今日から使える!あなたの「先延ばし癖」を克服するコツ

面倒なことはついつい先延ばし。でも、そうしたことこそが、本当にしなければいけないことだったりも。モチベーションをコントロールして弱い自分に打ち勝つコツを、ライターRenita Kalhorn氏が教えてくれました。うーん、これは使えそう。

ステップ1:
時間が解決してくれる、
とは考えない

0986ced5367d196a35e73ff3c55e8e57bacff1ba

初めの一歩は非常にシンプル。人がやるべきことを後回しにするのは、その人自身が「よしやろう!」という気になっておらず、「きっと時間がたてばやる気になるはず」と信じているから。

でも、もちろんそんな保証はどこにもありません。そのことを理解しましょう。

ステップ2:
抵抗の対象を明確に

もし何かを先延ばしにしようとしているのなら、そのタスク全体を見るのではなく、細分化して要素を抜き出すこと。全体を見ようとすることが、拒否反応を起こす原因です。

自分自身に尋ねてみましょう。「結局、何を恐れているの?」と。例えば、プレゼンテーションシートを作ること自体が嫌なわけではなく、それに関するデータ収集時の上司とのコミュニケーションが、先延ばしにしたい理由かもしれません。

自身が抵抗したくなる対象を明確にし、やる気がそがれてしまう前に、対処法を見つけられるようにしましょう。

ステップ3:
必要な時間を把握する

Cba2324410a9f44605d32de898adedd328ca4d22

何かをやり始めるとき、それにどのくらい時間がかかるかが分からないほうが大変であることを覚えておきましょう。取り組まなければならないタスクが目の前にあるときには、それに費やす時間をあらかじめ決めれば、リラックスでき、先延ばしにしたい気持ちを抑えられます。嫌だなと感じる時間がどのくらいかを知ることができるから。

ステップ4:
「小さなゴール」を設定

立往生した車を押すときは、まず数センチ動かそうとしますよね。いきなり数メートル動かそうとは思わないはずです。それと同じで、大きなプロジェクトに正面から攻め込んでいくだけでは、ひとたまりもありません。小さなゴールを達成することからはじめ、それを積み重ねていくことで先延ばしにしたい衝動を抑えましょう。

生物学的にも、小さなゴールを設定することは、うまく私たちに作用します。脳が何かをできたと認識するとセロトニンが生成され、心は穏やかになり、満足感を覚え、モチベーションにつながるのです。

ステップ5:
ときには行動を止める

476aae3da93199bdd9ea93378b7cfdb173de5827

やるべきタスクを遂行するためには、時には立ち止まってでも勢いをつけることが重要。うまくいっているときこそ、立ち止まることで、次に何が起こるかを知ることができるのです。そして、次の行動をきちんと把握しているからこそ、無気力になる時間を最小限に抑え、立ち止まったところから容易に作業に戻れます。

Licensed material used with permission by Renita Kalhorn
物事を先延ばしにしてしまうこと、結構ありますよね。締切ギリギリになると、大きな力を発揮して乗り越えられるものですが、心身のダメージは決して小さくないはずで...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
周りの人と比較して、「自分は大した人間ではない」とネガティブになる。ライターLaura Caseley氏が「LittleThings」にイラスト付でまとめ...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。「I Hear...
「自己憐憫」とは、いろんなことが上手くいかないときに、ついつい「わたしって何て可哀想なんだろう」と憐れんでしまうこと。経験がありませんか?自己憐憫をしても...
20代の平均貯金額は約200万円、30代の平均貯金額は400万円前後、40代の平均貯金額は500万円弱といわれています。あなたの貯金額と平均との差はどれく...
サーフショップの店員から、「TalentSmart」の共同創設者となったTravis Bradberry氏。華麗な転身を遂げた彼が教える「キャリアに関する...
私たちはつい「失敗をしないように」という予防線を張りがちです。だって失敗したら恥ずかしいし、そこから立ち直るのもひと苦労するから。でも、将来のためには積極...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
西きょうじ/Nishi Kyouji東進ハイスクール英語講師。執筆参考書多数、なかでも『ポレポレ英文読解プロセス50』は20年以上”上位受験生のバイブル”...
みなさん、本日もお疲れさまでした。毎日働いていれば、いいことばかりではなく凹む日も、腹が立つ日もある。もしかしたら、まさに今、クタクタになった仕事帰りの電...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
「プレミアムフライデー」なんて施策の実施からも導き出せる通り、世間の労働に対するスタンスは、どちらかというとワークライフバランス重視。でも、本当に突出した...