「僕は僕でありたい」。10歳の哲学少年バオくんが今、考えていること

生きてるうちに何度も訪れる、選択。「自分がどうしたいのか?」「進むべき道はどちらなのか?」。今まさに立ち止まって行動ができずにいる人、足踏みをしている人に送りたいのが、10歳の哲学者、中島芭旺(ばお)くんの著書『見てる、知ってる、考えてる』に掲載されている言葉たち。

小学校へは通わず、自宅学習を選んでいる彼の言葉は、10歳とは思えないほど哲学的で思わず考えさせられてしまいます。そして、その答えは意外とシンプルなのかもしれません。

Medium bea723436ab6491d8913f671460f21c6e8cacf42

01.

迷うということは、どちらでもいいということ。

02.

何かをどうにかしようと考えている時は
その時ではないのかもしれない。
考えている間もないくらいに
ちょうどのタイミングですべてがまわる。
その時がその時なのだと思う。

とにかくやりたくない事をやめる。
そしてやりたい事をやる。
それだけ。

03.

本当のチャンスはどこにでもあって、
開かれている。
やるときめて、やるだけ。

ひとつ開かれると
そのさきがどんどん広がって、
文字通り世界が広がる。

いろんな知らない事を
知るという事。
その中で自分がどう生きるのか。

その中で自分がどう生かされるのか。
ワクワクする旅は始まったばかり。

自分が諦めるまでは、その旅は終わらない。

04.

「こわい」は、やりたいということ。

やりたくなかったら「やりたくない」って思う。
「こわい」ということは、やりたくないわけではない。

05.

どうなりたいかという質問に僕は、
「僕は僕でありたい」と答えている。

世界中みんなが自分であるということは
正解がないということ。

正解のない世界で生きていく僕たちは、
好きなことをやる勇気が必要だ。

自分の勘を大切に。
自分に正直に。
自分の好きなことをやる勇気。

小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
初めて書いた本がベストセラーとなり、「言葉が深すぎる…」と話題になっている10歳の男の子、中島芭旺(ばお)くん。小学校へは通わず自宅学習を選んでいる彼のモ...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
移動。世の中には、移動を好む人と好まない人がいる。変化を愛するのか、安定を愛するのか。そのどちらがいいのかは、その人の大切にしているものや状況によって様々...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
古代ギリシアの哲学者プラトン。彼の思想に詳しくなくても、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠であっ...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
たった一つのパスワードから、人生がここまで変わるとは・・・彼のストーリーが、世界中で話題になった。※この記事は長文(5分ほど)ですが、あなたの人生を変える...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
アインシュタインは、物理学者としてだけではなく哲学者としての才能も兼ね備えていました。その証拠として、彼が残したとされる言葉は今なお語り継がれています。こ...
本日10月5日は、スティーブ・ジョブズ5回目の命日。いま思い出しても、その一挙一動に、どれだけの人が夢中になったことでしょう。優秀なセールスマンであり、素...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
わずか8歳にして難易度の高いトライアスロンに参加し、見事完走したBailey Matthewsくんの動画が話題を呼んでいます。彼は脳性まひというハンディキ...
25歳は、ちょっと特別な年齢。社会に出て3年経った人にとっては、仕事について考え直す時期かもしれない。または、結婚や30代に向けての人生プランを求められる...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
最近のおじいちゃんやおばあちゃんは、とってもパワフル!見ているだけで元気がもらえて、ポジティブな気分になります。ここでは、いくつになっても挑戦を続ける元気...