毎日がオドロキ。子どもを出産してわかった「20のこと」

出産は人生の一大イベント!妊娠すると、自分の体がどんどん変化していくのを感じ、喜びを感じたり、ときには不安になったりしながら出産の日を迎えます。さらに、無事に出産が終わったあとにも驚きの連続が待ち構えています。

Mummy MumblesというFacebookページで紹介されていた「出産してから知った20のこと」には、赤裸々なお母さんの本音がたくさんつづられていました。経験のある女性なら「そうそう、そうだった!」と共感しちゃうはず。

01.
本当に、本当に、痛いの

Medium 1c61ab67264a9ee07051d1e001c850d6418753d5

聞いてはいたけど、本当に本当だったの!なんでこんなに痛いのか、神様に文句を言いたいくらい…。

02.
尿瓶のお世話になることも
楽しむくらいの気持ちで

出産直後、状況によっては尿瓶におしっこをしなきゃいけないときだってあるわ。けっこう恥ずかしいし、惨めな気持ちになっちゃうかもしれない。でも「こんなことが許されるのも、今だけの特権よ」くらいに思ったほうがいいわ。だって実際そうだもの。

03.
産後の
「大きいほう」は恐怖

産後にトイレに行って、初めて大きいほうをするときは、もうひとり赤ちゃんが生まれるんじゃないかって思ったわ。まだ傷口は痛いし怖いけど、慌てちゃダメ!ちゃんと出るようになってるから大丈夫。

04.
生まれたばかりの赤ちゃんは
意外にグロテスク

Medium 728ad30a5729d0f0ac7c3caefa674b108146c73c

赤ちゃんってぷにぷにのふわふわってイメージだったけど、生まれた直後は髪の毛はまだらだし、顔もしわくちゃで紫色、乾いた血までついてるの。冷静に考えると、けっこうグロテスクな見た目よね。でも、みんな口をそろえて「なんてかわいいの!」って言ってくれるし、もちろん自分でもそう思うんだけどね。

05.
男の子の性器って
こんな形なの?

「うちの子の性器…ヘンな形じゃないかしら?」って、息子が生まれた人はきっと一度は心配になるはず。小さい男の子の性器をまじまじ見たことなんて、ほとんどの女の人にはないものだから、当然よね。でも、だいたいの場合は「ヘンかも」って思うその形で正常のはずよ。

06.
赤ちゃんの最初のウンチは
オイル汚れみたい

赤ちゃんの最初のウンチは、真っ黒なオイル汚れみたいなものが出てきてびっくりするわ。お腹の中で羊水を飲んでいるから、最初の何回かは特別なウンチが出るそうよ。知らないとびっくりしちゃうかも。

07.
シャワーすらつらいけど
浴びるとさっぱり

出産直後のお風呂はシャワーで済ませることになるけど、それすら本当につらいの。ヨタヨタ歩いて行くことになるし、あまりに不安で「私ってずっとこのままなの?いつになったら元の体に戻れるの?」って泣きそうになる。でも、それが普通よ。なんだかんだシャワーを浴びるとさっぱりして気分が晴れるから安心して。

08.
助産師さんってすごい…

助産師さんって、本当にすごいわ。どこからともなくやってきて、赤ちゃんを預かっていくの。それで、こっちが見ているとドキっとするくらい睾丸を強く押したり、手慣れた手つきでウンチを出すためにマッサージしたり、顔をいじったりして、それで赤ちゃんはなんだかご機嫌になるの。助産師さんのところから赤ちゃんが帰ってきたときには、きっとつるつるになっててびっくりするはずよ。

09.
私、赤ちゃんに嫌われてる?
って思っちゃう

Medium b399f6c2d336a1cc08cccec402af80cb4046c039

本当はそんなことないってわかっていても、赤ちゃんが他の人に抱かれているとき泣かなかったのに自分が抱っこして泣いたり、夜中に何度も起こされたりすると「私のこと嫌いなのかな…」っていう気分になっちゃう。実際、赤ちゃんはお母さんなしでは生きていけないし、まだ何もわからないだけで、嫌われているはずなんてないんだけどね。

10.
「おっぱい」って言葉が
普通に感じてくる

子どもが生まれると「おっぱい」って言いすぎて、口にするのに抵抗がなくなってくるわ。考えてみると、小さな分身が、自分の胸を吸っているのって、とても不思議な状況よね。でも赤ちゃんにおっぱいをあげてると「あぁ、母親になったんだ」っていう気持ちが湧いてくるの。ときどき「私、牛になったのかしら」って思うこともあるけど。

11.
ここぞとばかりに物を
売りつけようとする人がいる

赤ちゃんが生まれたばかりの頃って、両親ともハイになりやすいの。そこにつけ込んで、物を売りつけてこようとする人たちがたくさんいるわ。記念の物とか、赤ちゃんのためにって言われるとついつい買いたくなっちゃうけど、よく検討したほうがいいわ。

 12.
病院食はおいしくない

最近はおいしいゴハンが売りの病院もあるけど、やっぱり病院食ってそんなにおいしいものではないわ。家で痛みにこらえながら赤ちゃんの面倒を見つつ、自分で用意するのとどっちがマシかっていうくらい。

 13.
赤ちゃんからは
いろんなヘンな音が出る

オナラ、げっぷ、しゃっくり、寝息などなど。赤ちゃんからは本当にいろんなヘンな音が出るわ。「私がオナラしてるって思われたらどうしよう!」って心配になっちゃうくらい。

14.
お見舞いに来る人が多いけど
受け入れは慎重に

生まれたての赤ちゃんに会える機会なんて滅多にないから、みんなに報告すると、お見舞いに来たがる人がたくさんいるわ。でも出産直後のお母さんは疲れ切っているの。入院していても意外にこなさなきゃいけない予定は多いし、基本的にパジャマだし、すっぴんだし。気をつかわないといけないような相手のお見舞いは、お断りしたほうがいいわ。

15.
出産してすぐにお腹が
ひっこむわけじゃない

Medium 9ce41d90d31180a495f5d6ff367fb11dfecb3f3d

赤ちゃんが生まれたからといって、お腹がすぐにひっこむわけじゃないわ。産後のお腹は空気が抜けかけてるときの風船みたいに、ぽよぽよ。トランポリンみたいな不思議な感触になって、なんだか悲しいの。体が元に戻るまでには時間がかかるわ。

16.
産んだばっかりで
避妊の説明を受ける

助産師さんたちは、いろんなことを説明してくれるんだけど、そのなかに避妊の話があったの。「またすぐに妊娠する可能性があるから、セックスするなら避妊をするように」って。まだ全然そんな気になれないのに!

17.
体中が
イライラしてるみたい

もうなんだか、体全体がイライラして怒っているみたいな状態。頭もイライラ、目もイライラ、お腹もイライラ…。でも、産道はイライラなんてもんじゃすまないわ。自分のものじゃないみたいにヘンな感じがするの。落ち着くには時間が必要ね。

18.
母乳はすぐに
出るわけじゃない

赤ちゃんが生まれてすぐに母乳がしっかり出るわけじゃないんです。みんなが「母乳の出はどう?」って聞いてくるんだけど、なかなか出ないし、出ない時期は胸が張って痛いし、つらいのよね。でも3日くらいすると、まるでスプリンクラーにでもなったみたいに、母乳が漏れ出てくるの。

19.
病院にいるうちに
できる限り聞いておくべき

病院にいる間は、なんでも聞けるし、意外と快適に過ごせるわ。でも問題は家に帰ってから。これからやるべきことを知っていないと、自分も赤ちゃんも困ることになるわ。病院にいるうちに、できるだけのことを聞いておくべきよ。

20.
心配しすぎは禁物 

Medium 7d99d6c3c4b777428450e0e7fbf3e49eef98c865

お母さんになったからって、いきなり完璧な超人になれるわけじゃないの。うまくいかないことがあっても当然。「普通」なんて人によって違うし「完璧」なんてありえない。

でも、あなたの赤ちゃんは「普通」だし「完璧」よ。赤ちゃんはお母さんのことを批判したりしない。ただただ頼って、あなたを必要としているの。

つらい出産を耐え抜いたんだもの、あなたなら大丈夫よ。できないことなんてないわ。

Licensed material used with permission by Mummy Mumbles
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
結婚と子どもをもつことは、ほぼセットで考えられている。子どもはいるかいらないか、いるとしたら何人いるか、育てるにはお金がいくらかかるか…その都度、夫婦間で...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
2014年9月。ジェレミーさんの妻・シェリーさんは、めでたく女の子リランちゃんを出産。しかし、その直後に容体が急変し、意識不明の昏睡状態に陥ってしまいまし...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
結婚や出産にも“適切なタイミング”というものがあります。とくに女性は結婚に焦る傾向がありますが、果たして、無理をして急ぐ必要はあるのでしょうか?人生のタイ...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
果たして、女性の出産は義務なのでしょうか?否。今回紹介する記事を書いたAlden Wicker氏は、そう考えています。「mindbodygreen」に掲載...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
出産の痛みって、男性には経験できないものですよね。でも、筋肉を電気で刺激することで擬似体験はできるようです。動画には、「母になる痛み」を味わう実験に参加し...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
「妊娠中はコーヒーを控えた方がいい」とか「胎児のために食事量は2倍は食べるべき」、こういった話を一度は聞いたことがあるはずです。でも、こうしたことのどこま...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
待望の赤ちゃんが産まれしあわせな日々、のはずなのに突然涙がでたり、訳もなく気分が落ち込む。いわゆる「マタニティーブルー」は、慣れない育児による疲れだけでな...
スコットランドのビールメーカー「BrewDog」。ある日社員たちに、オドロキのお知らせが届きました。2017年02月【犬のための産休制度ができました】Br...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...