「息子へ、君に伝えたいことがある」。父から贈る、よりよく生きるためのヒント。

18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛の息子に人生の心得を説きました。

彼が息子に贈った手紙をまとめた『わが息子よ、君はどう生きるか』は、父親から息子への限りない愛情と人間知に満ちた、書簡集の最高傑作。人生論の名著として、世界で1,100万人もの人々に読み継がれてきました。

その中から、私たちにも参考になる、よりよく生きるためのコツをご紹介します。自分自身を磨き、よりよい人間関係を築くための極意を学びましょう。

知らないふりをしていよう

Medium f1f4ac5309690109e676ad164fb8c5c58f0a82a9

知らないふりをするということは、往々にして大変役に立つ知恵ではないだろうか。たとえば、個人的に対する中傷などは、耳にタコができるくらい聞かされていても、話している相手が心の許せる親友でもない限り、聞いたことがないというふりをするくらいでちょうどいい。こういう場合、聞く側も話す側と同じくらい悪いと思われ、品位を下げてしまうのが常だからだ。

いつも何も知らないということにしておけば、ひょんなことから、ほんとうに知らなかった情報が完璧な形で入ってくることがある。それ以外にも、情報を入手することに無関心とみなされ、陰謀や悪だくみには無縁の人物のように思われる得もある。

知らないふりをするのと反対に、当然すべてを知っているようなふりをするのも、時には効果がある。こういった、生活の知恵のようなものを上手に使いこなすには、身の回りの出来事に意識を向け、常日ごろから冷静でいなければならない。君にとっては、社会は戦場と変わらない。ちょっとした不注意、ちょっとした心の油断が命取りになるのだ。

人とのつながりも実力のひとつ

Medium b844c5f32837687a8084a9bc349ef2ba90940cee

社会において、人とのつながりは必要不可欠だ。関係を慎重に構築し、それをうまく維持できれば、そこに関与する者の成功はまちがいないだろう。

コネといっても、2通りある。まずは、対等な人間関係だ。これは、素質も力量もほぼ似通った2人の人間が構築する関係で、自由な交流が行われる。お互いの能力を認め合い、相手が自分のために進んで尽力してくれるという確信なくしては成立しない。

もうひとつは、対等でない関係だ。地位や財産が片方にあり、もう一方に素質や能力があるという場合がそれだ。この関係では、恩恵にあずかれるのは片方だけで、こういう人を巧妙に操れれば、恩恵を受ける側に大きな利益をもたらすことが多い。

物腰は柔らかく、意志は頑固に

Medium f2d965620fb30745ac40f6d7bf3ac83e6f1e2629

物腰を柔らかく、意志を頑固にすることは、人生のあらゆる場面で君を助けてくれるだろう。両方が揃っていることが望ましいが、そういう人はなかなかいない。

このふたつを併せ持っていると、どういう利点があるのだろう。たとえば、誰かに命令を下すとき、冷静かつ強固な意志を示すだけでなく、それを優しさでくるんで、相手に余計な劣等感を抱かせないように、できるだけ気持ちよく命令に従ってもらえるような配慮ができる。

そのとき、けっしてあとへは引かないねばりと、品位を失わない執拗さで、意志がいかに強いかを示すことが肝心だ。感情が高ぶって、思慮に欠けたことや、ぶしつけなことを口走りそうになったら、自分を制して、物腰を柔らかくすること。落ち着くまで黙し、表情の変化を読み取られないように神経を集中させよう。

どうしても妥協しなければならない時が来るまで、一歩も退いてはいけないし、折衷案も受け入れてはいけない。しかし、どうしても妥協しなければならない場合は、抵抗しながら、一歩ずつ退き、穏やかな態度で相手の心をつかむ。このように貫き通せば、少なくとも、相手の思い通りにはならない。

一方、他人の意見がまちがっていると思うときは、はっきりそう言うべきだ。そのとき、表情、話し方、言葉の選び方、発声、品位、それらをすべてを柔らかく、優しくしなさい。そうすれば、君の物腰は柔らかくなり、それに加え、意志の強さも一本通れば、人々の心をひきつけることはまちがいない。

私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
ここでは、11歳の息子を持つパパブロガーの愛情こもったメッセージを紹介します。子どもの成長って本当に早いものですよね。とにかく小さくて、触ったら壊れちゃい...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
米ジョージア州アトランタに住む、6歳の男の子Leland君が2015年9月に永遠の眠りにつきました。外で遊んでいた彼は突然、バラムチア・マンドリルリス感染...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
夢に自分の子供が出てくると、どんな展開であれ、気になるものです。特に子供が幼い場合はそうでしょう。子供が夢に出てくるのは、子供に関することを暗示する場合と...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
イスラエルに住むRuthi Gaonさんの息子、Erezくんは、いくつかのハンディキャップを背負って生まれてきました。そのうちのひとつに「congenit...
親が年をとり、その言動についイライラしてしまう人も多いのではないでしょうか。何で分からないんだ、なぜ何度も言わなきゃいけないんだ…。でも、あなたが子どもの...
女性ライターのDana Michは、米ヴァージニア州で夫と愛犬と共に暮らしている。そんなDanaは、9ヶ月前に父親を亡くした。ここで紹介するのは「Wash...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
「誕生日に息子をおもちゃ屋に連れてったんだ。何を選んだと思う?」そう話すお父さんと一緒に動画に登場したのは、3歳になったばかりのアザイくん。どうやら自由に...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
ライムに乗せる愛のメッセージ父親の応援ラップが心に刺さる生まれつき重い脳障害を抱える、Jared Correia君(8歳)は立つことも、歩くことも、話すこ...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...