女性ライターが語る、デートで男性がおごらなくてもいい理由

男性のみなさん、気になる女性と2人きりで初めて食事に行ったとき、お会計はどうしていますか?全部自分で払うのが当然、と思っている人が多いかもしれません。

でも「Elite Daily」の女性ライター、Alexis Garciaさんは「男性は全部を払わなくていい」「むしろ、おごられたくない」とまで言います。この記事を読み終えるころには、男性も女性も、その理由に納得してしまうかもしれません。

初めて食事に行く男性に
「割り勘にしよう」と言ったら驚かれたの

Medium 347584bf7125bb1f666a14ee5bf354ae3935dd28

私、最近6年付き合った彼と別れたの。それでここ数ヶ月いろんな男性と食事に行くようになったんだけど、レストランでのお会計のとき、私が自分の分を払おうとお財布を出すと、ほとんどの男性が「信じられない」っていう顔をするの。

それまで友達と食事に行ったときは割り勘にするか、自分が頼んだ分だけ払うのが普通だったから、男性たちに「今まで食事した女の子は、まったくお金出さなかったの?」って聞いたら「出さなかったよ」って。

どんな場面でも
相手に自分の分まで払わせたくない

私はただ、自分の分を払おうとしただけなのに、変な目で見られてびっくりしたわ。だって、どうして相手が私の分まで払う必要があるの?今日が初めての食事なのに。それに、まだ付き合ってもいないのに。

友だちと一緒にレストランやバー、クラブに行ったとき、友だちが私の分まで払おうとしたらおかしいじゃない?私はどんなシチュエーションであれ、相手に自分の分まで払ってもらおうなんて考えるのは、失礼なことだと思うの。

時代の変化に合わせて
フェアにいくべきよ

Medium 41272922af1aaddb7c45579fea8399a5236a1b3f

ひと昔前なら、男性が女性の分まで払うのは当然だったかもしれない。女性は家にいて、家事をして食事を作り、子どもの面倒も見て、夫に尽くさなければならなかったし、お金を稼いでる暇なんてなかったから。

だけど、今では女性は自分たちのために働き、成功し、昔とは比べ物にならないくらいたくさんのことができるようになった。私は女性に生まれて幸せよ。だからこそ、前時代的な性差別には正直、腹が立つの。

別に、男性の肩を持とうっていうんじゃない。でも、私たちは時代の変化についていかなきゃいけないでしょ?男も女もフェアにいこうって言いたいだけなの。

時には女性が男性に
おごってあげてもいい

男性が相手女性の分まで払いたい、と思うならそれはそれでOK。女性だっておごってもらうことを期待しているかもしれない(でも、当然だと思うべきではないわ)。

私は私の分を払うし、毎回相手の男性におごってあげてもいいのよ。男性が気に入った女性の分まで払ってあげるのと同じようにね。私がデートに行った男性は、みんな嫌がったけどね。

スマートにデートを終えるために
女性からできる4つのアクション

Medium 164ffe152f0ac2c4c4dc685c314dedb7580fb38f

私みたいに、おごられるのは好きじゃないっていう女性のために、支払いのときに揉めない4つの作戦を考えてみたわ。女性のみなさんはぜひ試してみてね。男性に借りを作ったと思わなくて済むし、お互いストレスフリーよ。

1つ目は、食事が終わったとき、女性のほうからはっきりとウェイターに「会計を分けてもらえますか?」と聞くこと。簡単でしょ?

2つ目は、女性がお会計を頼み、半分ずつ払うことにしてさっさと自分の財布を取り出して払ってしまうこと。

3つ目は、最初からお会計を分けておくこと。そうしたらあとは別々に払うだけだから、支払いがスムーズでしょ?彼を酔わせたいなら、ドリンクをおごってあげて。

4つ目は、お店ごとで順番に払うこと。食事で会話が弾んだら、別の場所に行くことがあるでしょ。ディナーは私が払うから、次のバーではあなたが払ってね、っていうのもひとつの手ね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「Elite Daily」女性ライターAshley Fern氏が、世の女性の気持ちを代弁してリストを制作しました。タイトルを意訳すれば「男性たちにいつもイ...
敏腕女性編集者が綴る、初デートでSEXしても全く問題ない理由デートなんて久しぶり。会話も弾むし、一緒にいると楽しくて、今日が初めてとは思えない。お酒もいい...
大人気ブロガーJames Michael Samaさんによると、男性が気になる女性と出かける場合、その時間が「デートであること」をはっきりと示す責任がある...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
「母親として家を取り仕切り、長く健康な人生を一緒に歩む女性を探しているなら、野球ファンの女子がおすすめ!」とは、Alison Caseさんの意見。大事なゲ...
女性が、男性からのメールでデートに誘われたら、思わず「いいですよ」と返信してしまうシチュエーションを5つのポイントに厳選してご紹介していきましょう。お相手...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。もしも、それを見出せずにいるのなら、「Thought Catalog」で紹介された Al...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。そんな憧れを抱いている男性も多いのでは?しかし、大人の女性はあまり不満を態度や言葉に表したりしないので...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
楽しいはずのデート。でも、まれにその相手が“イタい人”だと気づく瞬間ってありますよね。場合によっては、彼の行動や発言が不快でつい怒ってしまうことも。「Mi...
フツメンなのになぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。中には顔で判断する人もいますが、世の中の女性の全てが顔だけで...
女性の心理がどうにもわからない…なんて男性に。James Micheal Sama氏は、自身のwebサイトで女性がふと感じている些細な感情を15のリストに...
時に男性は無理矢理にでも女性の唇を奪おうとします。そんな経験あなたにはありませんか?どうして、男性は女性の同意なしに、乱暴な行動に移すのか、理由を解説致し...
初デートって、面接にもよく例えられますよね。でも、初対面で好印象を残す人もいれば、そうでない人も。何が違うんでしょう?「初デート研究ガイド」を書いたブルッ...
かわいくて優しくて。自分に理想的な彼女ができたときほど、彼女が大好きすぎるあまりにやってしまいがちなことを8つ挙げていきます。過剰な愛情表現ではなく、長く...
ちょっとした気遣いができるかどうかで、モテるかモテないかが決まると言います。ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターErika Hube...
女の子と初デートに行くとき、あなたは精一杯のおしゃれをしていくでしょう。そして相手は運命の人になるかもしれない、と興奮しているかもしれません。でも、なぜか...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...