サンタモニカに佇む、スケボーカルチャーのルーツへ

得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、サンタモニカの目立たないスケートボードショップ「リップシティ」から始まった。

オールドスケートアートの源泉がここに。

F588237a2c3acb5a4fb8dba755b9333b94106b8c

このリップシティは、ウェス・ハンプストンや、マーク・ゴンザレスなど、スケボーに乗らない人にも名を知られているアーティストが手がけたデッキ(板)や、写真などが所狭しと飾られている。

狭いながらも、スケボー好きからしたら「天国」みたいな場所だ。

2fff156be194e45e01dd6bfd54fa0fa4f8397767043bdcad7b847dae653449186ee1795e09f85b0cFb2d8b2c8a8e69412aa8e9eae893b8971e9ecfb1

これらレジェンドの作品は70年代後半のものが多く、いま再燃しているカルチャーの王道的なものと言える。

ここサンタモニカだけでなく、スケートボードの昔のテイストのリバイバルはNYなどにも派生していて、70s〜80sのヒストリーやローカルカラーを売りにしているショップは跡を絶たない。つまり、いま一番ホットな場所こそ、ここなのだと言えるかもしれない。実際、ステューシーがコラボレーションを仕掛けたりと、日本にもその名が轟いている。

映画の舞台、ドッグタウンはこの界隈。

1978年の開店当初は、ローラースケートとスケートボードの両方を扱うショップで、当時は折しもローラースケートが大ブーム。スケートボードは日の当たらない存在だったところ、オーナーのJ・マクダウエル氏が多くのブランドをかき集め、少しずつメジャーになっていった。

これらは、1970年代の西海岸スケートカルチャーを描いた『ロード・オブ・ドッグタウン』に詳しいところ。ジェイ・アダムス、トニー・アルバ、ステイシー・ペラルタら伝説のチーム「Z-BOYS」が、いかにスケートで生きていくかを垣間見れる作品だが、彼らの舞台であり、リップシティでも売れ線のブランド「ドッグタウン」こそ、このリップシティを含むサンタモニカ界隈のこと。

スケートカルチャーは、こうした70年代にハンプストンらが築き上げたテイストのものからはじまり、プール跡地でのスケートから、バンクを使ったもの、ストリートでのトリックなど、多様に分かれていった。

かつてチーマーが好んだバギーパンツから、少しずつズボンが細くなり、スキニージーンズでスケートするまでになったが、昨今はむしろこのリップシティに代表される、スケートボードのルーツにこそ「イマ感」がある。

5dbf9a997d9e6db2f8c54706abac44e0e541d4f7

このオールディーズな店構え。隣はペットのグルーミング店が入っている。「サンタモニカ・エアラインズ」は、レジェンドブランド。

「ここは、アルコールを出さないバーみたいなもんだ」

Dc87ea0d8fc93f9527aa5a87e31ceacc1d9c23e0

リップシティに入ると、マクダウエル氏と客が長々と話をしていることがしばしば。昔話に花を咲かせているが、この写真のように気さくに挨拶にも応えてくれる。

「昔はこのデッキに乗ってたんだよ」とか「このブランド好きだったね」とか。大物スケーターもこぞってこのリップシティを訪れているので、スケートフリークには、きっとたまらない空間だろう。

Photo by Inagaki Masanori
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
Mosaic Tile Houseは、2人のアーティストがコツコツと装飾をした家。位置はちょうどサンタモニカとベニスビーチの中間くらい。入場料は$15で、...
動画に写っているのは、ジャクソン5の『サンタが街にやってくる』を、まるで踊るかのようにして手話で歌う3人の女性。見ているだけで笑顔にさせられる動画は、Fa...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんの夢を叶えたストーリー。
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
大人になっても、サンタクロースは永遠の憧れ。そんなサンタさんのお家を訪れることができるだけじゃなくて、もしも買うことができるとしたら…。そんなみんなの夢に...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
105cmのロングボードが、折り畳めてバッグに入るサイズに変身しちゃう可変式のスケボーをご紹介!持ち運びがずっと気軽にできるようになるかも。組み立ても特別...
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...