サプールだけじゃない。世界で同時多発する「FASHION TRIBES」の言葉。

豊かな精神性を“エレガント”に求めたサプール。彼らを紹介した写真家のダニエーレ・タマーニ氏は、そのほかにもセネガル、ボツワナ、ボリビア、ヨハネスブルグ、ビルマなどを回り、世界の若者たちを取材、各地で同時多発しているファッションの変化を『FASHION TRIBES – GLOBAL STREET STYLE』にまとめた。

彼らが暮らす環境が垣間見える写真とコメントを見てみよう。それぞれのスタイルから見えるイメージと本人たちの言葉を合わせて見ると、確固たるプライドを感じるものもあれば、見た目から得る一般的なイメージと相反する側面を持った人々もいる。ここでは、タマーニ氏が被写体と生活をともにし、信頼を得て撮影に挑んだ作品集の内容を一部紹介する。

ヴィンテージ・クルー

Medium f7d61eb03ef2f279fdbf0726c0f73f964d467a26
© Daniele Tamagni
Medium da93dadddf894af88eff2d0cd31a114e331ce75b
© Daniele Tamagni

南アフリカで、ダンスとファッションを通して自己表現を行っているグループ。

「本当に薄汚い場所から出ても、大切なのは自分をどう見るかだ。ゴミか黄金か。誰も人の奮闘は見えないものだし、故郷に置いてきたものも知り得ない。大事なのはどう自分を提示していくのか、それが一番だ」。

マント・リベイン

「僕はアパルトヘイトの時代に生まれなかったことをラッキーだと思っている。民主的な国で暮らし、学校へ行き、自分が好きな言語を学べるのは幸運だ。もっとも大事なことだが、自分がアーティストでいられることはとても嬉しいし、人々を楽しませ、ダンスを通じて人を教育し、仲間たちに何かを与えられることを嬉しく思っている。アパルトヘイト下では無理だったからね。マンデラさん、安らかに眠ってくれ。伝説であり、父であり、全ての人の平等を信じて、各々が均等な機会を手に入れ、夢を現実のものとできるようにしてくれたことを感謝したい。それが大きな違いを生んだのだから」。

タリン・アルバーツ

「僕たちのパフォーマンスはすべてに注意が払われ、ルックやダンスだけではなく、どこかアート・ギャラリーのようなものになっていった。僕たちはそこからさらに推し進めて、ハウス・オブ・ヴィンテージ・コレクティブを作り、デザイナーや学者や自由な思想家を繋げることにした。僕らはアート・ホテルの屋上のパフォーマンスや振付の練習を週3で行っている。それは象徴的な選択で、僕らがアーティストであるだけでなく、屋上はグループの息吹となる自由な感覚を与えてくれる。僕らに限界はないんだ」。

リー・チー・ルードボーイ・ヤネック

 テンビサ・レボリューション

Medium 965d96df2ebbe8fd728684bea38ae0975ad18897Medium d4a97b946a306bc2e82966a5eb0eecd002a64206

「Sa Best Dance」コンペティションで2012年に優勝。
カニエ・ウェストなどともコラボレートしたダンスクルー。

「やること全てに情熱を持って向かい、その情熱が俺たちの仕事に厳しさを与える。俺たちは基本的にあらゆる音楽を聴いて振付を向上させ、クリエイティブでありたいと思っている。俺たちは結果的に他のダンサーたちと違って見えるようなファッションが好きなんだ」。

「俺たちはタップシューズを履いて踊っている。でもシューズがとても高価だから、空き缶から作るんだ。ボロボロになれば缶をリサイクルして交換する」。

テンビサ・レボリューション

 ザ・サルティスト

Medium 23ed9faeff12fe4ada6243e4c0f2b34e9e28ec51Medium 4201f9ad4abe43e361ffc14670a037f383583f1c

エレガントで個性的なファッションを追求している。

「高校で勉強しながら、俺は16歳だったと思うけど、50年代、60年代の政治家たちのスタイルが好きになった。マーティン・ルーサー・キング・Jr、パトリス・ルムンバとかね」。

「スマーティーズはとても色鮮やかで、クラシックなファッション・スタイルとは異なる(色彩のパレットを持っている)。南アフリカでクラシックはココ・シャネルだが、俺たちは女性にトム・ブラウンの赤や白や青を着せるのも好きだ」。

カベロ・クングワネ(サルティスト)

 スマーティーズ

Medium 53092e682367a2a31598a5e9e71bb3a22867be92
© Daniele Tamagni
Medium 37f88939242a0469e194ef7f0aa98e91fa35ad8a

南アフリカのポップカルチャー・シーンで大人気を博した「スマーティーズ」。

俺のスタイルはクラシックだ。ファッションはよく変わるものだが、俺は自分のテイストに忠実でありたい。60年代や70年代の大人のスタイルにインスパイアされる。モブツ・セセ・セコのような伝説の人物像に」。

ティーケイ ソウェトのファッションデザイナー

 サプール

Medium aead1c8fb339f4d7913b6d0a6f27dc8e0e5bf846
© Daniele Tamagni
Medium dacbaff058184bf8b357c2841494a448f25e7065

「“ラ・サプ”は色に歌わせる。でも色をいくつも合わせる方法も知らなければいけない。1着のスーツには3色までだ」。

レトワル・ドゥ・ラ・サプ

「サプールを名乗るには2つの条件がある。フル・スーツを持っていることと、人と違うポーズがいくつかとれること。ファッションは熱狂だ。常に移り変わる。でも礼儀正しさと洗練されたマナーさえあればサプールは無敵だ」。

ハサン・サルヴァドル

 ビルマ・パンクス

Medium 0b6e75ce7180d8a7b9cfc1878a5c2fb5af6f3078
© Daniele Tamagni
Medium 26f6bbdd49c3fbf6697d886cbe74b2459c95ff94Medium 42d2af75e4b3a2f81cd782616c701790067a159e

「俺は自分のパンク・スタイルが好きだ。俺のアナキストとしてのアイデンティティでもあるし、社会に押し付けられるルールに反対を表明してるだけ。誰も着ているジャケットで判断されるべきではない。パゴダ(仏塔)に入る時に問題があるかもしれないけど、ブッダも俺の洋服にまで興味ないだろ。外見でなく、どんな人間かで判断されるべきだ」。

サット・ムー・シェイン
別名シドあるいはアインシュタイン・MC・キング・スカンク
C.I.B.(Chaos in Burma)のリードシンガー

「俺の母親はこのスタイルも音楽も嫌いだったけど、今は俺の反体制の考えを共有してくれるよ。母親を味方につけるのに、テクノロジーの学士号をとったんだ。そうしたら放っておいてくれた。俺は大勢に反逆していると思いたい。それにスタイルも、着こなしという意味でも、アイデンティティを強調するのに大切なものだ。それはルーツや押しつけを避けるためのものさ」。

デニス(ビルマ・パンクス)

「俺の人生も音楽もパンク一色だ。パンクは俺の人生哲学なんだ」。

スカム、カルチャーショックのリーダー

グザリー・ファッションと
ディリアンケ 

Medium c07d8b043330ee8dacdb3ef54c1eeb3faad0d051
© Daniele Tamagni
Medium 412b767f4d2a15021c7b907076b760d7ccb0e3adMedium 1fdb39dd9c5c0f2d67daaf69d55b221f048f144e

「今日、ファッションのおかげで、多くの女子が華開くことができる。先入観を超えることもできるし、その比べようもないエレガンスで世界を驚かすことができる」。

オウモウ・シー、ファッションデザイナー

「男の人は私たちに近づくのが怖いの。私たちがとても強い個性を持っていると知っているから。私たちの他と比較しようのないエレガンスに惹かれ、同時に私たちの素晴らしい肉体と公衆の前で自分を見せる自身を怖がっているのよ」。

ドラバ

 フライング・チョリータス

Medium 89490e93c26b3e03e5ddacf331e4dbb9c99ae842
© Daniele Tamagni
Medium 3a8b53e592966f0829e06f670bb9996ba09f2db7

「11歳の時から、私はレスリングに賭けてきたけど、最初はプロではなかった。私は女性のレスリングのパイオニアの1人よ。自分の家族以上に好きなの。ラス・ディオサス・デル・リング(リングの女神)というグループを設立したのも私。私のモットーは“力と暴力を、優雅さとエレガンスに合わせること”」。

ポロニア・アナ・チョケ・シルヴェストレ 
別名カルメン・ロサ・ラ・カンペオーナ

アフロメタル 

Medium 894647998446db25acd24d4faaaf435cd94de0e0
© Daniele Tamagni
Medium 550c25c52c3559094d631865298a3d262bda845d

「私たちはあまり人前に出ない。シャイだし、アグレッシブな性格とは程遠い。同じ女性たちにライバル意識なんて全く感じない。みんなが繋がっているの」。

モリマ・ルード(アフロメタル)
別名“ディグニファイド・クイーン(威厳ある女王)”

本書は、社会学者や美術研究者による考察も収録されている記録的作品。一度手にとって、その目で確かめてみてはどうだろう。彼らの存在感をよりリアルに感じ取れるに違いない。

月給の何倍ものお金をハイブランドファッションに賭し、エレガントに街を歩くーー。そうして精神的に豊かでいることや平和の大切さを謳う集団「サプール」。「服を汚...
米・シアトルの映像メディア「Cut」が手掛けた、過去100年分のイラン女性のヘアスタイルと、メイク変遷の動画が興味深い!1910's1910年代のイラン人...
ランウェイに次々と現れる、傷ついたモデルたちモザンビークで行われたあるファッションショーが、話題になっている。多くの人が見守る中、暗いランウェイの上を歩い...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
人生に迷うようなとき、まずは自分の心に耳を傾けられなければ、その先に続く幸せは手に入らない。現代哲学を代表するフリードリヒ・ニーチェは、自分の目を通して現...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
嫌なことがあった次の日は、朝から憂鬱な気分に陥りがち。だけれど、本当は、新しい気持ちで1日を始めたいものです。そんなあなたに贈りたい、自分を奮い立たせる言...
「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
アフリカにはイケテル男子がいる。コンゴ共和国の、「Sapeurs(サプール)」というお洒落にものすごく気を遣う男子たちだ。日中の仕事を終えた後、スーツをエ...
「プリンス、死す」、そのニュースは世界に衝撃を走らせました。あれから、まもなく2ヶ月。今なお多くのメディアで、彼の遺したメッセージは発信され、その影響力の...
古代ギリシアの哲学者プラトン。彼の思想に詳しくなくても、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠であっ...
多くの人は、自分の人生で何か大きなことを成し遂げたいと思っているはず。確かにそれは大切なことですが、そればかりに囚われていると、もしも何も成し遂げることが...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...