娘をもつママが知っておくべきこと。いつか嵐のような子育てすら懐かしくなる

目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだかんだ言っても母と娘は、特別な関係です。

4人の娘を育てあげたJanet Millerさんは、自分の子育てを振り返ってみたとき、9つのことを学んだそうです。

E8ece58b9986ed1caa7571166e0e0bfeaa3661f7

 01.
ママはお手本で
ヒーローで、アイドルでもある

娘は、いつだって自分のママのことを見つめているもの。ママの振る舞いを見て、学んでるの。お手本なんだけど、良いところも悪いところも真似しちゃう。だって娘にとってのママは自分を助けてくれるヒーローだし、憧れのアイドルでもあるんだから。

 02.
良いときも悪いときも
ママのことを見てる

「今日はちょっと調子が悪いな」「あれやるの、ちょっと面倒くさいな…」「娘にちょっとイライラしちゃう」そんなときでも娘は、ママを見ているの。自分では精一杯良いママをしているつもりでも、思うように振る舞えないときだってあるじゃない?「調子が悪いから今日は仕方ない」と自分では目をつぶっていても、娘はしっかりそこも見ているの。

03.
女の子っぽくなくても
心配しないで

C288efaf4ef54d360aa92aadf84be1a24eea0e91

子供だって、みんながみんな同じじゃないわ。あなたの娘は、いわゆる「女の子らしい」振る舞いをしないかもしれないし、女の子らしい服装や持ち物が好きじゃないかもしれない。いろんな女の子がいるものよ。

もし自分の娘が女の子らしくなくても大丈夫!大事なのはあなたがそんな娘のことを認めて、サポートしてあげること。娘は他の人の視線なんて気にしていないかもしれないけど、あなたの視線は気にしているものだから。

04.
失恋の傷を
癒せるのはママだけ 

幼稚園の庭で男の子につきとばされたときから、長年付き合った彼氏にフラれたときまで、娘はママを頼ることになるの。失恋の話を聞くのはとてもつらいけど、そんなときにちゃんと話を聞いてあげて、慰めて、「あなたの味方よ」と伝えてあげることはとても大切なこと。

05.
どこかで反抗期はやってくる 

26d81d30d5d7e300e365406ab296204e86a79ea5

ママなんて最低、最悪!

どこかのタイミングで、娘がこんなことを言う日が来るわ。でも大丈夫。大事な娘にこんなことを言われたら大ショックだけど、彼女も本気じゃないし、これは一時的なもの。反抗期は自立に向けた成長だと思うこと。最終的にはあなたのやってきたことに感謝してくれる日が来るんだから。

06.
いつまでも頼りにしてくれる
って嬉しいこと 

娘はいつまでもママを頼ってくれるの。ひとり暮らしを始めたばかりの頃はとくに、何かに困るたび電話があったもの。「ママ、おばあちゃんがよく作ってくれたあの料理、どうやって作るの?」「ママ、うちで使ってたパスタってどこのやつ?」こういった電話が頻繁にあるとちょっとうんざりするかもしれないけど、いつまでも自分のことを頼りにしてくれる娘がいるのってすごく嬉しいこと。

電話の頻度が減ってしまった今では、私は一回一回の電話をとても大事に思ってるの。

 07.
いつか子育ての混乱すべてが
懐かしくなる

6101de545322949bb9dd16567d3cce4fb0f69227

「女の子たちを育てるなんて、これからくる混乱にどうやって対処すればいいんだろう」って娘たちが小さかった頃によく思ったものよ。でも正直なところ…全然対処できなかった。もう、激動の毎日よ。

でも娘たちが成長した今となっては、あのカオスをもう一回体験できるんだったらなんだってするわ。それくらい、あのころの混乱が愛しいの。

08.
ブランチの予約なら
一生先まで埋まってる

娘が成長すると、みんな自分の生活に忙しくて、昔ほどママと一緒に時間を過ごしてくれなくなるわ。寂しいけど仕方ないわよね。でも、女の子はみんなブランチが大好き。娘に会いたくなったら「一緒にブランチしよ」って言えばいいの。10分で飛んでくるわ。

09.
ママは最初の親友

337a13599f4c95450270bd66819669759fed9ab4

娘はいつか巣立ってしまう。でも娘にとってママはいつだって、初めてできた親友なの。初めてメイクをした日、初めてパーティに行くことになった日、初めて彼氏ができた日、あなたはきっと娘と一緒にいたはず。どんなに時が経っても、その事実は変わらないの。

成長するにつれて、絆はどんどん強くなっていくもの。ママの喜びは、「母」として付き合っていくだけじゃなく、「親友」としても付き合えるってことね。

Licensed material used with permission by YourTango
More content from YourTango:
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
朝から晩まで休む暇もない母親業だけど、大変なだけじゃない新鮮な驚きがあるのかもしれません。3歳になる娘の母であるKseniya Voronichevaさん...
子育てに心配はつきものです。とくに男の子に比べて女の子のほうが何かと危険が多いと感じるのではないでしょうか。しかし、ライターのケイティ・アーノルドさんは、...
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
待望の赤ちゃんが産まれしあわせな日々、のはずなのに突然涙がでたり、訳もなく気分が落ち込む。いわゆる「マタニティーブルー」は、慣れない育児による疲れだけでな...
結婚と子どもをもつことは、ほぼセットで考えられている。子どもはいるかいらないか、いるとしたら何人いるか、育てるにはお金がいくらかかるか…その都度、夫婦間で...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
幸福度の高い子どもを育てるには?また、その後もハッピーな大人に育つには?じつは、ある大事な法則がありました。「inc.com」の人気ライターJeff Ha...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...