思う存分「うで枕」してもOK!シビレずにぐっすり眠れるラブベッド。

薄手のマットを何枚も並べており、溝の中にズムズムっと腕や肩を沈められる仕組みになっています。これなら、パートナーを抱き寄せながらもカラダへの負荷は最小限。出っ張った肩の行き場をも確保できそう。

腕が痺れちゃってトホホ…なんて思いをしなくてもいいかも。

首・肩・腰にかけて、
背骨がストレートに!

2d78c14294136ec329cd9b9d1cf35907dca31c93Medium 9621694aaaa6612563959c6129876a21d45fd279

寄り添うふたりがもっと快適にくっついていられるように、そして、もっと健康的に睡眠時間を確保できるようにーー。そう開発者のMehdi Mojtabaviが考案したアイデアでした。

体に合った寝具を選んでも、姿勢や寝返りによって凹凸の位置が変わります。このベッドなら、これまで無意識に我慢していたようなところに無理がなくなります。

足元もズムリ。

30334199de0225395b623cc828b3e4b3903bc542Medium c419dba129c82170483af6677415004cbe5bd35b

中央部分は固定されているので安定しているもよう。価格は1,249ドル(12万8,000円)と決して安い買い物ではありませんが、このベッドに注目しているのはカップルだけではなく、一部の人にとっては人生を変えてしまいかねない魅力があるみたいなんです。

怪我した人の眠りを、
もっと快適に。

Medium 59bd4480386f50c85b032a960251b10bacbe30b5

Mojtabaviさんのもとには、肩を怪我して良い睡眠が取れず、寝返りも痛くてうてないーーそんな悩みを持つ人から、ぜひ購入したいというメールが送られてきたそう。無理のない体勢で快適に眠りたいとひと口に言えど、悩みはいろいろあります。

たしかに、これまで決まった姿勢でしか寝られなかった人の眠りが、もう少し自由に、かつ快適になるようにも感じられますよね。メールの送信者にとっては目からウロコだったようです。

そのほか詳しい商品詳細は公式webサイトから。使用感は動画で確認してみてね。

Licensed material used with permission by CUDDLE MATTRESS, (vimeo)
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...
こっ…コレは正直、恥ずかしい。いったい何のかぶり物なんだ!?と、思われても無理はありません。だって、はたから見れば明らかに違和感アリですから。だけど、当の...
機能性とデザインが両立した快眠グッズに、なかなか出会えなかった人。これは注目です!スタイリッシュなパーカーに、驚くような快眠機能が隠されていました。一見し...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
リレーションシップコーチとして数々のカップルにアドバイスしてきたというJordan Gray氏。彼は、愛し合うふたりが過ごす1日の終わりについて、些細であ...
家族のいびきで眠れない!と発狂気味になっているあなたにとって、スマートデバイス「Nora」は救世主になるかも。もちろん何も装着しなくてOK。何か特別な操作...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
①ふかふかのベッドにバフっと埋もれる。②飲んで食べてゴロゴロしながら映画を見る。③ウトウトしてたら、いつの間にか寝落ち。そんな体験が映画館でできるんです。...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
一日に12時間から16時間眠るとされる猫。眠っている様子を眺めるのが好きなにゃんこラバーたちが現在注目しているのが、IKEAの人形用ベッド「DUKTIG」...
どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極めるいい機会でもあるのです。ここでは、男性...
米・ウェブメディア「Elite Daily」のライターで、ヨガの現役インストラクターでもあるStephanie Mathenaさんは、こんなことを語ってい...
ぽかぽか陽気で日だまりでお昼寝するのが気持ちいい季節になりました。芝生にコロンと寝っ転がりたくなりますよね。もし、そんな時に、コンパクトに畳めてラクラク持...
楽しい楽しいアウトドア。でも、朝からはしゃぎすぎて疲れてしまうこともありますよね。特に子供は体力がないので、急に電池切れしてウトウト…なんてことも。そんな...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
寝る前に、ベッドの中でスマホを使っていませんか?実はこの行為が、カラダにはとても悪いそうです。「I Heart Intelligence」でライターのDh...
ジャック・ジョンソン、ノラ・ジョーンズ、MOBY、大物アーティストたちが自宅のベッドルームで、あるいはレコーディングスタジオに布団を持ち込んでプレイする。...
毎朝、二度寝が常習犯で、慌てて家を出ていくような人は注目。イギリスで、とんだお節介機能を搭載した“目覚ましベッド”が開発されたとか!?朝7時前、とある静か...
朝、ベッドから起きるのがつらい季節ですね。ぬくぬく、もう少しだけ入っていたい…と思いつつも、意を決してバーン!おそらく布団を整えないまま外出する人もいるで...