秋の「カサカサ肌」は、食事と入浴で解消!

暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥肌を予防して、潤った肌を手に入れる食材入浴法のポイントを紹介します。

すべて、ご家庭でできる解消法ですよ。

そもそも、どうして肌は
カサカサになるの?

Medium bdd8c3ec388d10c7683db6996708002abe5d9ade

皮膚の一番外側の角質層には、約30%の水分が含まれています。肌の水分は皮脂天然保湿因子セラミドなどによって「天然のクリーム」をつくり、保湿しています。

秋から冬にかけて気温が下がると、皮膚表面の血管を縮ませて血流量を減らし、体温を維持しようとします。このときに天然のクリームが肌から分泌されにくくなるのです。その後、乾燥が進んで肌の水分が10%以下になると、肌がカサカサしたり、荒れた状態になるのです。

「うるおい」を手に入れる
食事のポイント4つ

Medium 59f74f8ce1f1c92f0e3bea451f4840d1f55de376

01. ネバネバ食材の「ムチン」で予防

薬膳では、ネバネバ食材は体の乾燥を防ぐ作用があります。このネバネバには「ムチン」と呼ばれる成分が含まれているものも多く、体の粘膜を保護する作用も併せ持っています。その代表例が山芋、オクラ、めかぶ、モロヘイヤ、なめこ、はちみつなどです。

02. 乾燥を防ぐ「秋の旬の果物」

秋の乾燥を防ぐには、酸味と自然な甘味に水分を多く含んだ旬の果物をいただくのも効果的です。肌の再生・修復に関係するビタミンも多く含まれています。代表例として、かりん、ざくろ、梨、柿、ぶどう、りんご、栗などがオススメです。

03. 「白い食材」を積極的に摂る

薬膳では「白い食材は体をうるおす」と言われています。その代表例は、大根、れんこん、白きくらげ、はとむぎ、まつのみなどをこの季節にいただくことで、乾燥を防ぐことができます。

04. 「血液」が汚いと、肌も荒れる

肌が荒れる他の理由として、血液が汚れていることが考えられます。体の毒素の排泄がうまくいっていないことで、肌から毒素を出そうとして肌が荒れてしまうのです。肌が荒れる原因になる糖質や脂質の多い食事やジャンクフードを控えましょう。

また、適度に水分補給を意識してみたり、毎日お通じがあるように発酵食品、オリゴ糖、食物繊維のある食事を取り入れて、毒素をため込まないようにしましょう。

お風呂で天然クリームを
落としすぎないために

Medium 42c555e23c4d1d3301f80cae7a9c94868bb453be

かゆみを伴う乾燥肌の人は、入浴にも注意が必要です。熱いお風呂に長時間浸かると、肌の保湿をしてくれる天然クリームの成分が流れ出てしまいます。目安は、38〜40℃のぬるめのお湯に10〜15分ほど。ぬるま湯でもしっかりと発汗し、十分に体の芯まで温まります。

ゴシゴシ洗いは肌を傷つけるのでNG

体を洗うときに、ナイロンタオルでゴシゴシ洗うと、肌の天然クリームを落とし、逆に傷つけてしまいます。肌に優しい材質のタオルを選んだり、荒れているときは泡をすくって手でなでるように洗い、優しめのシャワーで流すようにしましょう。

保湿クリームはうっすらでOK

入浴後は、化粧水やボディクリームなどでしっかり保湿することも大切ですが、つけすぎは逆に肌の天然クリームが出るのを抑えてしまったり、肌そのものをを弱くする原因にもなります。保湿クリームはお風呂上がりにうすく塗る程度にしておきましょう。

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタにな...
酒粕といえば、甘酒にしたり粕汁にしたりと料理に用いる食材のイメージしかないかもしれません。でも、「酒粕が美容パックになる」と聞いたらどうでしょう。ちょっと...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
忙しく生きる現代人は、毎日の食事もつい「早食い」になってしまいがち。しかし、早食いは肥満の原因となり、健康にも悪影響……。健康診断などでメタボを指摘され、...
男女の平均寿命が「84歳」と、世界一の長寿大国を誇る日本(2015 WHO調べ)。その要因を一概に語るのは難しいですが、「健康的な食事」が理由のひとつかも...
風邪、喘息、口内炎…多くの病気の原因は、カラダに蓄積している「毒素」が大きく影響していると言われています。その「毒素」をカラダから排出して体調を整えるため...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
 "プロセスリッチ"過程を楽しむ、ひと手間かける、しあわせ。CANVAS(キャンバス)都会がすき。だけど自然もすき。体を動かすのがすき。だけど食べるのもす...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
夜中にふと目が覚めしてしまうことは、ありませんか?さらに、そのまま寝付けなくなり、次の日がつらくて仕方ない、という人も多いでしょう。より快適な睡眠をとるた...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
思春期に悩まされてきたニキビ。大人になってやっと落ち着いたと思ったのに、最近また出ている…。もしかしたらそれ、あなたのちょっとした習慣が原因で出ているのか...