「ミニ・モネ」と呼ばれる、弱冠14歳の天才画家

もはや、自分のような素人にはよく分かりません。しかし、彼の作品がとんでもない高値で取り引きされている事実があります。きっと、分かる人には分かるのでしょう…。

その価値なんと
2億6千万円以上!

Medium f4538fa1c03ebcffa42a1295c9a033746af83546

彼はキーロン・ウィリアムソン君、もとい、キーロン・ウィリアムソン先生。とはいえ、イギリスに住む14歳の少年です。

初めて絵を描いたのは5歳の頃。家族で旅行に行った際に目にした「海」がテーマだったのだそう。以降、風景画を描き続けたところ、その才能に世界が惚れてしまい、今では「クロード・モネの再来」「ミニ・モネ」などと呼ばれています。

「The Telegraph」によると、彼の価値は260万ドル、日本円にして約2億6千万以上。まさに桁違いの逸材というわけ。

そんな彼の作品の一部を
一気にどうぞ。

Medium bc4e5bbb8765b380c981097b7893c4328dd859d2Medium 0e05ceed57612bb89dbeffc1d89637596bfa1122Medium f093b09f2ef44f0b3cbbe1ac9b2bcff819c24cacMedium 288c480572f213f01a0f214e7a24260f697df94bMedium 6247fd2983bf8e2707e503113c798ba72ebfb73cMedium 51855653a611e7024c05a67d842249e75f2967e5Medium d9372331d900c01c9e2bf3edf8b667f8a432c9f2Medium 75cee1f11ac474f80e8889478d3c74670ca6fd0eMedium 967211083274b3f824cd71e9e8ab24068a9273b3Medium b0f97fe4210a3f2a377c21c7a9a5143d8a2952c6Medium ec1249637c8234c97067feaa41e93263946c736bMedium e7d88ef6daeb5b364726ce595c21642de8270d6aMedium dd5f02eaebe441f616c0e6060fac824a071a905a

舞台の多くは生まれ育ったノーフォーク。専門的な批評はさておき、そのタッチは確かにモネを彷彿させる、気がします。

今となっては、世界中のバイヤーたちがこぞって彼の絵を求めており、これまでの最高額は1枚6万ドル(約610万円)。過去には、24点の新作が販売開始からわずか15分で売り切れたこともある模様。

「Mental Floss」によると、今後はイギリス国内を旅し、いろいろな風景を目にすることでインスピレーションを得たいとのこと。歳を重ねるごとに作風がどのように変化していくのか。末恐ろしい大器に世界が注目しています。

Licensed material used with permission by Kieron Williamson 2016
まずは、作品を見てみましょう。とても16歳の少女の作品とは思えない油絵ではないでしょうか。しかも、描いたディミトラ・ミランが本格的に絵の道を志したのは、わ...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
自然の風景の断片を切り抜き、鉢の中に閉じ込める盆栽。ハサミを手に、難しそうな顔つきで剪定する“年配者の趣味”くらいにしか思っていないかもしれませんが、近年...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
「絵は誰にでも描ける」90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博したアフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロス氏。30分間...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
 あらゆるジャンルに神童と呼ばれる天才児たちがいる。美術、音楽、スポーツ、そして食。ここに紹介するOlenkaちゃんもまさにその一人。だけど、彼女の魅力は...
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...
7カ国語を読み書きし、九九も元素記号も理解する天才少年ラムセス・サンギーノくん(5歳)。彼はサヴァン症候群のひとり。人並み外れた彼の記憶的才能は、このサヴ...