8時間労働のうち、集中しているのは「たった3時間」説

「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをしている、という人もいないのではないでしょうか。

スタンフォード大学出身のメラニー・カーティン氏は、「Inc.com」の記事の中で、8時間労働そのものが、過去の遺物で時代錯誤であると指摘。

これを読んだら、今日は早めに仕事を切り上げて、さっさと帰りたくなるかも。

「実働3時間」のヒミツとは

B8d138fc440ccf816c31986173da96aef4e17c1f

アメリカ労働統計局によれば、平均的な労働者は毎日8.8時間働いているといます。

にも関わらず、ある研究では2,000人近くのフルタイムのオフィスワーカーが、そのほとんどの時間で「集中して働いていない」ことが明らかになったのです。

以下は、よくある『非生産的行動リスト』。

1.ニュースやウェブサイトを読む(1時間5分)

2.SNSのチェック(44分)

3.同僚との仕事に関係のない会話(40分)

4.転職活動(26分)

5.たばこ休憩(23分)

6.配偶者や友人への電話(18分)

7.ホットドリンクを作る(17分)

8.メッセージのやりとり(14分)

9.おやつタイム(8分)

10.オフィスで食べる物を作る(7分)

 8時間労働に根拠はなかった?

そもそも8時間という労働時間も、人間が集中できる時間に基づいて決められたわけではありません。産業革命時代の遺物であって、現代の情報化時代には適していないのです。

18世紀後半、工場は24時間稼働のため、労働時間は10~16時間という過酷なものでした。しかし1817年、活動家のロバート・オーウェンは「仕事に8時間を、休息に8時間を、やりたいことに8時間を」というスローガンのもと、労働時間の短縮を提唱しました。

しかしながら、この8時間労働制がスタンダード化するには1世紀近くを費やしました。1914年、自動車のフォード社は8時間労働制を取り入れた上に給料アップを行い、世間を驚かせたのです。そして、大幅な生産性の増加を果たしました。

このように、信じがたいかもしれませんが、そもそも8時間労働は人道的見地から開始されたものだったのです。

 せめて6時間労働だったら…

C956110246087de98e24a96152d608a1a49a3160

そして現在、8時間労働には別の問題が生じています。それは「8時間のうち、2時間53分しか生産的な活動をしていない」という調査結果が明らかにしています。

これを実際に取り入れてみたらどうなるでしょうか?さすがに3時間労働制というのは無理があるかもしれませんが、6時間労働制だったらどうでしょう。11時〜17時が基本的な労働時間なら?

もっと十分な休養ができるかもしれないし、もっと集中的に働けて、生産性も上がるような気がしませんか?

問題は、一体どの企業がフォード社のように先駆者となって8時間労働制という慣習を打ち壊してくれるかです。

現代の生産性は20世紀初頭とは比較にならないほどですし、PCやスマホなどをつかった効率化、時間短縮ツールも多く存在し、フォードの時代から100年も変わっていないのは、理にかなっていないと言えるでしょう。

メラニー・カーティン氏が提案するように、社会全体で働き方そのものを見直す時代にさしかかっているのかもしれません。

Licensed material used with permission by Melanie Curtin
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
一般論で「人生の働き盛り」とは、仕事もできて体力もある30代。では、ビジネスにおいてこの“盛り”を過ぎると……あとは坂を転がるようにポテンシャルが低下して...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがある...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
長い残業、続く会議、にもかかわらず、低い生産性…。そんな働き方の改革が叫ばれて久しい日本ですが、まだまだ徹底されているとは言い難い状況です。世界的には、短...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類で...
ブリティッシュ・コロンビア大学の研究曰く人間は「モノよりも時間を買ったほうが幸せになれる」。でも、そもそもなぜ現代人はここまで「時間がない」のか。「瞑想ブ...
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
あなたはちゃんとしたワークライフバランスで働けていますか?「最近、仕事ばかりでプライベートの時間がない」と、ストレスを感じていませんか?仕事とプライべート...
本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「...
1人の時間を過ごすことは、何もコミュニケーション下手だからという理由に限ったことではない。自分に集中することで得ることはたくさんあり、充実した時間を過ごす...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
働きながら、自分の時間をどうやって確保するか。 誰だって一度は考えたことのある問題だと思います。「忙しいうちが華」なんて言葉もよく聞きますが、価値観の多様...
「プレミアムフライデー」なんて施策の実施からも導き出せる通り、世間の労働に対するスタンスは、どちらかというとワークライフバランス重視。でも、本当に突出した...