幻の「白クジラ」がじゃれ合う姿をドローンで撮影!(オーストラリア)

「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです。

そんな白クジラの貴重な映像が公開されました。

この映像はオーストラリアのマードック大学のクジラ類研究チームにより、ドローンで撮影されたもの。元気に泳いでいるのは、白い南セミクジラの赤ちゃん。

生態域は南半球で、世界に1万匹生息する中でも白い個体で生まれるのは全体の5%未満だと言われています。その白い体も1年以内に黒くなってしまうそうで、今回撮られた映像はかなり希少!

クジラに負担をかけず、生態を調査

303ef565fe050ad7e1c25cbfe02cd0d537647356

撮影チームの一人であるLars Bejder教授は「南セミクジラの生態や繁殖はまだまだ謎が多い」と言います。

88b5283f17dc933693ae1bf75a3b3afa98c194a3

しかし、ドローンによる上空からの撮影は、環境やクジラへの負担を最小限にし、かつ自然なクジラの行動を観察することを可能に。

また、撮影した映像から体長などを割り出すこともできるそうです。

Ddf6395c45c72013697a5399e1af8a993c9eb8fa

さらに、この調査にはドローンと共に最新技術のタグもつかわれています。

小さな容器に入れたタグを直接クジラに接着することで、24時間、毎秒800サンプルの活動状況や、赤ちゃんクジラの授乳頻度、音響データなどの収集ができるそうです。しかもこのタグは、データの収集後にちゃんと自動的にクジラからはがれるのだとか。

この調査の目的は、人間による海洋のノイズの増大が、南セミクジラに及ぼす影響について調べることだそうですが、Bejder教授によると「調査結果は、海洋生物の行動生態の究明に使用されるだけではなく、海洋観光や開発を含む経済産業界への情報提供や、環境保全にも役立てられる」とのこと。

Licensed material used with permission by Murdoch University
オーストラリア・クイーンズランド沖合で、白鯨が目撃された。お腹だけでなく、背中もヒレも真っ白。これは、世紀の大発見!?純白のザトウクジラ運が良ければ出会え...
「Viral Hog」が紹介する、西オーストラリアのエスペランンス沖合で撮影されたこの動画。ターコイズブルーの海を優雅に漂うスタンドアップパドル・サーフィ...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たと...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...