々なビールにマッチします。

2ee660bd7a103ab12e650cd2ea4facdbc956c939

【チューリップ】泡とビールが同時に飲めるように作られたグラス。IPAやスコッチエールなど、泡も楽しむビール向き。

04.
丁寧な「三度注ぎ」で
細やかな泡をつくる

F4825382fa270d19ff1605c1304dc3f1c4a88d18

ビールをおいしく注ぐ秘密が、この三度注ぎ。ドイツやチェコ伝来の注ぎ方で、これをすると、きめ細やかで持ちの良い泡をつくることができます。

①ビールを高い位置から、はじめはゆっくり、それから勢いよく注いで泡をたてる。

②大きな泡が落ち着いてビール液と泡が1:1になるまで待ち、グラスの縁からゆっくり注ぎます。泡がグラスより1cm上に盛り上がるまで注ぎます。

③最後に、泡がグラスから1.5〜2cmほど盛り上がるまで静かにビールを足したら完成!

次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
1日の仕事が終わって、待ちに待った家での晩酌。家で飲むビールって最高の息抜きです。とはいえ、缶からグラスへとただただ注いでいませんか?そう、缶ビールのおい...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
空っぽでも十分イケてるけれど、ビールを注げばより味が出る。実はいま、そんなグラスの注目度がグングン上がっているようなんです。ビールが夕空を演出し、風景がノ...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...