さすが異国…。旅先で起こるかもしれない15のトラブル

旅先に思わぬトラブルはつきもの。その中には本当にテンションが下がってしまうようなトホホな出来事も……。残念な旅行にさせないために知っておきたいのは、その国の文化。それさえ心得ておけば、ある程度のことは乗り切れるかもしれません。

『僕が旅で見た世界』に集約された旅人たちの失敗談ツイートを見ていると、その国がどんな国なのか、どんな国民性なのか、少しだけ、分かるような気がします。これから旅行に行こうとしている人は、参考にして、免疫をつけておくといいかも?!

Medium 9cacacaf711ff0cd792b986aee3bbe1a8c5251d8

01.

ある屋台でフライドライス(チャーハン)を注文した時のこと。出てきたものは美味しくはなかったですが、まあこんなもんかと思い食べていました。でも、ふと口の中に違和感を感じて見てみると、まつ毛のような短い毛が。
「全くもう…」と思ってよく見てみると、そこに入っている鶏肉が、なんと毛だらけ!
毛が残ったままの鶏肉がそのまま入っていたのです。
いまだにチャーハンは頼めません…。

(ラオス)

02.

「さっ!お風呂いこか!」と言われたので「OK!」と言ったら
「Go to the river!」と言われた。
「…OK!」
ちなみに上流では子どもが普通にトイレしてました。

(フィリピン)

03.

マクドナルドがあったとき、しかも妙に流行っていたとき。
なんだか悲しくなりました。

(モロッコ)

Medium 5d2eaa98d117884aaf1a6e8f20de20b12b00c189

04.

最初におかずとして生のトウガラシが2本出された時は、さすがにビビった。
トウガラシが野菜として多量に使われているのは知っていたが、生でガリガリ食べるとは思っていなかった。

(ブータン)

05.

飛行機で、サンディエゴからテキサス経由でメキシコに行った。
テキサスに着いて腕時計を見ると、予定より1時間ぐらい早く着いてる!
ラッキー!と思い、ゆっくり昼ごはんを食べてのんびり。
出発間近になってゲートに行くと
「???」私の時計とゲートの時計の時間が違う!
「えッッ?」と思い、どっちの時間が正しいのかを聞いたら、もちろんゲートの時計が正しい!
何でやろうと必死に考えた結果、時差だと知りました。
国内で時差があるとか、日本じゃ考えられん!

(アメリカ)

06.

物乞いを「No money」と断っていたら、
その人から日本語で、「ビンボー!」と叫ばれた。

(モロッコ)

Medium bdc3b7747e9260101af7958fae0171831175b1f4

07.

入国後、数日で断食に入ったこと。
まったく想定していなかったので、食料調達に困った。

(インドネシア)

08.

ガーナといえばチョコ!と思っていたけど、
現地に出回っているチョコはすべてヨーロッパのメーカーのものだった。

(ガーナ)

Medium 7c37db14a5cc5f4741854aee1533d1c2815c2d3e

09.

ATMで、カードが吸い込まれて出てこなくなった。

(モロッコ)

10.

食事中に知人の母の携帯に電話が入る。
「今、常連のお客さんが誘拐された」って、平然と言うお母さん。
誘拐大国、身代金大国であるが、こんなにも日常茶飯事だとは。

(ホンジュラス)

Medium f004bcbd908d7dd84f070cf1fe327c3f72449747

11.

ツアーを組んでもらって、着いた1泊目の宿。
晩ごはん付きだと聞いていたのに、宿の主人は「用意してない」
仕方ない、外で済まそうとお店を探すけど、周りには駄菓子屋が一軒だけ。
見慣れないポテトチップスを大量に買い、一晩を過ごしました。

(トルコ)

12.

パン売りの女性からパンを買ったら30バーツだった。
その後、近くにいた現地の少年がそのパンを買うのを見ていると、払っていた金額は5バーツだった。
それを女性に直訴すると、近くからガタイのいい男が現れたので、私は何もなかったかのようにその場を去った。

(タイ)

Medium 56aa5d57b584fa3ec85014ac53c66d970d94722f

13.

オーストラリアの空港。
馬鹿でかいビニールに入れられて、全開に開いた状態でターンテーブルを回ってくるスーツケースが一つ。
「かわいそうな奴がいるね〜」と皆で笑ってたら自分のスーツケースでした(涙)。
荷物係が投げたのか、何のトラブルか、原因は不明…。

(オーストラリア)

14.

泊まった中で最も安い宿が1泊160円のドミトリー。共同トイレ、水シャワー付きと紹介されたのですが、いざ部屋を見てみるとトイレしかない。
「シャワーは?」と尋ねると、「そこだよ」と桶に溜まった水を指さされました。
私はその水はお尻を洗うためのもの(実際とても汚い水だった)だと思っていたので、愕然としてしまいました。
しかし背に腹は代えられぬということで、結局その水で体を洗うことに。
なんだかシャワーに入る前よりも、汚くなった気がしてなりませんでした。

(ラオス)

Medium c70dca1bc236402636dfb5617f439f9cc5c9c7b2

15.

リキシャの運転手。
親切だったけど、もういいって言っているのにお店を連れまわされた。
なにやら連れて行ったお店の数だけ彼にポイントがたまり、賞品がもらえるらしいけど(Tシャツだったかな)
まさか、ポイント集めに付き合わされるとは…
勘弁してほしかった。

(インド)

人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
旅先での出会いは、人生における貴重な体験であり、旅する醍醐味のひとつ。現地の人のやさしさにふれることができたのなら、それだけで旅は「最高の思い出」になる。...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
自転車は身近な乗り物であり、生活に欠かせない人も多いでしょう。そんな自転車が夢の中に出てきたら…それは自分にとって大きな意味があります。自転車の状態や状況...
ユーラシアからアメリカ大陸、オーストラリア、アフリカと全世界を駆け抜け、いまだ見ぬ怪魚を狙う。大学卒業後勤めた会社を2年半で退社し、インドで怪魚を釣る喜び...
日常の「歩く」という移動が、素晴らしいものに見える映像。日常のなかではちょっぴり面倒だったりする“歩く”。だけど、旅先では歩くことが、なんだか楽しくて――...
赤津 慧  Kei Akatsu幼少期からサッカー漬けの日々を送り、高校時代は茨城県私立鹿島学園高校で全国高校サッカー選手権ベスト4入りを果たす。東京理科...
現在、世界の人口は約72億人。そのうちの約60億人が持っているとも言われるケータイ電話。水洗トイレを使っている人が45億人であることを考えると、爆発的な普...
「ギャンブラー」とGoogleで検索すれば、上位をほぼ独占する日本人がいる。カジノ勝負で生計を立てながら世界各地を飛び回る、誰もが憧れてしまうようなワイル...
 大学2年時に休学して、1年間世界一周の旅に出る。旅先ではヒッチハイクや野宿を繰り返しながら、世界中の人々に夢を聞いて回り、彼らと人生について語り合った。...
「『この人こそ』と思える人がいたら、その人と世界中を一緒に旅しなさい。世界一周への2人分の航空券を買って、たどり着くのも戻ってくるのも難しいような場所に行...
バックパッカーの女の子たちから聞く話ほど、刺激的で面白いものはありません。さまざまな経験をしてきた彼女たちは、他の女の子とは違った魅力を持っています。「I...
人生に行き詰ったら、旅に出ましょう!と提案するのは、今回紹介する記事を書いたShannon Kaiser氏。どうやら、数年前に会社を辞め、自分のやりたかっ...
関根光才/Kosai Sekine映像作家。CM、ミュージックビデオ、映画などをベースとした映像の演出を手がけ、日本人監督らしからぬインターナショナルなレ...
紀里谷 和明/Kazuaki Kiriya映画監督・演出家・写真家1968年熊本県生まれ。83年15歳で渡米、マサチューセッツ州ケンブリッジ高校卒業後、パ...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...