サーフィンが好きだ!【まとめ5選】

「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感する。多くの人がサーフィンに魅せられる理由がわかるような気がします。

ここで紹介するのは、そんなサーフィンにまつわるお話。

01.
このセクシーな
美女サーファー、じつは…

ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんだか楽しそうですが、彼女たちには、思わぬ事実が隠されていました。

実は彼女たちが着ているウェットスーツ。みんなボディペイントだったんです。米ロサンゼルス在住のアーティスト、Paul Roustan(ポール・ロースタン)氏の作品で、思わず2度見(もしくはそれ以上!)してしまいます。

→詳しい記事はこちらから。

02.
大会中サメに襲われ、
パンチして撃退したサーファー。
1年後の大会で優勝!

8e48e3a5f3266fd6df9eb6a2af3bdbd97922320b

2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件は起きました。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が大会中サメに襲われたのです。運良く、奇跡的に無傷で救出された彼。なんと、パンチとキックでサメを撃退していたというからビックリ。襲われた瞬間からの一部始終は、動画に記録されています。

なんとも勇ましいエピソードですが、この話にはまだ続きが。なんと、事故の翌年も同じ大会に参加したのです。前年のようなことが起こらないよう、大会側も警戒しているとはいえ、出場するには相当な勇気が必要。しかも彼、見事優勝したのですから驚きです。

→詳しい記事はこちらから。

 03.
もう一度サーフィンがしたい…
半身不随の女性の夢を叶えた
男性サーファー

サーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、脊髄の損傷と、それに伴う半身不随に。彼女のサーフィン人生は奪われてしまったのです。それ以来18年間、サーフィンとは無縁の生活を送っていました。

この話を聞いて「力になりたい」という若者が、彼女を背負ってテープで固定し、サーフィンすることを提案。しかしバランスが重要となるため、人を背負いながら波に乗ることは容易ではありません。彼は、彼女と同じ重さのバックパックを背負い、幾度となく練習を繰り返しました。そしてついに、彼女は再び波に乗る瞬間が訪れたのです。

→詳しい記事はこちらから。

 04.
サーフボードの上で
圧巻のパフォーマンスをする
男女がスゴすぎる…

パドリングしながら、波を待つ男女。実はこの2人、“超人的な身体能力”の持ち主なんです。サーフボード上で、次々に繰り出される「スゴ技」に、ただただ見とれるばかり!

じつはこれ、2人で1つのサーフボードを使ってアクロバティックな技を披露する「タンデムサーフィン」という競技。彼らは過去にワールドチャンピオンに輝いたペアなのだそうです。

→詳しい記事はこちらから。

 05.
国内唯一の
人工サーフィン施設が
神戸に!

8e70a07dc74c1c0679644a5aac98af744586f5c4

「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」そう思ってはいても、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルが。そんな未経験者をメインターゲットとしたのが、「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」と名付けられた国内唯一の人工サーフィン施設。2016年の7月にテストオープンし、現在は来春の本オープンに向けてリニューアル工事中とのこと。

将来的には「TOKYO-REYES-」「OKINAWA-REYES-」の展開も視野に入れているのだとか。同施設のテーマは「波のない街、神戸から」。そのムーブメントがどこまで広がりを見せるのか、注目です。

→詳しい記事はこちらから。

世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。そもそも、サ...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
もう3年も前に公開された動画だから、あまり新鮮味はないかもしれない。だけど、夏の終わりが訪れると、なぜだか思い出したようにまた見たくなる大好きな動画です。...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
2016年1月27日、オアフ島・カメハメハハイウェイでのこと。「Stab」によれば、クリス・ウィッティーさんの妻・サラさんは、2歳の子どもヴァンくんをベビ...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
人類史上初、モトクロスバイクによる波乗り。とにかく、息を飲む大迫力のパノラマ映像。3分後、アナタも歴史の目撃者のひとりだ。命知らずのモトクロスライダー、ロ...
写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。その市街地を抜けた先...
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
「失恋 海 哀しい」なんともおセンチな検索ワードからはじまる、非モテ男の成長記録をお届け。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国の青い海を舞台に本物の...
プロサーファーの「マーティン・パセリ」は、過去に5度の大会優勝を経験している超有名選手だ。2015年5月に行われた世界大会「National Argent...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
本田 直之/Naoyuki Hondaレバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO|サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)|明治大学...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...