あの「ゼクシィ」が出した本がとんでもない!

「ゼクシィ」といえば、婚約中のカップルにとっては避けて通れないメディア。その存在感はもはや「結婚式」と同義語と言っても過言ではないでしょう。どこのチャペルで、どんなドレスで、どんな指輪で…ページをめくりながら素敵な挙式に想いを馳せるのもまた大切な時間です。ところが。

そのゼクシィが新たに出した本、『ゼクシィSPARK!』がとんでもないんです。「結婚情報誌」であることに変わりはありません。ただ、そこで取り上げられているのが、フツーじゃない、クレイジー、なんでもアリ。「結婚式ってこういうもの」という既成概念に一石を投じる、世界中から集めた超個性的なウェディングがてんこもりなんです。

その一部をこれからお見せするワケですが、読み終わった時あなたはきっとこう思うハズ。

「結婚式って、もっと自由でいいのかも…!」 

 気分は戦士、気持ちも跳ねる!
マサイ族スタイルウェディング

A8f6960993a29735dc38656d5082a29d12f8e5c4

まず最初にご紹介するのは、いきなり発想がナナメ上のウェディング。こちら、なんちゃってのモノマネではありません。アフリカはケニヤ、マサイ・マラ国立保護区に隣接した「オロロロの丘」で執り行われる正真正銘マサイ族スタイルの結婚式なんです。

マサイの戦士たちが歓喜の雄叫びを上げる中、長老夫婦が選んだ民族衣装を身にまとい、「神様の木」と呼ばれるイチヂクの木の下で愛を誓います。

Ac442f0fb7318b6c8d54281837f9de5c2fa5b9d2

神聖なミルクの洗礼を受け、夫婦でマサイ名まで授かれば気分はすっかりマサイ族。挙式後の彼らとの交流は、他では絶対に味わえない貴重な体験です。ワイルドな自然に抱かれ結ばれたふたりの絆はきっと固いハズ。

なぜマサイ族スタイルなのか?と聞くのは愚問、それが一番自分たちの挙げたい式だから。理由はそれで充分です。

 生涯バッテリーを組む2人にぴったり
#ベースボールウェディング

48ce97cd746736fdf3db32d9139d0ab6774baef9

「野球が趣味のおふたり、初めてのデートはナイター観戦でした…」なんて馴れ初めはよくある話。だったら、プレーヤーとして結婚式で両家対抗試合をやっちゃおう!という、これまたぶっ飛んだ発想のウェディングがこちら。

ゲストへ送られる招待状は「観戦チケット」、交換する指輪は硬球を半分に切って作った特製のリングピローから登場する凝りようです。

ピッチャー新郎、バッター新婦。これから生涯のバッテリーを組む2人が対戦する一打席、新婦が純白のドレスなびかせてフルスイングする様は実に貴重なシーンに。

14676897c9bf440656283ae6b0e06cd8c7bca2c0

グラウンドの土、バックスクリーン、野球場にあるものはすべてメッセージボードに早変わり、そこには祝福の言葉が並びます。

ゲームと言ってもそこは結婚式ですから楽しみ方は自由です。ゲストは観客として楽しむもよし、時としてチームメイトとして全力プレーするもよし。白球を追いかけて参加者全員がひとつになれる幸せな時間が流れます。

 妖しくも美しい仮面舞踏会
#洞窟ウェディング

1e57f23497bddf7e95fca6d0d7e397d48972d8d0

結婚式のイメージって、圧倒的に「明るい」もの。その常識を圧倒的に覆すウェディングがコレ。真っ暗な洞窟の中、妖しげに揺らめく蝋燭の灯りに囲まれて執り行う結婚式です。

実はここ、沖縄にある本物の鍾乳洞を活かして作られた「ケイブカフェ」。ごつごつとした岩肌が剥き出しの洞窟に、目一杯ドレスアップした新郎新婦が足を踏み入れる…それはさながら仮面舞踏会のような妖艶さを醸し出します。

3ec635ee2a45ff13de584e82730db40caae4b489

いっその事、本当に仮面をかぶって登場してみるのも一つの手。ゲストが手にするドリンクやスイーツにマジカルな演出を加えることで、徹底的に陶酔できるセレモニーを目指しましょう。

 新郎新婦も企画・運営・設営・演奏
#フェスウェディング

B705899e29bbb24dcd3a658766bc81225a5ff069

「結婚式かフェスか、って言ったらフェスだった」

ゲストがそう口を揃えるウェディングがコチラ。通りすがりの人も思わず「誰か有名アーティストが来てるの?」と立ち止まってしまうほどのセッティング。そしてこれらを作り上げるのは新郎新婦だけじゃない、「スタッフ」でもあるゲスト一人ひとり。

ロックフェスウェディングをやる、企画が決まった瞬間からこの結婚式は始まっているのです。その運営は本物のフェスそのもの。新郎自らサイトを立ち上げ、会場を手配し、ゲストみんなで会場装飾を考え、制作し、ステージでパフォーマスする人々は練習に精を出します。

182b336d04d70468141de29c23331425cfc9a6f6

当日、設営ももちろん新郎新婦とゲスト全員で。そしてついにフェス、いや、ウェディングがスタート。バンド、DJ、ダンス…ステージのクオリティは余興のレベルを超え、新婦のお父さんもパフォーマンスするなどボルテージは最高潮。クライマックスでは新婦のヴォーカルでゲストへの感謝と新郎への愛を歌い上げました。

「結婚式」というハッピーな瞬間を、当日だけじゃなく準備段階から長い間シェアできる、これもひとつの形ではないでしょうか。

 誰もいない、何もいらない
#孤島ウェディング

E691cc923df1218f80a50a5e6b0360c0cebdda73

南国のこなれたリゾートで挙げるビーチウェディング、それはそれで素敵。でも、特別な日をもっともっと非日常にしたい。それなら他には誰もいない「孤島」での式はいかが?

最近は無人島をまるごとレンタルすることだって可能な時代。決して荒唐無稽な話ではなく、充分実現可能なのが孤島ウェディングなのです。

招待状はビニールポーチにサングラスを入れて。もちろんゲストは着飾る必要ありません。だって、そこには何もないし、新郎新婦とその仲間以外誰もいないのだから。

12ddb6acaf67cd84004c7a0c2da23986db79c63f

「何もない」、そう、そこにはテーブルも椅子もグラス、本当に何もないんです。そう、愛を誓うチャペルさえ…

でも大丈夫。空気で膨らませる「モバイルチャペル」の存在が、この場をただの遊びと一線を画す、正式なウェディングとして成立させてくれますよ!

 まだある、刺激的なウェディング

いいアイデアを思いついちゃった人、
次号誌面を飾るチャンス!?

9cab79ba8493b590d6c4b3a54c3baea51e8a1389

ここに挙げた5つは本当にほんの一部。本誌には、この他にもまだまだ型破りで刺激的なウェディングが盛りだくさん。#水中ウェディング、#バンジーウェディング、#マジックウェディング、#古城ウェディング、#骸骨ウェディング、#シネマウェディング…

文字面で見ただけで想像力を掻き立てられちゃうウェディングの数々を見たくなった人、「自分もそんなのやってみたい」という人は、今すぐ『ゼクシィSPARK!』をチェックしてみてください。

眺めているうちに頭が柔らかくなってきて「面白いウェディング思いついちゃった!」という人。『ゼクシィSPARK!』では個性的な結婚式を随時募集中らしいので、次号の誌面を飾るのも夢じゃないかも?そうなったら、それこそ一生の思い出ですね。

67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b
Sponsored by リクルートマーケティングパートナーズ
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
結婚することが決まったら、お金についての情報や知識を集めておきたい。結婚式の予算の目安は?ご祝儀ってどのくらいもらえるの?お金が足りない場合は?など。ここ...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
「オーダーメイド」と聞くと、どこかハードルが高い印象。当然、普通のモノに比べると割高だし、そもそもどこでどう依頼したらイイのか分からない人も多いはず。でも...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...
結婚式の夢は日々の恋愛感を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。未婚で結婚願望が強い人が...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
世界一高い山、エベレストで挙式をしたい──。そんな妄想を抱いた冒険好きのカップルは、星の数ほどいたかもしれない。でも、現実的に考えれば二の足を踏まざるを得...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
ペットの死後、剥製にする話を聞いたことがある。いつまでも一緒にいたいという気持ちは分かるけれど、何か痛々しい。世論でも、可哀想っていう声も多い。実際、やっ...