問題なさそうな恋愛のはずが・・・「別れのサイン」9つのケース

誰かを好きになる時、「その人のことが本当に好き」と自分を説得するようなことは誰もしません。もっと直感的であり、自分の感覚に疑いを持ちたくない、こう思うはず。

ところが、所詮感覚なんて曖昧であやふやなもの。自分でも気づかないうちに、知らず知らずと心が離れていくのが世の常。

たとえば、「Elite Daily」で400本以上の恋愛記事を書いてきた女性エディターCandice Jaliliさんは、問題がない時ほどこんなサインに注意が必要、と実体験からアドバイスを送っています。

01.
メールの着信音に
胸の高鳴りを感じなくなった

Medium 0a9d693829cb4c49c3a8f541c176f56036ebd003

もしも、あなたが彼からのメール着信音に胸を高鳴らせることがなくなってしまったのなら、もはやその関係は単なる消化試合のようなもの。さざ波すらも立たない小さなビニールプールの中の水。文字通り、そこに刺激はありません。

02.
友だちに彼を説明する形容詞は
いつも決まって
「いい人」か「おもしろい人」

どんな彼なのか?と女友だちに聞かれ答える際、「とてもおもしろい人」。こう答えた私に、友人はすぐさま「なんだ、本気じゃないんだ」と言い切ったことがあります。その時はものすごく腹が立ったし、彼女の意味するところが分からなかった。

けれど、そのうちにどちらが正しかったのかが現実のものとなりました。「いい人」とか「おもしろい人」、そんな誰にでも当てはまる形容詞でしか喩えられないような時、結局その人の魅力を見出せていないのです。

03.
彼と描く「将来」を
意識したことがない

Medium 0b0274dacca008ba60b3a3157ec496641d9557ea

私にはこんな経験があります。あるとき、公園で遊ぶ家族の姿を見ていた親友が、「今の彼氏との未来像がそこに見える」とうれしそうに言ったのです。二人のことをよく知る私にも、想像するだけで笑顔といいセックスであふれる人生が容易に見えてきました。

では、自分は?最初のデートで、その相手との将来を見据える必要がある、というようなことを言いたい訳ではありません。けれど、親密な交際の先には、きっと二人の未来がそこにあるはず。それが自然なことだと思うのです。

04.
そもそも、彼への
優先順位が高くない

もしも、次の休みが近づいてくるまで彼との予定を立てようとしないのならば、それはあなたにとって彼が最優先事項でない証拠。どこかで罪悪感や義務感を抱いて彼との予定を立てているようであれば、そこに何の価値もないことを意識するべきです。

05.
いつまで経っても
元カレと比べてしまう

Medium 4347d295ec65d89f6c1ebd0079ac74fbf7a474c6

本当に今の自分にふさわしい相手ならば、元カレの存在を早い段階から忘れさせてくれるもの。ところが、あなたが“心ここに在らず”ならばそれだけ、今の彼がしてくれることが、どれも元カレだったらどうか、と比較ばかりになっても不思議じゃありません。

この場合、元カレへの未練といったことではなく、比較対象として幸せだったころの自分が、絶えず元カレをフィルターにして登場してしまうということ。

06.
本当の自分を
まだ見せていない

では、そんな彼をあなたに責める資格があるか?答えはNO。なぜなら、あなただって彼に本当の自分をさらけ出してはいないはずだから。付き合いはじめの頃は、まだお互いに探り合い。それでも、相手を愛おしく思う気持ちが二人を急激に近づけていくものです。

けれどそのフェーズが過ぎれば、今度はお互いの心の中をきちんと言語に落とし込みながら、仲を深めていく作業に入ります。それができていれば、の話ですが。最高の自分を振る舞うなんて、じつは何でもないこと。だってフリをしていればいいだけなんだから。本当に大切なのは、その逆にある“本当の自分”なのでは?

07.
自分の「好き」よりも、
彼に好かれている事実が
関係の土台にある

Medium 3663769ce68c1f0f1f8824785649b3916dff59e4

彼はあなたに夢中。その事実が恋愛関係の根源的なベースにあるとしたら、あなたは「自分に夢中になる彼」ではなく、「彼を夢中にさせる自分」にただ酔いしれているだけかもしれません。

正直、ちょっと彼の月並みな愛に退屈さを覚えていたとしても、彼のゆるがないあなたへの忠誠心が心地よく、気持ちいいだけ。でもそれは、彼の心を受動的にコントロールしていることに果たしてなるでしょうか?

08.
恋愛の駆け引きに
興味が湧いてこない

相手を裏切る行為は恋愛のルールを無視しています。けれどスリリングな「お遊び」は、場合によって二人の関係をより親密なステージへと昇華させる、導火線になることも。

大切なことは、どうしてそんな“企て”が必要なのかをきちんと考え、見極めること。こうした恋愛の小道具的なお遊びをあなたも必要と感じ、それを遊びと割り切り、関係を高めるためにスパイスとして使えるのであれば、その関係はまだ冷え切ったものではありません。

09.
退屈な自分を、もう
否定してもいない

Medium 23c2dd300d2a82b06de60b99cc5a46cce11dd847

正直に言えば、これがほか8つすべてに帰結しているのです。つまり、あなたは退屈しているってこと。ほかに何もすることがなくて、誰かをデートに誘おうという意欲もわかない。仕方なく、彼との付き合いを続けている。違う?

Licensed material used with permission by Elite Daily
過去の恋人がふと懐かしくなり、ヨリを戻したくなる…。この経験、誰でも一度はありますよね。そんな甘い誘惑は、今回紹介する記事の著者Paula Azouri氏...
「Elite Daily」でも屈指の人気ライターPaul Hudson氏、自身のFacebookの冒頭にこんな一文を寄せています。「僕は記事を書くことで、...
元カレ(元カノ)とよりを戻すこと自体、アリかなしかの議論はさておき。たいがい、うまくいかきそうで結局は、いい結果が得られないのがこの「よりを戻す」だと思う...
元カレ元カノに、街でばったり。あまりに突然すぎてうまく振る舞えず、あのときなんであんなことを言ってしまったんだろう…と後悔したことがある人も多いはず。そん...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
大好きだったはずの彼と別れたとき、みっともなくて追いすがるような真似はしたくないけど、本当は聞きたいことっていっぱいありますよね。「彼って、私といたときに...
「もし、別れた恋人同士が友だちに戻れるなら、2人はまだ愛し合っているか、そもそも最初から愛し合っていなかったかの、どちらかだ」こんな言葉があるように、別れ...
「Elite Daily」で、絶対一緒になってはいけない人を判断できる、9つのサインを紹介していました。そもそもこんな男とは付き合わないでしょう!というよ...
何らかの事情で別れることになってしまった彼氏や彼女。でも忘れられない元カレや元カノと復縁したいと考えることもあるはずです。大好きだった人と復縁の可能性を1...
一緒に住みはじめたときは希望に溢れてキラキラしていた同棲生活も、一旦別れを迎えると、修羅場と化します。とくに住まいを変えなくてはならない場合、引っ越しその...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。後悔しないためにも、遠距離...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
50%が1年未満で別れてしまう厳しい遠距離恋愛。結婚に至るケースは全体の13.5%でしかありません。1度別れた遠距離恋愛を復縁する前に、よく考えておかなけ...
Maria Vermont氏が「Elite Daily」のこの記事で、遊びの恋愛のサインをまとめています。こちらは本気だったのに、実はもて遊ばれていた…。...
良くも悪くも、恋愛は人を狂わせる。最初はすべてが順調に進んでいるように見えるけど、必ずどこかで壁にぶつかる。この記事は、「Elite Daily」にて多数...
いま、あなたは自分の恋愛に満足していますか?相性の良い相手だったら、ものごとは意外と簡単に進むものですが、もし「難しい」恋愛に時間を割いているならば、大事...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...
「刺激的な関係だけが、恋愛ではない。恋人がいるお陰で、生活が楽しくなり毎日感謝できるようになる。それこそが本当の恋だ」。そう独自の恋愛論を展開するのは、「...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...