父親が、生涯かけて娘に贈る「プレゼント」について考えてみた。

どんな父親だって、カワイイ娘の幸せを一番に考えますよね。その大事な娘が「幸せ」を掴むために、父親ができるちょっとした手助けを編集者のトム・バーンズさんが紹介しています。

娘に対して、「女性らしさ」について教えることは到底難しい、とトムさん。では、父親が娘に伝授できることって一体なんでしょう?「あること」を心がけるトムさんの姿には、女性も惚れ惚れしてしまうはず。ちょっぴり感動をそそる、娘を持つ全ての父親に捧げるアドバイス。

娘には、ただ幸せになって欲しいだけ。

F86181c9c04260c3a85d2a615cd99f961f6bee18

絶対に父親からは娘に教えられないことが、いくつかある。

たとえば、どうやって同性の友達を作るのか。男の友だち作りとはまた違う不思議な作法があるらしいから、知ったかぶりはできない。さらに彼女の体の成長のこと、女性が社会でどう奮闘していくか、これらは経験しようにもできないから、残念ながら正確なことは教えられない。

だけど、それでもいいと思っている。なぜなら彼女は最高なお手本になる女性に囲まれているからだ。母親、叔母、祖母、先生、親戚、友だと、そしてセレブだってそのひとりに含まれるだろう。彼女たちの言うことを聞くほうが、僕のアドバイスを聞くよりも100倍は役に立つ。

じゃあ、ぼくが教えられることってなんだろう?

10a9c47fc1e8b3e8b6930b526403bbf71097c4e5

だからといって、我々父親が教えられることの範囲が狭まるわけではない。たとえば愛するということ、思いやるということ、読み書き、運転の作法、そして『X-Men』が持つ超能力のこと、なんてね。

父親だって最高のお手本になることができるんだ。だけど「娘をどうやってレディに見立てるか」は、父親の役目じゃない。だってそんなこと、僕らにとっては未知の世界同様でしょ?

もちろんそこまで教えてあげようとする父親もいる。彼らは自分たちの理想の女性像を自分の娘に押し付けようとして、洋服まで決めたがる。(究極、セックスをしちゃいけない、なんてことを教える父親だっているくらいだ)

そもそも男が「女性らしさ」を教えるなんておかしな話。

男性が「女性らしさ」について考えるなんて、まるで男性まみれの国会が「女性の権限」について決めているみたいだ。それは意味がない。

だから僕は、娘に一切自分の理想を押し付けない。「女性らしさについて」なんて、僕の得意分野じゃないからね。

男性が女性をどう扱うべきか、なら伝えられる。

B1a2ce7b3dd95172cb39f039ed3cd38232f0e057

やり方はいろいろあるけどね。

でも「父と娘のダンス」だけは、ちょっと苦手。

父親が娘をデートに連れていく、っていう行事が「父と娘のダンス」のこと。もちろん娘とふたりっきりで時間を過ごすのは最高に幸せなんだけど、ダンスをする必要はないだろう?

これはアメリカ伝統の「プロム」っていうダンスパーティに、娘の彼ではなく、父親が連れて行ってあげる、というなんとも不思議なものだ。娘にコサージュをつけてあげて、ディナーへ出かける。簡単に言ってしまえば、「デート」がどうあるべきかをロールプレイするようなものだ。

一見かわいく聞こえるかもしれないが、父親とデートをすることで「うまくいく恋愛」が本当に伝授できるだろうか?どうしても嘘っぽくなるし、知らない間に自分の理想を押し付けてしまいそうな気がしてならない。

だけど、僕が妻にみせる愛情を見たら、少しは娘もわかってくれるかな。

ときにはロールプレイもいいかもしれないけど、やっぱり一番は実践的な教訓。

「男性の女性の扱い方」を一番てっとり早く知ってもらうには、僕の妻への接し方を見てもらうことだ。なんてったって、死ぬまで一緒の仲なんだから。

僕がど妻とどう接するかで、娘は恋愛の美しい部分も、汚い部分も見ることができる。もちろん妻だけでなく、他の女性に対する態度を見てもらっても構わない。そうすれば、アンテナを張っておくポイントが増えるでしょ?

妻だけでなく、すべての女性に誠意を持って接するべきだよね。

もちろんプレッシャーに感じることもある。だってそれは、娘から常にチェックされているようなものだからね。365日、毎日が本番だ。

そりゃあ、女性特有の悩みに関しては妻からのアドバイスに比べたらまったくの役立たずかもしれない。でも、自分の行動から彼女に教えられることはたくさんある。

男性目線でばかり話さないこと。いやらしい目で女性を見ないこと。そして女性が正しい場合は素直にそれを受け入れること。

僕にはやっぱり「女性らしさ」を教えることはできないけど、僕の日々の行いを見てもらうことで、娘が男性に求めるべきことが、少しでもハッキリしてくれたら嬉しいなと思う。

それが、娘をもつ父親の役目。

E094a34b63ab968d53d7d82854d22e532a57a0f3

きっと失敗だってする。だけど、努力した結果が実を結べば、それでいいと思っている。彼女はいつの日か自立し、素敵な男性と巡り会う。そのとき彼女が胸を張って、自分に誠意を持って接してくれる相手を選ぶ日が来ることを、楽しみにしているんだ。

Licensed material used with permission by YourTango
More content from YourTango:
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
ここで紹介するのは、「Lessons Learned in Life」で掲載された、年老いた母が、娘に贈った手紙という記事。すこし物忘れをしやすくなってし...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
ネブラスカ州在住のグラフィックデザイナーMartinさんの題材は、どれも5歳になる娘のHarper Graceちゃんとの会話から生まれたもの。奇想天外な少...
カナダのバンクーバーに住むCaitlin Fladagerさんは、夫と3歳の娘、1歳の息子と暮らす4人家族。そんな彼女の、Facebook投稿が話題になり...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
子どものころ、両親や家族に宛てて手紙を書いたことがありませんか?それが他愛のない内容であっても、親にとっては宝物。この7歳の女の子は、ちょっとユニークな手...
バレエ教室で練習に励むのは、可憐な女の子と…ぎこちないパパ!?おかしくって思わず吹き出しちゃうバレエレッスンの動画が、話題になりました。動画を再生すると、...
Jamesさんは四児の父。それぞれ6歳、4歳、2歳、1歳の四人の娘さん、それに奥さんと一匹の犬、一匹の豚と一緒に暮らしています。そんなJamesさんがツイ...
シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...
「toyotajpchannel」で公開されるやいなや、大きな話題となった動画をご紹介。これは、世界中の父娘へ贈る「愛の物語」です。父の視点と、娘の視点。...
これから紹介する90秒のアニメーションは、マルコメ株式会社のTVCM「料亭の味 カップみそ汁 夜食篇」。素直になれない受験生の娘と不器用に娘を思いやる父の...
旦那さんが生まれてきた娘をこんなに可愛がって、張り切った成長記録をつくっているなんて、やっぱり嬉しいものではないでしょうか。茶目っ気とユーモア溢れる、パパ...
子育てに苦労はつきものですが、とくに異性の子どもの場合、自分の幼少時代の経験が通用しないこともあり、なかなかうまく接することができないことがあります。フィ...
英語で男親を意味する“Father”と“Dad”。父親、パパ、お父さん…意訳すれば何かは当てはまりそうですが、ライターKathy Shimmield氏に言...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...