会社で使える「心理テク」。日頃のピンチをチャンスに変える!?

ウソがバレたり、会議で反対案が通りそうなったり、職場や学校などで訪れるそんな数々のピンチを乗り切るには、相手の気持ちを読み取り、コントロールしてしまえばいい。そんなテクニックがあるなら、ぜひ知りたい…。

日常で使える数々の心理術をまとめた神岡真司さんの著書『ヤバすぎる心理術』から、ピンチをチャンスに変える方法を紹介しましょう。

自分が「少数派」のときの
チャンスのつくり方

938dc74d589f73ea726d2d9ca7b4a9af05c263a2

たとえば会議で、自分が推している案(A案)とそうでない案(B案)が討議され、B案が賛成多数で決まりそうなとき、形成を逆転するにはどうすれば良いのでしょうか?

強硬にB案への反対を唱えても、賛成派から総攻撃を喰らうだけです。そのときは「わたしもB案に賛成です。ただ、少し気になる点がまだあるので、A案の◯◯の部分も捨てがたく思っていますが、いかがでしょうか?」と言えばよいのです。少なくとも総攻撃で一気にA案が潰されることはないでしょう。

多勢に無勢の状況下では、たとえホンネは少数派側であったとしても、多数派に与するフリが多数派からの反撃を防ぎ、自分の意見を主張する要となるのです。

心理学では少数派が大きな影響を及ぼす理論として「マイノリティ・インフルエンス」という言葉が知られています。さらに具体的にいうと「モスコビッチの方略」と「ホランダーの方略」の2つがあります。

 「モスコビッチの方略」は少数派が一致団結し、具体的かつ現実的な意見を一貫して唱えるというもの。意見の合理性や一貫性が、多数派へ大きな影響力を及ぼします。

「ホランダーの方略」は過去に組織や世間で大きな貢献をしたことのあるリーダーが少数派の中にいると「この人が言うなら間違いない」と多数派が切り崩され、形成逆転する現象です。

つまり少数派が状況を打破するには、一致団結し、組織の功労者を味方に引き入れ、自分たちの意見の合理性を一貫して説得することが重要なのです。

相手に「NO」と言わせない
交渉テクニック

51b87045a64907b56d20a1bb57d96161420618c4

人は、好きでない人や嫌われてもいい人からのお願いごとは、カンタンに断ってしまいます。なぜなら応じると負担になるし、面倒だからです。しかし、こうした人たちからの依頼でも引き受ける場合があります。それは小さなお願いごと…つまり「極小依頼」です。

たとえば職場なら「ちょっとホッチキスを貸してもらえませんか?」「コピー機の操作方法を教えて欲しいのですが」といったお願いごとです。

また、人はいったんOKすると、続けて追加の依頼にも応じてしまう習性があります。これを「一貫性の原理」と呼びますが、「イエス」と言えば次も「イエス」となり、反対に「ノー」となれば次も「ノー」となるのです。つまり、要求を断られないようにするには、まず極小依頼から入ればよいのです。 

「◯◯さん、すみませんが、資料の封入作業を手伝ってくれませんか?」
「いいですよ」
「あの、ついでに封筒の糊付けと差出人ハンコ押しもいいですか?」
「え?…あぁ、いいですよ…」

といった具合です。はじめから全部をお願いすると断られそうなことでも、少しずつ依頼のハードルを上げることで通るのです。これは「段階的依頼法」と呼ばれるテクニックです。

他には「譲歩的依頼法」と呼ばれるテクニックもあります。これは「段階的依頼法」とは逆で、まずはおそらく断られるであろう大きな要求(ダミーの要求)を相手にお願いします。それが断られたら落胆して見せ、相手に罪悪感を植え付けます。そしてその後すぐに、水準を下げたお願いをするのです。

こちら側が譲歩したことで、相手も譲歩してOKをしてくれるはず。どうしても通したいお願いごとがあるときなどに、ぜひ使ってみましょう。

昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
仕事に恋愛、友人との付き合いなど、生活するためには他者との関わりは避けて通れないもの。ところが実際には人間関係がうまくいかず、自分の思い通りに物事が運ばな...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
スピーチやプレゼンの計画を立てるとき、プレゼンターは聴衆が何か行動に移すことを期待します。しかし、人に行動を起こさせるのは、さほど簡単ではありません。近年...
プレゼンの成功とは何でしょうか。その1つには、聴衆の記憶に残ることが挙げられます。たとえおもしろいプレゼンをしても、プレゼン内容が聴衆に覚えてもらえなかっ...
今現在、「復縁したい!」と強く願っている女性も多くいるでしょう。しかし元カレとよりを戻したいと思ってしまうのには、このような復縁したいという心理が作用して...
「女心は秋の空」とは変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気ということを上手に表現したことわざですが、その言葉通り、意中の女性の気持ちが全くわ...
「心理学」と聞くとちょっと固いイメージがあるかもしれませんが、じつは幸せになるための考え方や成功の秘訣、コミュニケーションのコツなど、身近な問題解決のヒン...
ひょっとして、彼は私に気がある?それともただの友達と思っている?好きな人だからこそ、彼の一挙一動にドキドキしてしまいがち……。そんなあなたにこそ役に立つ!...
優れたプレゼンターになりたいなら、心理学的に成功しやすいプレゼンを準備しなくてはなりません。効果的で、説得力があり、人を引き付けるプレゼンを誰もができるよ...
スーツを着ている人を見ると、真面目で仕事ができそうな印象を受けるものですが、心理学的には着ている本人にも影響があるのだそう。興味深い研究結果が出ています。...
小さな会議室でも大きな講堂でも、あなたが人前に立つとき、聴衆はあなたのことをリーダーであり、責任者であると思っています。しかしその権威は、下手な行動によっ...
多くの女性は、男性を好きになると優しくしたり、身の回りのことをやってあげたくなったりします。好きな人のことを考えると胸がドキドキして仕事も手につかなくなっ...
運命の恋なんて存在しない。愛はコントロールすることができる!そう提言するのは、John Alex Clark氏。恋愛心理学の分野で有名な彼が、「Thoug...
女性心理はかなり複雑。あえて自分の気持を悟られないよう真逆の行動をとることも…。気になる相手がいる場合、それが脈ありからのしぐさなのか気になってしますよね...
男性からのボディタッチはセクハラ問題などもあり、かなり際どいですが、女性から男性へとボディタッチすることも多いと思います。この場合、それが親しみから来てい...
優しいけれど、いまいち何を考えているのかが分かりづらい年上男性。そんな彼との恋愛を成功させるには、微妙な心理を把握するのが一番の近道です。彼らは普段どんな...
なかなか恋愛がうまくいかないなぁ……と悩んでいる男性に向けて「ちょっとした心理学をつかえば、それはすぐに解決する!」と豪語するビジネス心理研究家、神岡真司...
男性は比較的素直に感情がおもてに出るようなタイプが多いのですが、中には分かりにくいタイプもいます。相手が自分に対して本気なのか、それともキープだと思ってい...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...