アーティスト、トーマス・ルフによる、写真をたのしむ時間です。

気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切れずに続いていく。撮る側にとっても、撮られる側にとっても、写真はずいぶんと身近なものになっている。
1990年以降、現代の写真表現を探求してきたドイツ出身のアーティスト、トーマス・ルフ氏による日本初の本格的な回顧展が、現在、東京国立近代美術館で開催中である。ほんの一部ではあるが、展示作品を通して、彼の写真との向き合い方を紹介したい。

まっすぐ前を見つめる
大きなポートレート写真。

C7bbf0f2a68ebc28ba139bbde28d00a60a8f3147
トーマス・ルフ《Porträt (P. Stadtbäumer)》1988年 C-print, 210×165cm © Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016

会場に入ってすぐに目に留まるのが、まっすぐこちらを見つめるポートレート写真。この『Porträts(ポートレート)』シリーズは、高さ2メートルを超える巨大なサイズに引きのばされた作品。遠くから見ると証明写真のように見えるが、近づいてみると、その表情や、肌の細かな質感までが鮮明に写り、見る者にたくさんの情報を与える。もし、この写真が、手のひらにおさまるサイズで道端に落ちていたらどうだろう? 証明写真のようなありふれた枠の中に収まっているからこそ、その大きさが異なるだけで、写真の見方や向き合い方が変わるということに気づかされる。

建築物を視覚的にとことん研究。

970893ba2fda1ba21f2cc537b4089c121207034d
トーマス・ルフ《w.h.s. 01》2000年 C-print, 185×245cm © Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016

ル・コルビュジェやフランク・ロイド・ライトと共に、近代建築の三大巨匠のひとりとされた、ルードヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエ。彼の頭文字をとった『l.m.v.d.r.』シリーズの一枚である。自ら撮影しただけでなく、既存の写真や、デジタル処理も行い、建築物ととことん向き合いながら制作した、いわゆる建築写真の枠を超えた作品となっている。美術館の外には、この写真がレジャーシートになって芝生に敷かれている。靴を脱いで、寝転びながら空を見上げたい。

テーマは、デジタル画像の解体。

956f865a90a82105301c3b1f99ba0a65e82cf47d
トーマス・ルフ《jpeg ny01》2004年 C-print, 256×188cm © Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016

パソコンで画像を取り込むとき、jpeg(ジェイペグ)というデジタル画像の圧縮方式を使うことが多い。もっとも標準的な画像フォーマットの名称であるが、この圧縮度を高くすると、ノイズが発生し、モザイク状になる。これにヒントを得た『jpeg』シリーズは、離れたところから見ると、画家のゴッホに代表される点描のように、なめらかな写真に見える。ととのったものばかりが写真ではないだろうと、ルフ氏から問いかけられているようだ。

 『トーマス・ルフ展』は、11月13日(日)まで開催中。

このほかにも、まだまだたくさんの作品があり、なかには、自ら撮影したものではなく、カメラを使わずに制作しているものもある。全体を通してみると、これまで味わったことのないような、ある種の違和感を感じる作品ばかりで、そこには、ルフ氏の、あたらしいことへ挑戦する意志のようなものを見ることができる。なにかのルールに囚われず、自由に考え、アイデアを出し、作品をつくり続けること。普遍的なテーマに対して、あたらしい切り口を見つけることは容易いことではないが、向き合いつづけていたら、いつかは光が差し込んでくるのかもしれない。

【展示会概要】
トーマス・ルフ展
・会期:2016年8月30日(火)〜11月13日(日)
・会場:東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
・場所:東京都千代田区北の丸公園3-1
・休館日:月曜。ただし、9月19日、10月10日は開館し、9月20日(火)、10月11日(火)は休館。
・開館時間:10:00~17:00(毎週金曜日は20:00まで)
 ※入館は閉館の30分前まで
・観覧料:一般    1,600円
     大学生   1,200円
     高校生   800円
     中学生以下 無料

Licensed material used with permission by トーマス・ルフ展
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
この写真を撮ったのは、アーティストのMichael FarrellさんとCliff Haynesさん。彼らによると、このアイデアは1930年代には存在して...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
166年前に発明された技術を使って、子ども達の写真を撮影し続けている、スペインのアーティスト・Jacqueline Robertsさん。坂本龍馬の有名なポ...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
「写ルンです」が、サブカル好きにリバイバルブームを起こしている。インスタントカメラの「チェキ」も、おしゃれアイテムとして人気だ。ローファイなメディアは、偶...
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...