マスカラなしでも綺麗な「まつげ」を手に入れる8つの方法

長くてフサフサのぱっちりまつげ。女性ならみんな憧れますよね。マスカラやつけまつげで盛るのもいいですが、自分のまつげがしっかりしているに越したことはありません。

今回は「Little Things」の女性ライターRebecca Endicottさんがまとめた、マスカラもつけまつげもなしで「まつげを美しく見せる方法」を紹介したいと思います。なかには「え、ホント?」と言いたくなるものもありますが…。

01.
ビューラーを
しっかり使えていますか?

Medium 25a8e5059499cda797138add45e62e2e40fe2dc2

まずは、ビューラーを使ってまつげをしっかりカールさせること。当たり前のことかもしれませんが、まつげが上向きになっていればいるほど長く見えます。

目に押し付けるようにして、根元を挟みます。最初は軽く力を入れて、まぶたが挟まっていないかどうかを確認したら、ぎゅっと握って5秒キープ。根元ができたら、同じように真ん中、先端と何回かに分けてカールさせていきます。上まつげだけでなく、下まつげもやってあげるともっと目が大きく見えますよ。

02.
マスカラの代わりに
ワセリンを

Medium bb3b64a737f8abe1e378ec8b5f20c21f23c261f5

ワセリンは、まつげを保湿してくれる効果があります。マスカラのブラシを使って、まつげに薄く塗ってあげましょう。

髪の毛も乾燥してパサパサになると、まとまりやツヤがなくなってしまいますよね。まつげも同じです。しっかりとうるおいを保つことで、長くフサフサに見えるでしょう。

03.
放置はNG、清潔に保つ

Medium f7faac466bdad3e7021945df4d230cdfc4e0ee95

まつげに何を塗っているにせよ、一日の終わりには必ず落とすようにしましょう。塗ったままにしておくと毛根に悪影響を及ぼします。結果的にまつげが抜け、薄くなってしま宇野です。

とくにマスカラは放置すると、まつげだけでなく目の周りに色素が沈着して、取れなくなってしまうことも。清潔な状態を保つことが、みんなぬ羨ましがられるパッチリまつげを手にいれるポイントです。

04.
目をゴシゴシ
こすらない

Medium ec7f3473eb051f434397dc7172ccf8806704263d

デスクワークなどで長時間パソコンに向かっていると、だんだん目が疲れてきます。そんなとき、ついつい目をこすってしまいたくなりますが、これはまつげにとって悪影響。摩擦で抜けてしまい、これを繰り返していると新しいまつげが生えにくくなってしまいます。

こする代わりにオススメなのが、ぬるま湯で洗い流すという方法です。

05.
オリーブオイルを塗って
健康的に

Medium b19dafa832df2c414dd73776b222ac583a056d6e

まつげの保湿には、ワセリン以外にもオイルが有効です。とくにまつげの生育を助けるビタミンEが豊富に含まれ、体にも優しいオリーブオイルがおすすめとのこと。

綿棒に1滴か2滴垂らし、まつげ全体にやさしく塗りましょう。

06.
緑茶を目にあててみる

Medium 498d412b840713cd394e893e51e90599d1bccde7

緑茶には消炎作用があり、目の下のクマやむくみの解消に効果的であることが知られています。その、血行を良くする作用が、まつげにも効くそうです。

ティーバッグタイプのものなら出がらしをそのまま、急須に入れているなら目の細かい袋などに入れて、軽く目に押し当てましょう。(火傷しないように注意してください)。

07.
ビタミンEとB7を
欠かさずに

Medium 4837bdde8ad1302e8be23985a70926c72323d82c

ビタミンEは、まつげをはじめとした毛髪の育成に深い関わりがあると言われています。ほうれん草や小松菜などの葉物や、アボカド、ナッツ類などに豊富に含まれているので、ぜひ。

またビタミンBにはいろいろな種類がありますが、なかでもまつげに効くのはビタミンB7です。髪の毛や爪を、美しく維持するのに大切な栄養素なので、ナッツや穀類、赤身のお肉を摂るようにしましょう。

08.
不飽和脂肪酸で
健康的な「まつげ」に

Medium 9bfcdd639d659e250ce0b93161d2bfc5ecde4b48

サーモンやマグロのような魚、ナッツ類や豆類、葉物の野菜やアボカドにたくさん含まれている「不飽和脂肪酸」。血液の流れをスムーズにしてくれるので、代謝機能を活発に保ち、新しい健康的なまつげをつくるのに役立ちます。

不飽和脂肪酸はビタミンEと相性が良く効果を高めてくれるので、一緒に摂るのがオススメです。

Licensed material used with permission by Little Things
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
その器量良い風貌は、努力のにおいを感じさせない。しかしその内実は、挫折とパッション、人間味に溢れていた。彼女の名前は、安田あや。コスメ会社AYAの社長とし...
歯の健康を維持するためには「歯ぐき」にも意識を注がなければいけません。それには…ただ丁寧に歯を磨くだけ?「LittleThings」ライターAngel C...
困難な状況に陥ったとき、精神力の強さがあれば乗り越えることができます。その強さが、人生をもっと豊かなものにしてくれるでしょう。ここでは「I Heart I...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
ファーストフードなどの手軽な食事は、健康を脅かすだけでなく、思ったよりも高くついてしまうもの。そこで、医学博士Mark Hyman氏が、時間をかけることな...
現代人の皆さんへ。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
無垢なかわいさは魅力的ですが、得てして長続きはしないもの。対して、本当の美しさとは、幼虫がさなぎを経て蝶へと変わり、いつかは羽ばたいていくようなものです。...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
味はもちろんのこと、料理をする際は健康効果も意識したいところです。ここでは春野菜との「食べ合わせ」だけで、健康効果の向上が期待できる組み合わせを紹介しまし...
洗い物や防臭剤などとして使っている人は多いかもしれません。が、ここでは、ちょっとめずらしい使いみちを掲載している「Little Things」からいくつか...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
「ちょっと考えすぎじゃない?」なんて、友だちやパートナーから言われたことはありませんか。考えることと、悩むことは違います。自分では一生懸命考えているつもり...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...