もしも「裸の人」が街を歩いていたら?その答えを探るインスタレーション

ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残る強烈なもの。

「この先、ヌードで日光浴してる人がいますよ」

Medium 662949e9d7a06c05e6e2b2dca2359a7a7e18ddc2

ハイラインは、ブルーボトルコーヒーなど、ストリートカルチャーでもハイレべルなショップが出店するような特別な公園です。クリエイティブな若者が集まる街、チェルシーを縦につらぬく素敵な場所ですが「この先、ヌードで日光浴してる人がいますよ」の看板が…。

そんなまさか。NYだし。

うわ、本当にいた。

Medium 73fe9024b5b636344cf4cb7613f957526ff25263
突如ハイソな公園に現れた裸の中年男性。白ブリーフの垂れ具合といい、とても不気味です。これが「ヌードで日光浴」の正体?
 
彼は、T・マッテリさんによる作品のひとつで、ハイラインに設置されているインスタレーション「スリープウォーカー」。ハイパーリアルな彫刻作品であり、本当に人間に見えるのです。このダマされた感!
Medium 3688741ff0f29b52488599371b0d12d88728ce2f

ペンキの跡が、これまたリアル…。

Medium 8ac4266250911dad9f031619241b809370ac0a47

そして肌感。いや質感。

Medium 3c778479514310c48c0a46667096b559cf610004

動き出すんじゃないかとおっかなびっくりですが、つい近づいてみたくなります。

リアクションせずにはいられない「存在感」

このアートを見て、すぐに「何か」を理解できる人は、なかなかいないでしょう。選択肢としては、よくできた人形か、もしくは人形のフリをしたパフォーマー。
 
だから、これを見た人たちはまず、人間なのかどうかを慎重に確かめはじめます。微妙に動いていないかどうか、肌の質感はどうか。おそるおそる触ってみて、ようやく人形だということに気づきます。
 
この「スリープウォーカー」の前では、ほとんどの通行人の足がとまり、さらにいえば、ほとんどの人が何かしらのリアクションをとっていくのです。
Medium 52f48c4945db9d8b0876b4342aea1406f1e4cd81

ハグしてみたり、一緒にセルフィーを撮ったり。そうこうしているうちに、気付かされるのです。「もしかして作家は、鑑賞する人を含めて、ひとつの作品にしたかったのではないか?」と。

ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
リノベーションや、街のリ・デザインはいまや世界的なブーム。日本の木造家屋ではなかなか何度も使用用途を変えることはありませんが、石造りの欧米ではそのブームも...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
誰もが目にしているはずなんだけど、見過ごしてしまうような街の風景。それをアート作品に昇華させるMichel Pederson氏。2013年から、このインス...
フランスの地方都市ナントにある広場、「Place du Bouffay」にいきなりローラーコースターのようなものが現れ、話題になっています。しかし、よく見...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はな...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
夢の中でなぜか裸になっている。しかも、そこに違和感はなく、自然に振る舞っている…なんてことはないでしょうか。現実ではあり得ないですが、夢の中でも裸になって...
どうやら巷では、自宅では裸で過ごす“裸族”が増えているそう。タレントのなかにも、実践者が多いらしく、美容や健康に良いとか。精神的にも開放感を満喫できるのも...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5「この美しさ、まるでヨーロッパ」About the City...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BUR...
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...