久しぶりに動物園へ行きたくなる話題。「キリンは4種存在した」

ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止されるようになった今日のサファリにおいて、すべて目にした人には幸運が訪れるなんて言い伝えも。

けれど、ここにキリンが入っていないのは狩猟時代の名残りらしく、希少性が低いことが理由だとか。現在、アフリカ全土で約8〜9万頭生息するとみられるキリンは、絶滅の危険が低いと思われてきました。

ところが最新の研究により、状況が一変。保護対策が変わる可能性も。

 

 キリンは1種類ではなかった!

53241e753c4efd457b721fc46ec65c9f96cc6106

これまで、動物学者や研究者たちの間で「キリンはひとつの種」という考え方が定説。文様の入り方や生息地に違いはあれど、それはすべて亜種としての分類に過ぎませんでした。

ところが遺伝子の分析結果によって、じつは4種のキリンが存在することが判明したのです。従来の研究では、まれに他の首都入り混じるキリンが確認されていたものの、種レベルでの違いが確認されたのは今回が初めて、と研究を指揮したゲーテ大学(フランクフルト)の遺伝学者アクセル・ヤンケ博士のコメントから紹介する「Nature」誌。

リーダーであるオスを頂点に10頭ほどの小数頭で群れをなすことの多いキリンは、広域を移動することも多いそう。つまり、その気になれば他の種と混ざり合うことがいくらだって可能なもの。

それが、なぜ今まで異種交配が見られなかったのか。山あり川あり、サバンナ特有の地形が物理的な壁となっていた可能性を挙げるヤンケ博士。ですが、「これこそ百万ドルのミステリー」と、種の交わりがほとんどなされてこなかった事実に、専門家も首をひねるばかり。 

絶滅危惧種への登録も
動物園は同種の「お相手探し」

さて、遺伝的多様性を調べる今回の研究では、190頭から遺伝子サンプルを採取。その配列は明らかに4つの大きなパターンに分けれられ、なんでもヒグマとホッキョクグマほどの差異に匹敵するものだったとか。

こうして生息地ごとに「ミナミキリン(ケープキリン)」「マサイキリン」「アミメキリン」「北キリン(ヌビアキリン)」と、新たに分類されたキリンたち。なかでも北キリンの頭数は5,000を切ることが判明。これを受けてキリン保全財団は、国際自然保護連合(IUCN)へのレッドリスト登録を提案した模様。今後の保護対策にも大きく影響を与える見込みです。

もっと身近なところでいうと動物園。異なる種がいることが明らかになった今、繁殖相手の候補探しも、遺伝子分類によって純血種を保つことに一役買うことが期待できます。また、これまでの学名、分類、分布といった表記に加え、新たに上記の種によるカテゴライズが増えるはず。

近い将来、4種のキリンに出会うことが新たな“BIG4”になり得る。そんな日が来るかもしれませんよ。 

自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
高速道路で出産した人のドキュメンタリーを見たことがある人はいると思う。では「動物園で赤ちゃんを産んだ人」はどうだろう?先月、アメリカのネブラスカ州の動物園...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
サイやトラは、絶滅が危惧されている動物。しかしその状況下にあってもなお、密猟が行われ続けているという問題があります。その対策として作られたのが、なんと「バ...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
これらのオブジェは、すべて古新聞や古紙で作られている。そう言われても、にわかには信じがたいほど、立体的で重厚感のある動物たち。いま、日本人アーティストの作...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
Flóra Borsiさんは、アイデンティティ、人間関係、感情や夢にテーマを絞った作品を手がけるハンガリーのフォトグラファー。姿形が全く違う動物と人間なの...
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...