今すぐチケットが取れる「観光列車7選」

観光列車が熱いです。

いまや列車は観光地への移動手段という役割を飛び越えて、観光の目的そのものになってきています。

巷では九州地方が取りあげられることが多いようですが、ここでは全国に数ある観光列車のなかから、関東・東北の7つを厳選してチョイス。つまり首都圏の人は必見です!

記事をみてその場で予約もできますよ♪

※各列車の運行区間は、すべて2016年10月現在のものです。時期によっては変更があります。

【伊豆クレイル】
2016年デビューのニューカマーは「自然が主役」!

小田原-伊豆急下田

Medium 8b5e88ae6724a75fbbe98b4b5f2713465d40b20fMedium f59c3e0b7277198af2032ba210439d7dcac3fe12Medium e703f02a20d12e962dcf88c28d5d413872bc18df

もしかしたら、今もっとも注目度の高い観光列車では? 

デビューは今年の7月16日。しかも、走るのは首都圏に住む人には馴染み深い、小田原ー伊豆急下田。それだけでも食指が動きそうですが、「伊豆クレイル」は車内空間の心地よさが最大の魅力。

デザインのテーマは、和モダン。写真の通りあくまで控えめで落ち着いた雰囲気で、インテリアではなく、車窓から眺める伊豆の豊かな自然を主役に持ってきているとのこと。きっと、ここらへんが心地よさにつながっているんですね。

気になる座席も景色に十分に配慮された作り。贅沢な個室のほかに、二人用席はカウンター席と対面席があり、それぞれ海側、山側の景色を眺められます。

ちなみに山の風景を楽しめる対面席は、床面を少し高くし、反対側の海の景色が見やすくなっています。こういった細かい配慮もうれしいですね。

もちろん、バーカウンターやラウンジもアリ。そこで味わえるオリジナルのドリンク&フードも見逃せません。

さらに下のボタンからチェックできるツアーでは、人気のフレンチレストラン『モルソー』の秋元オーナーシェフ監修のお弁当が付くなど、魅力的な企画も盛り沢山です。

Medium 0941116f1a90cdd3d17406851aab50418e3d57bc

【現美新幹線】
アート鑑賞だけだと思ったら大間違いです。

越後湯沢-新潟

Medium 86acaf43b58e6982ae4b326d3445939076cc73e5Medium cc6bb9723eb3a941303f861894dc7e782218fe75Medium 63d2a6da29817e1b481e39b39f596f4fc504c643

蜷川実花のデザインで話題となった「現美新幹線」。よく知られている通り、車内では旬のアーティストたちのオリジナル作品が鑑賞出来るという、斬新な列車です。

が、アート鑑賞にイマイチ馴染みがないという人もご安心を!

「現美新幹線」の車内では、魚沼産コシヒカリの米粉や佐渡バターフィナンシェなど、ご当地の素材使いが秀逸なスイーツ(『romi-unie』のいがらしろみ氏が監修!)が楽しめるほか、燕三条の人気店『ツバメコーヒー』によるコーヒーも味わえます。

さらに、家族連れにはうれしいキッズスペースも完備。子どもにとって退屈になりがちな移動時間を飽きずに過ごせるのがポイント。

気軽にアートを楽しみながら、移動時間を堪能するーーそれが「現美新幹線」の魅力なんです。

Medium b06521daf6039ffce978cd36c2728137a9631b82

【フルーティアふくしま】
スイーツファン以外にも薦めたい、カフェ列車。その理由は?

郡山-会津若松(2016年12月〜2月は郡山-仙台に変更)

Medium 50a3054be5bcb2f04a73494406da7021a3298d3dMedium 7ddaff0f6755d107c78a71926ba9456b08acd0cbMedium fb8c32f19632a78c8f78abd0217fbd1134efc8e5

スイーツを心ゆくまで味わいながら、のんびりとした東北の景色を眺める…なんて紹介をすると「女性向け?」と思ってしまうかも。

もちろん「フルーティアふくしま」はオリジナルスイーツがウリですが、テーマは「フルーツ王国福島」。りんご、梨、桃、ぶどうなど、福島産のさまざまなフルーツを美味しくいただける手段として、スイーツがあるわけです。

つまり、ここで食べられるのは、ただのスイーツじゃないってこと。

旬に収穫されて完熟を迎えたフルーツを使うためメニューは時期によって変わるし、フレッシュなフルーツジュースやドリンク類も充実。観光列車でも珍しい円形ボックスシートにも注目したいところです。

カフェ感覚でくつろぎながら列車の旅を楽しめるのが「フルーティアふくしま」の醍醐味。女性はもちろん、男性だって、カップルだって満足ができるはずですよ。 

Medium 3235cc7b165ee9f66c18d12b3eea604ac843d57d

【越乃Shu*Kura】
ジワジワ人気上昇中の日本酒がテーマ。初心者でもちゃんと楽しめます。

上越妙高-飯山線十日町など

Medium c8d805dce46d493925c8c4bf734785ed08b63a61Medium d15576c15bbcd551fd6f95ec835a35979d4ce9e1Medium c311442aa1c5d0eb67ec16f87952a9a0153c0ac9

巷では男女問わず、日本酒人気が上昇中だとか。そういえば、洒落た日本酒バーなんてのも増えてます。

となれば「越乃Shu*Kura」に注目しないわけにはいきません。なんせこの列車は、日本酒の宝庫である新潟が誇る「日本酒」がテーマ

用意されているのは、新潟の地酒とそれを美味しくいただくおつまみの数々。なんと利き酒まで楽しむことができます。

さらに、酒にちなんだ車内イベントの豊富さも「越乃Shu*Kura」の魅力のひとつ。

ゆったりとした展望ペアシートやボックスシートに加えて、酒樽モチーフのスタンディングテーブルを備えたイベントスペースまであるんです。このスペースは、バーとして自由に利用できるほか、なんとジャズの生演奏が行われることも♪

日本酒とそれを味わうためのエトセトラまでが揃った「越乃Shu*Kura」。お酒には一家言あるという人からビギナーまで、幅広く楽しめそう。

Medium 38cf80e5d11ec7d9a9660c0d32ea1123d726dd48

【とれいゆ つばさ】
お座敷から足湯まで。エンタメ要素はNO.1かも!?

福島ー新庄

Medium 7190babb71a718d52c65071bd169957764cae29cMedium 6598a2bbfaa83627a20f1fcb2bb4a860b4035053Medium afef710c6ca3df36c7ca0d78b3d16c01018004c6

観光列車には、それぞれ趣向を凝らしたテーマが設定されており、いろんなエンタメが用意されていますが、この「とれいゆ つばさ」はとってもユニークです。

なんせ車内には、畳の上であぐらをかける「お座敷席」山形の地酒やフルーツジュースが楽しめるバーカウンター、さらには「足湯」(!!)に湯上がり用のラウンジまであるんです。

そこでの旅を想像してみると…畳の上でくつろぎながら、ちょっとバーでお酒を一杯。足湯で温まったら、ラウンジで一息つく。もちろん車窓には豊かな風景。

これ、まさに温泉街での1日ですよね。のんびり日常の疲れを癒やしたい人にオススメです!

Medium 66383f2a3815dd0fc87ca4f2eb8f88bb41add0c3

【TOHOKU EMOTION】
食事へのこだわりがハンパじゃない“走るレストラン”。

八戸線

Medium f47b0e9898a232228fbc2bd6f642b8728115a615Medium c837c741385a812bfb401a2c4b93fa3929405fa9Medium dbb62281e7d6ae9de938d1e1f6422dc31955b62e

旅の楽しみのひとつといえば、食!

訪れた土地土地の食材やご当地グルメは外せない要素ですが、それは観光列車の旅でも同じ。

なかでもこの「TOHOKU EMOTION」は、「東北レストラン鉄道」「走るレストラン」という呼ばれるほど。

そもそも列車から見えるのは、食材の宝庫である三陸の海。さらにキッチンはなんとオープンキッチン。豊かな自然を有する東北の食材をじっくり味わうのにピッタリなシチュエーションです。

また、高級レストランのようなスタイリッシュな内装にも注目。座席のファブリックや照明など、至るところに東北の文化を伝える意匠が隠されています。

その詳細は体験してみてからのお楽しみ!?

Medium 43f8aa9f8a337a9f9d12e9eceee2de58b392fea1

【リゾートしらかみ】
世界遺産の景色を、開放感のある車内から楽しみたい!

五能線

Medium 0f325c6443e70f831ce8db945e85fc466f6debd9Medium ccdddc77a5f2dba026797692f84d9ee98a5f6fa4Medium 32f5561773cc474267565039724425e020e157f6

青森と秋田を結ぶ五能線は、一度は乗ってみたいローカル路線として全国的に人気を集めています。この路線、風光明媚なことで知られています。窓の外に見えるのは、奇岩が並ぶ日本海の絶景から世界遺産として知られる白神山地のブナ林まで。

「リゾートしらかみ」は、そんな人気路線を走る観光列車。2016年7月には新型車両「橅(ブナ)」も加わりました。

車内の設備は、リクライニングシート、ボックス席、展望室とベーシックですが、車内全体がオフホワイトに統一されています。景色がウリがだけあって、窓がとっても大きくとられているのがうれしいですね。

さらに、土日祝日を中心に不定期で開催されるイベントも特筆すべきポイント。津軽三味線の演奏や伝統の人形芝居など、エンタメも充実しています。

白神山地のみならず、千畳敷や不老不死温泉など、路線には名所も多く、列車での時間と合わせて、沿線のスポットもオススメです。

Medium ea33f5c06a651a96246421e131f14d2f103fb78c

観光列車は、ほかにもたくさん!

ここで紹介した以外にも、関東・東北にはさまざまな観光列車が走っています。興味がある人、他の列車と合わせて検討したい人は、下のボタンからチェックしてみて!

Medium 67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b
Sponsored by 株式会社びゅうトラベルサービス
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
「Roof Top Tours(屋根上ツアー)」を知っていますか?映画や漫画に出てくるような「屋根の上」で繰り広げられる様々なシーンに憧れている人は意外に...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
スロベニア・ボヒニ鉄道開通110周年を記念して行われたエキシビジョンの模様がこちら。「ヨーロッパ随一の美しさ」との呼び声高い高山鉄道に、この日特別に用意さ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。地...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
列車のダイヤに遅れが生じる原因はさまざま。でも、よもやカメがその一因となることがあろうとは。想像できませんよね?西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)とて同...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
近年、世界の有名観光地や絶景をバックに、FacebookやInstagramなど、SNSでの画像投稿を目的とした観光客らによるヌード撮影が、欧米の若者を中...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
時折、卓越した動物たちのパフォーマンスに一喜一憂することがある。しかし、ここで紹介する動画を見ると、それが厳しいトレーニングによってもたらされた結果だとい...
ゴミを目当てに観光客が訪れる!?とんでもない観光名所があらわれた。トリップアドバイザーが発表した「世界の不衛生な観光スポット」に不名誉にも選ばれた『ガムウ...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
京急電鉄初の上り“着席保証列車”が登場し、話題になっています。こと首都圏において、朝の通勤電車は座席に座れないどころか、立っているのもやっと…。そんな中で...