先進国に現存する地上最後の楽園、クリスチャニア。世界一非常識な場が挑む人類の一大実験とは?

世界一好きな場所がある。

名前は、クリスチャニア(Christiania)。

その理由は「大麻が吸えるから」ではない。僕が知る中で「最もピースな場所だから」である。

「違法な大麻」と「平和な空間」。一見相反するように思えるかもしれない。ルールは必要最低限しかなく、人間と同じように動物も自由。それなのに、全体としてなんとなくピース。社会としてもしっかりと機能している。クリスチャニアでは、僕らが培ってきた“常識”はもはや通用しない。そう、ここでは人類の一大実験が行われているのだ。

「ラブ・アンド・ピース」と言うと人は笑うだろう。「甘い」「現実を見ろ」、ジョン・レノンやボブ・マーリーが歌い、ガンジーやキング牧師が動いても世界は変わらなかったじゃないかと言うのかもしれない。でもその前にクリスチャニアの存在を知って欲しい。

E9ce9db3ae4c9255711c7c6055788fcd52b797c9Ed07d587471f1285c6f84464f8bcb62c3ecaf4fb

01.
地上最後の楽園
クリスチャニア

60f63e655ac08a98582ec2ccd65096fcf8a2f502

クリスチャニアは、デンマークの首都コペンハーゲンのほぼ中心に位置する自治区。人口約1,000人、面積約34ヘクタールという、町というより小さな村のような場所。運河と小さな湖に挟まれ、木々が青々と生い茂る。都心部とはまったく異なる、ゆったりとした時が流れ、人々は好き勝手、思い思いの時間を過ごす。

クリスチャニアの一番の特徴は、アムステルダム(オランダ)、イビザ島(スペイン)と並んで、ヨーロッパに現存する有名なヒッピーコミューンであること。デンマーク政府から独立したルールで社会がまわり、強力な自治権とともに独自の国旗や国歌さえも持つ。その一方で、市民は政府に税金を納め、他の国民と同様の手厚い社会福祉も受ける。そんな不思議なダブルスタンダードによって成り立つ。

A974d72a5e84aade684d272706b4a7331539d0587114bd191efb96bd6217f7854dd22aac19cb4b7aBc0e1d557103e582d4c2b3fca97c344dd7018f95

もともとは軍の施設として利用されていたこのエリア。1971年に軍が移転し、政府がこの地を人々に開放すると、ヒッピーたちが自由を求めて住みついた。住人は独自のルールに基づいて自治を行い、なかにはデンマークでは違法とされている大麻を吸う者も現れた。その後、政府の取り締まりに反発してこれまで数々の衝突を繰り返し、近年は落ち着きを取り戻している。

「大麻を吸う人がいて、政府とも衝突しているなんて危険!」字面だけ追えば、たしかにそうなのかもしれない。しかし、実際にマリファナが売買されているのは、クリスチャニアのほんの一部。何より、デンマークは世界で2番目に平和であることを忘れてはならない(記事はこちら)。

クリスチャニアは日本ではそれほど知られていないが、世界的には「超」がつくほど有名な観光名所。クリスチャニアに訪れたいがために、はるばるデンマークに来る人も少なくない。そんな場所が危険なはずはなく、むしろとても平和。それはなぜなのだろうか?

216632dcbb7d4ac19f8a47a42b6813715a4d327c17c50348bd8b70d7003986924f2c270f38a7ebdb31d9d9f56caadbd62f882f9c04d6492f6d933bbd

02.
ルールはなくても
ピースは成り立つ

866d3f51fed8733f34c1b6eda05e02108310bb1c

クリスチャニアの何がすごいか。それは、ルールがないに等しいこと。主なルールは3つしかない。

「暴力禁止」
「ハードドラック禁止」
「自動車通行禁止」


すでにこれだけで面白いクリスチャニア(笑)。暴力反対、マリファナ以外のハードドラックはダメ、警察を敷地内に入れないための自動車通行禁止と、ヒッピーらしさがにじみ出ている。

07cc4d981cd2a19a7ed534711e108d9870b48f54

他にもいくつか変わったルールが。

「犬を鎖でつないではいけない」
人間と同じように犬の自由も尊重される。

「落書きOK」
クリスチャニアにはいたるところに落書きがある。しかもすべてが例外なくとてもクリエイティブで、見ていてハッピーになるようなものばかり。

さらに、「武器禁止」「防弾チョッキ着用禁止」「花火販売禁止」「盗品禁止」などがあり、とてもユニーク。

Edd33aec2f2fdd615e11f0ff39a9d78df2d8a9899243607be35c80f5e265a04a1854fb3afd3778bf

もう一つ忘れてはならないのが、大麻販売区域(Green Light District)で厳守しなければならない3つのルール。

「Have fun」
「Don’t run」
「No Photos」


物騒だから走らないでね、一応違法だから写真は取らないでね、でも少なくともここにいる間は人生を楽しんでね! これがクリスチャニアである。

6a1ac9a891364ef49735aab5fc693b0525a0211c0d3bebf3cb843fd67b478185210937e46ef28bee

03.
ウチソトのない
不思議な日常

A9c11d698b5cc65613b06da0e06e12d30c2da5ca

ルールが少ない無法地帯では、どんな人々が暮らしていて、どのような生活が行われているのだろうか?

まず中を散策してみて驚くのが、家がとてもおしゃれであること。たとえば、日本の家を想像すると似通った家が多い印象だが、クリスチャニアの住人は自分の手で好みの色や形に作り込み、どの家も自己主張が激しすぎるほど個性に溢れる。

94cdcf84cff9189e033ae9cdef841ee5bb99ea258e75226565fd3b2df0f79c6d65b8df38d4078a57

家について驚くことがもう一つ。とにかく境界線が少ないことである。どの家のカーテンも全開で、家の中が丸見え状態。なんとドアまで開けっ放しにしてある家もかなりある。その住人は、行き交う通行人を気にも止めず、柵のほとんどない庭でお茶を飲んだり、道端で友人たちと酒を片手に楽しそうに話し込んでいる。

「ここではどうしてこんな解放的なのか?」と住人に話を聞いてみた。すると、「だってクリスチャニアは安全だし、別に見られて困ることもないしね。家に鍵をしなくていいならしない方がみんな気持ちよく生きられるよね」と。土地があれば誰でも住むことを申請できるのもまたクリスチャニアのユニークな特徴。クリスチャニアは内外ともに、誰にも開放されている。

クリスチャニアの住人は平日の日中は普通に働いている人が多いのだという。だから、長い髪を編み込んで、ダラっとした服を身にまとった、いかにもボヘミアンな人は少数派。むしろ「フツーな人」がほとんどだと言える。その一方で農業をする人もいたり、馬を持つ家もある。また、人々の憩いの場として愛されているため、休日は外部からの人々で溢れかえる。もちろんマリファナを吸うことが目的の人も少なくないが、ランニングをしたり、水辺でピクニックをする人が多い。

3ff5967bd56c8540950e7151e0bfed3f567aaf164985003df7e7f82e664a739586df8cb2d07f80c2

04.
クリスチャニアという
現代アート

8af0da9c304970260dbb4cb6668c83a6ece8a5ef

裸で散歩をする人、馬に乗って移動する住人、物珍しそうにキョロキョロする観光客、首輪のついていない動物、自然が織りなす緑と青の美しいコントラスト、境界線の曖昧な住宅、どこまでも広がる独創的な落書き、漂うマリファナの強烈な香り。ルールがなければ秩序もない。カオスとまで言えるのかもしれない。

それなのに、クリスチャニアにはいつでも、あの透き通った空気、ゆったりとした時間の流れ、人々の自由さ、ハッピーな雰囲気、居心地の良さがある。国籍も肌の色も、信条も、肩書きも、人間とか犬だとか、生き物だとか自然だとか、あらゆる概念やラベルが剥ぎ取られ、場が存在すべてをありのままに肯定し、やさしく包み込んでくれる。

ルールや秩序がなくても社会は成り立つのかもしれない。むしろ、あらゆる制限や分割がない方が、かえってピースな空間を作り出せるのかもしれない。その可能性をクリスチャニアは示している。

5d7d8ad07a6c22f0e02f069f320adb707fcf044a38abc38b2bf17457c73b9077d8418216b4aaea92

しかも、クリスチャニアがデンマークという先進国に存在していることを忘れてはならない。こんな“非常識”が存在できるのは、社会の寛容度がとても高いからである。そしてまた、デンマークの人々の心のどこかにも、クリスチャニアが持つ自由の精神が宿っているのだろう。

世界中の人々を魅了する、クリスチャニア。ジョン・レノンの名曲「Imagine」で夢想した世界は、地球の裏側で実現しつつあり、全世界に対してアンチテーゼを投げかけている。人生に疲れたら、窮屈な社会に嫌気が差したら、この地上最後の楽園まで足を伸ばしてみてはいかがだろうか。ほんの少しでも、未来に対してポジティブになれる気がするから。

EPOCH MAKERS

世界の片隅で異彩を放つ、デンマーク。この小さな北欧の国は、情報化がさらに進んだ未来の社会の一つのロールモデルになり得る。EPOCH MAKERSはその可能性を信じて、独自の視点から取材し発信するインタビューメディア。http://epmk.net/

海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
さすがは、エンターテインメント大国・アメリカ。つい先日、内装のカッコよさに唸らざるを得ないボーリング場がロサンゼルスにオープンしました。こんなにクールな施...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
世界には大小様々な国が存在する。ロシアのような広大な国土を持つ国家がある一方で、極めて小さな国土しか持たない「ミニ国家」も存在する。モナコ公国も、そんなミ...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
キャッシュより電子マネーのほうが早いし便利!スーパーでの買い物で毎日使ってるよという人も多いかもしれませんが、北欧ではその利便性をもう一歩先に進めようとし...
ドアを開けると、にぎやかな笑い声が飛び交っていた。僕は入る建物を間違えたのか…。呆然としていると、「Hi」と握手を求められた。「あなた、見ない顔ね?私にで...
   窪咲子  Sakiko Kubo元雑誌編集者。初心者バックパッカーながら、女ひとり、世界一周の旅へ出発。ライターの仕事をしながら、1年8か月、50カ...
旅については様々な学術的な研究も重ねてきたという、旅研究家のKathleen Peddicord氏。彼は30年以上に渡り60ヵ国以上を旅してきた、旅のエキ...
もうタクシーは単なる移動手段じゃないんです!例えば、アプリでタクシーを呼べるアプリ「Uber」はすでに45カ国で展開されているサービスですが、今「エンタメ...