まずはとにかく、ごみを減らしてみよう。『ゼロ・ウェイスト・ライフ』のやり方。

断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。

『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であるベア・ジョンソンさんは、2008年から家族4人で、ゼロ・ウェイスト・ライフを実行し、今では、1年でたった1リットル分しかごみを出しません。一見、ストイックなイメージを抱くかもしれませんが、彼女たちの生活はシンプルで、たいへん優雅なものでした。どうすればごみを出さずに、豊かな生活を送ることができるのでしょうか。その秘訣を学んで、実践してみましょう。

 「ゼロ・ウェイスト」の基本軸

ゼロ・ウェイストので基本となる考え方は、大きく分けて「シンプル化」「リユース化」「ごみの分別」の3つ。キッチン、リビング、バスルームなど、家の中のどんな環境でも、この軸を基準にモノと向き合えば、あっという間に「ゼロ・ウェイスト」になります。

その1 シンプル化
(リフューズ&リデュース)

Medium 340409da896e05a897ed06263b4b673c9e58b687

ごみの発生を防ぐ、シンプル化。今、家にあるものを、ひとつひとつ見直してみましょう。以下の質問をクリアしたものだけを棚に戻せば、本当に必要なものだけが身の回りに残ります。

・それはちゃんと使えるものなのか? 期限切れではないか?
・よく使うか?
・同じものが2つ以上ないか?
・家族の健康を危険に陥れないか?
・贈り物などを義理の意識から持ちつづけていないか?
・「みんなが持っている」から持っていないか?
・大切な時間を割いてまで手入れする価値があるか?
・そのスペースを何かほかのものに使えないか?
・リユース可能か?

その2 リユース化
(リユース)

Medium 05f1e47e83a45b7a936e56d7d4d29795de295335

モノを捨てる行為は、使って捨てるだけのことだと思われがちですが、わざわざ買い物へ出かけたり、使用したあとはごみの回収日にまとめたりと、意外と時間を割いているものです。使い捨てのものは、必要のないものですので、潔く「リユース化」しましょう。たとえば、もう着なくなってしまったTシャツを切り分けて、繰り返し使えるウエス(フキン)にしたり。使い捨てのものを、繰り返し使えるものに替えるだけで、買い忘れの心配もなくなり、買い物に行く手間だって減るのです。つまり時間の節約につながります。

 その3 ごみの分別
(リサイクル&ロット)

Medium 499be9093f762ef1f410e1481d4653b44947b4d9

ごみや資源を適切に処理するために、分別を行います。ごみの分別に大切なことは、以下の3つです。それぞれのフタに、中に入れるごみのリストを貼りつければ、自分だけでなく、家族や来客にもわかりやすく便利です。

①コンポスト
自分のニーズに合うコンポストを取り入れましょう。家庭ごみ全体の30〜40%は生ごみが占めています。大きめのコンポストなら、頻繁に移しかえずに済みます。(コンポストによっては、洗面用品・衛生用品なども入れられます。)

②リサイクル(資源物)
住んでいる地域で、何をリサイクルに出せて、何を出せないのか正確に把握して、それに従って資源物入れを準備しましょう。

③ごみ箱の撤去
ごみ箱を撤去することも試してみてください。使い捨ての物たちに代用品を見つければ、ごみ箱の必要がなくなるからです。ごみ箱は、資源物入れとして再利用しながら、最終的にはリサイクルもゼロを目指しましょう。

さらにもう一歩
進んで考えてみる

エネルギー、水、時間を節約すれば、「ゼロ・ウェイスト」は、より完全な取り組みになります。エネルギーは、必要なときにしか使わないようにしたり、作業時間についても、短縮を心がけるなどしましょう。水は、使用後の水を再利用することができます。こういった、さらに踏み込んだ取り組みを心がけることは、時間の節約につながります。

世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
上の写真。きっと、ほとんどの人はこう思うはずです。「なぜ、砂浜にこんなものが!?」分かりますよ、その違和感。でも、答えはいたってシンプル。なんとここ、車で...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
いつ、どこでも、つながれる、それが今の時代のキーワード。たとえ、それが食事中であったとしても。だから、それが家族との食事であれ、仕事上の会食であれ、友人と...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
スーパーやコンビニには、いつもたくさんの食品が並んでいます。しかし、普段私たちが何気なく購入し、口に運んでいる食品には、ほとんどの人が知らない、ちょっとゾ...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
健康意識の高い人たちから、このところ注目されているのが「ナッツバター」。動物性脂肪ゼロのナッツをフードプロセッサーで撹拌するだけ。この手軽さも人気の所以か...
血管の位置が分からずに、注射を何度も打たれて“注射嫌い”になった人もいるのではないでしょうか?でも、そんな経験ともオサラバ。これからは、注射の失敗がゼロに...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
買い物もできて、位置情報も確認して、SNSをチェックもすれば、サクサク動画も見れてしまう。一日中フル稼動するスマホの充電、そりゃどんどんなくなるワケだ。だ...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...