光り輝く「手描きの油絵アニメーション」がすごい!

このMVは、アニメーションやストップモーションが好きなら必見です。その仕組みといえば要はパラパラ漫画。ただし、下からライトアップしたガラス板をキャンバスにして、油絵の具で絵を描くとこうなる!

8e2f8c766636a40ceaf059c1c65f2e12c134007295a086e09d6ec98c6226198b7bc8cc69c6ba9861

絵の具が乾かないうちに撮影と描画を繰り返しており、途中にはクレイ彫刻も登場。一体どれだけ手間がかかっているのか考えただけでクラクラしてきますが、引きずり込まれるような世界観が強烈です。フルバージョンはコチラ。

これは、アメリカのバンド「Makeunder」が、2015年に発売したEP『Great Headless Blank』のタイトル曲をMV化したもの。“現実逃避”をテーマにしており、そのアートワークをフランス人ビジュアルアーティスト「Carine Khalife」が担当しました。

彼女は2011年にも、カナダのバンド「Young Galaxy」の楽曲『Blown Minded』で同様の手法を使用しています。

この表現を見て、2007年に三鷹の森ジブリ美術館が紹介した『春のめざめ』などで知られるロシアのアニメーション作家「アレクサンドル・ペトロフ」を頭に思い浮かべた人も多いかも。

彼と比べると、彼女の場合はよりデフォルメが強い印象ですが、どちらにしても完璧主義を貫くタフさが必要とされるはず。しかも、作業が行われているのは暗室です。その場に長時間いる様子を想像してみて。

Medium 6f72bf40667796c5d58d8929f09943eb49982617Medium e35de74ae3f75accee594c5bc24f65da67c91450Medium 37ca8086380cbec67f1c208d4b66d690563b0498Medium a5355d4977fd0934a6cc574c347fd6221ce6d335

The Creator's Project」によれば、「Makeunder」のメンバーHamilton Ulmerは、常に音楽を視覚的に捉えていた人物だったようです。『Great Headless Blank』には、自身の家族を失った際に感じた痛みや不安といった要素が含まれており、彼女の映像表現にその解釈を委ねたと言います。

音楽と映像のマッチングに注意しながら聞くと、新たな発見があるかもしれませんね。

人形や模型を動かしながら、パラパラ漫画のようにコマ撮りして映像化するストップモーション。何それ?という人も『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『ウォレス...
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
料理を注文してからのちょっとした合間に、こんな催しがあったら素敵ですよね。なんとテーブルをスクリーンにして映像を投影、アニメーションがスタートしちゃいます...
YUKIのミュージックビデオや、ルミネカードのCM映像などで広く知られるようになった彼女。もう知っている人も多いかもしれませんが、ここでは改めて。かいつま...
もう3年も前に公開された動画だから、あまり新鮮味はないかもしれない。だけど、夏の終わりが訪れると、なぜだか思い出したようにまた見たくなる大好きな動画です。...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
写真と見間違えるようなハイパーリアリスティックアートの中でも、これは水中を描いたもの。見ているだけで水の音が聞こえてきそう。作者名:Reisha Perl...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
歴史に残る名画に、“動き”をつけたらどうなるか?そんな疑問を、「モーフィング」という映像技術を使って再現してしまったのは、イタリア人映像作家Rino St...