世界が賞賛。トライアスロンの金メダリストが、勝利よりも優先した「大切なモノ」

久々に胸が熱くなった。

街のトライアスロンならともかく、世界中の超一流アスリートが集結する大会での出来事である。

記事を読み終えた後でいいので
ぜひ動画をチェックしてほしい

9月18日、メキシコのコスメルで開催された「世界トライアスロンシリーズ」の今季最終戦。レースは終盤。優勝争いは3人に絞られていた。

ここで注目してほしいのはそのうちの2人。アリステアとジョニーのブラウンリー兄弟。兄・アリステアは、2012年ロンドン五輪、先日のリオデジャネイロ五輪と連覇を達成した絶対王者。弟・ジョニーも、ロンドンで銅、リオデジャネイロで銀メダルを獲得した実力者だ。

756901bcf6df23ae2b64cc7412f581c8a33378587389a1317d381e00da339199b281921d9a65a0fd

ゴール直前。それまで首位を走っていた弟・ジョニーにアクシデントが発生。なんと極度の脱水症状に陥り、意識は朦朧。立っていることすらままならなくなってしまった。すぐ背後には、2人が迫っている。

07e05bb5191d9b95c1a2d1fe07c0f34f16bfffab

そのうちの1人が兄・アリステア。このまま抜き去りゴールを目指すかと思いきや、

19fd0f5eb1716d4456039c7661b8bd3a4fc7b3410625ca2d215255369de15dbfd0e16958d906b2d8

ペースダウンしてジョニーに肩を貸し、一緒に走り始めた。つまり、優勝争いから降りてまで、弟をサポートする選択をしたのだ。

Db5b55304cadf6172f2bfa239f321fc6c37030f0

この兄弟愛に、観衆も大喝采を送る。

しかも、
ゴールは「弟」が先。

4a642d155c0a210c8cf2ea1efb2492f8c782b549

2人はゴール手前まで並走。

507dc448e322b563d85bc6cb2e72e7c57491a10a

ここでアリステアはジョニーを前に押し出す。

C0e82b097935c4c13f88c660aa9191662e897ccd1ae81e8989fb140f50a729f6d577fbca5e33d5d8

倒れながらゴールしたジョニーが2位に。助けたアリステアは3位でフィニッシュ。

9b3d92439e5f5a30b3cf750dde55e25071188658

「BBC」によると、アリステアは「人として当然のことをしただけ」とコメントしたらしいが、いやはや、勝利をひたすら追求するはずのトップアスリートが、こうした選択をするのは非常に稀なことだと思う。

たしかに、この大会で優勝した選手は記録に残る。ただし、決して忘れられることなく人々の記憶に残り続けるのは、ブラウンリー兄弟のほうかもしれない。

※2017年5月13、14日には横浜で「World Triathlon Series」が開催
Reference:BBC
Licensed material used with permission by International Triathlon Union
わずか8歳にして難易度の高いトライアスロンに参加し、見事完走したBailey Matthewsくんの動画が話題を呼んでいます。彼は脳性まひというハンディキ...
ギネス世界記録のなかには、ちょっと首をかしげたくなるような、常人では理解するのが難しい“珍記録”も多々ある。が、それを行う当事者からすれば、この一瞬のため...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
「理想の自分」や「なりたい自分」、それらにふさわしい生き方をするには、まずもってコンセプトづくりが大切です。第一線で活躍するアスリートたちを例に、このコン...
部屋、衣装、小物などに使われている色は1色。単色で統一された写真シリーズ「Colors」で独特な世界観を完成させたのは、ボストンをベースに活躍するフォトグ...
先日、熱狂のうちに幕を閉じた「世界陸上2015北京」。絶対王者ウサイン・ボルトの圧倒的な強さや、日本の超新星サニブラウン・ハキームの大健闘はまだまだ記憶に...
銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリー...
世界各地の人々が、それぞれの国歌をワンフレーズだけ歌い、リレー形式に次の人へとつないでいく『The Anthem』を紹介します。ここでは、National...
01:料理のスキル「美味しい肉じゃが」は、国際社会で武器になる海外、とくに欧米では、ホームパーティーが一般的。それは学生でも社会人も同じで、日本在住の方々...
松嶋 啓介 シェフ20歳で渡仏。25歳の誕生日にニースに自身の店「Restaurant Kei's Passion」(現「KEISUKE MATSUSHI...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
「Collective-Evolution」の創設者、Joe Martino氏の記事を紹介します。彼は"世界にある奇妙な常識"について書いており、多くの反...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...