まずはとにかく、ごみを減らしてみよう。「ゼロ・ウェイスト・ライフ」のメリット。

世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・ウェイスト・ホーム』には、その実践方法が詳しく書かれています。

すべて実践するのは、少しだけハードルが高いかもしれませんが、できることから取り入れていけば良いのです。ごみを減らすとどんなにいいことがあるのか。「ゼロ・ウェイスト」のメリットを知れば、きっと誰もが試したくなるはずです。

ごみの減量に1年間取り組んだら…

Medium 9d5cd5c7afb0cd0ee3835bda51a56de6dd2fa640

上は『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の筆者・ベア・ジョンソンさん一家が、2015年1年間で出したごみの写真です。2008年からの取り組みで、徐々にごみが減ってゆき、ついにここまでに。

気になるごみの内訳は
たったこれだけ!

Medium 1568b5ef18ab03e6a376b67a95a79d4dcfeaf259

上段真ん中より右まわりに、

・シリコン製のスマートフォンケース
・壊れたスプレー、薬や来客の洗面具のパッケージ
・宅配便のテープや伝票
・ヘルメットのクッション、炊き出しボランティアのヘアネット
・食材のラベル、来客のガム、食洗機の錆びた部品
・預け荷物のシール、古いパスポートのラミネートされたページ
・洋服のタグ類
・家の補修に使った研磨ベルト、コーキング材

……と、4人家族で、たったこれだけ!

3つのメリット

「ゼロ・ウェイスト・ライフ」を送ると、ごみがほとんど出なくなるだけでなく、金銭的にメリットがあり、健康維持にも効果が期待できます。さらには、時間の節約にもつながります。なぜ、ごみを減らすだけでこんなにもいいことばかり起こるのでしょう。その理由は、以下の3つの点にありました。

その1 金銭的なメリット

・モノより活動を大切にするため、買い物が減る。

・モノの保管やメンテナンス、修理にかかる費用が減る。

・使い捨てのものを買い足す必要がなくなる。

・量り売りで買い物するようになり、割安になる。

・ごみがほとんどなくなるので、収集手数料が減る。

・生ごみはコンポストに入れるので、ごみ用のビニール袋が不要になる。

・質の高い買い物を心がけるようになるので、使うお金の価値が高まる。

・健康的な暮らしにつながるので、医療費が減る。

・使わないモノを売り払い、ほとんど使わないものを貸し出せば、利益になる。

その2 健康に関するメリット

・プラスチック製の包装や、製品を買わないようになるので、プラスチックにまつわるリスクが減る。

・セカンドハンドを買うなどリユースを活用するため、有害なガスの揮発が減る。

・一般的な洗面用具や化粧品に含まれる化学物質への接触が減る。

・リサイクル不可の製品から出る有害な化学物質への接触が減る。

・ナチュラルな薬や掃除用品を使うため、未知の化学物質への接触が減る。

・ハウスダストが減るため、アレルギーが減る。

・アウトドア活動が増えるので、ビタミンD欠乏症の改善が期待できる。

・人工的な加工食品の消費が少なくなる。

・メディアや広告と接触しなくなるので、不健康な食べ物が必要なくなる。

・肉の消費が減るので、脂肪分の少ない食生活になる。

その3 時間の節約に

・ダイレクトメールの整理など、時間の浪費がなくなる。

・使い捨てではなくリユース可能なものを繰り返し使うようにすれば、買い物に出かけたり、運ぶ時間を節約できる。

・ムダの多い習慣から自分を解放できる。

出会いや経験を大切にする暮らしは、誰にとってもプラスになるはず。時間が増えれば暮らしは豊かになり、本当に楽しいことをする時間や、大切な人と過ごす時間を持つことができるでしょう。

ゼロ・ウェイストは、「がんばる」だけではありません。楽しくて、美しいものでもあるのです。そしてあなたは、二度とごみのにおいや、使い捨て用品が散らかる光景に悩まされずに済むでしょう。

家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
上の写真。きっと、ほとんどの人はこう思うはずです。「なぜ、砂浜にこんなものが!?」分かりますよ、その違和感。でも、答えはいたってシンプル。なんとここ、車で...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
ランウェイに次々と現れる、傷ついたモデルたちモザンビークで行われたあるファッションショーが、話題になっている。多くの人が見守る中、暗いランウェイの上を歩い...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
トップモデルがランウェイを歩く姿は凛々しく、自信に満ちあふれて見えます。流行の最先端を着飾るスレンダーなモデルたちは、洋服を演出するもうひとつの主役。です...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
いつ、どこでも、つながれる、それが今の時代のキーワード。たとえ、それが食事中であったとしても。だから、それが家族との食事であれ、仕事上の会食であれ、友人と...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
一般的なレストランは、1時間に約30リットルものゴミを出す。この数字を見れば、飲食業がどれほど多くのゴミを出しているかが、想像できるはず。しかし、ゴミの量...
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
スーパーやコンビニには、いつもたくさんの食品が並んでいます。しかし、普段私たちが何気なく購入し、口に運んでいる食品には、ほとんどの人が知らない、ちょっとゾ...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
血管の位置が分からずに、注射を何度も打たれて“注射嫌い”になった人もいるのではないでしょうか?でも、そんな経験ともオサラバ。これからは、注射の失敗がゼロに...
LAダウンタウンから車で約1時間ほど、パロスバーデスの丘の上に木立に囲まれるようにして建つ小さなチャペルがあります。この場を下見に訪れたカップルの多くが、...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
買い物もできて、位置情報も確認して、SNSをチェックもすれば、サクサク動画も見れてしまう。一日中フル稼動するスマホの充電、そりゃどんどんなくなるワケだ。だ...