「パートナーがいるのに、他の人を好きになっちゃった」。リアルな5つのエピソード

恋人でも夫婦でも、誰かと付き合うというのは、責任が伴うものです。なのに他の人のことが好きになっちゃうのって、どうしてなんでしょう。

そのときの実際の気持ちなんて、秘密にされちゃうことが多いから、なかなか人に聞く機会も少ないですよね。

そこで「AskMen.com」という質問サイトを使って、あるユーザーがこんな質問をしました。

「パートナーがいるのに、他の人を好きになっちゃった経験がある人っている?その理由は?そのあとどういう決断をした?」

すると、多くのユーザーから赤裸々なコメントが集まる結果に。「Elite Daily」の記事でTaylor Ortegaさんがまとめていました。

【1人目の回答者】
ふたりの人で迷って、
最初の人の大切さを感じるときもある

Medium a2e64ba9c0401637a04a52d673764b8c9e770acd

私は、あるわ。結婚18年目で、仕事上の知り合いを好きになってしまったの。初めはそんなに親しくなかったんだけど、とってもいい友人になって、それからお互いに好きになってしまった。

彼にとっても惹かれていて、つながりを感じてるんだと自覚したときには、もうなかったことにはできなかったの。でもその当時は、まだ自分が彼のことを好きだって自覚してなかったの。きっと自分の中の一部が否定していたのね。だけど、あとから考えてみると、あれは好きになってたわ。

数ヶ月の間、私は自分の結婚生活と「友情」の両方を守ろうと必死だったの。その間はずっと彼に夢中だったわ。結局、私のやっていることが明るみに出て、彼との関係も夫との関係も崩れてしまった。

夫に最後通告をされて、「俺かその男か選べ」って言われたわ。それで、私は夫を選んだの。それ以来、ふたりで結婚生活を大切にしようと努めてるわ。

自分でも、夫以外の人を好きになっちゃうなんて、思いもよらなかった。今になって振り返ってみると、何が起きていたのかよくわかる。変な話だけど、別の人を好きになるのって、子どもが増えるときの気持ちに似てるの。二人目や三人目が生まれたとしても、それで一人目への愛情が減ったりしないでしょう?そうじゃなくて、自分の持てる愛情の総量が増えていくのよね。愛のすごいところって、増殖することだと思うわ。

【2人目の回答者】
逆に、パートナーとの距離が遠ざかることもある

僕の場合は、“ちょっとある”っていう感じかな。いいなって思う女の子に出会ったんだけど、ちょうど別の女の子と付き合い始めたところで、付き合いはうまくいかせたかったし、新しく会った子にどうこうするってことはなかったんだ。

でもあとになってみると、より好きだって思う女の子と親しくなるべきだったと思う。つまり、新しく出会った女の子とね。

だって、彼女と僕とはうまくいかなかったんだ。しかも、今になってもまだ、僕は新しくあった女の子のことが気になってるんだよ。

【3人目の回答者】
新たな恋に進んでも、
思い出してしまうときがある

Medium 0966d52bf6f599030a737f41639212adf7dfdc10

あるよ。僕らはお互いに自分の当時の恋人との関係がうまくいっていない時期に出会って、恋に落ちたんだ。数週おきくらいのペースで、グループでパーティに行ったりクラブに行ったりしていたんだけど、僕らの相性の良さといったら、すぐにわかったよ。お互い惹かれあっていたんだ。

彼女は僕のことを素敵だって言ってくれて、僕も彼女はすごく魅力的だと思ったんだ。スイス人のブロンドで、青い目の女の子だった。

それはさておき、彼女の彼氏(僕の友達でもある)が、ふたりの関係に気づいて、つっかかってきたんだ。僕らを引き離そうとして、いろいろとやってきたよ。最終的には、それがふたりが別れた要因のひとつになったと思う。

しばらくして、僕も恋人と別れて、その女の子とは何度か一緒に出かけたんだ。でも、彼女は元カレがものすごく落ち込んでるとかで、連絡を取り続けてたんだ。別れ話でもものすごく揉めて、つらい時期を過ごしたこともあって、僕らはこれ以上一緒にいちゃいけないって感じてたみたいだよ。元カレに聞かれたら、嘘はつけないと思っていたんだよ。

結局、彼女はスイスに帰ってしまった。僕はいま新しい恋人と一緒にいて幸せだけど、それでも時々、彼女のことが恋しくなるよ。

【4人目の回答者】
心の赴くまま
自分の気持ちに正直な人もいる

あるよ。2度。

どっちの場合も、俺は当時の彼女と別れて、新しい女の子と付き合った。正しい選択だったと思うよ。

俺のアドバイスはこうだ。「いつだって古いものより新しいものを選べ。今の関係に満足なんだったら、他のやつに目移りなんかしないだろう?」

【5人目の回答者】
最後はひとりになっちゃうリスクもある

Medium 2ad2badd9388355d9948a3c80afaeb1ade3d7739

カレンっていう、僕にとっては忘れることができない女性がいるんだ。僕とカレンは長い間友だちだったんだけど、付き合ってからはとても短かった。

僕はカレンと別れてからも、他の人とデートしてみたけど、まだカレンが好きなままだった。でも、カレンにはもう新しい彼氏がいたから、その気持ちは押し殺していたんだ。

僕は、そのあとに出会った相手にも確かに好意を持っていたし、3年以上も良い関係を築いていた。その間にカレンと浮気することもなかった。でも、カレンとはときどき出かけて、友達というには近すぎるような距離になることがあったんだ。誤解されてしまうんじゃないかっていうような。

結局、新しい女の子とは、それとは関係ない理由でうまくいかなかったんだ。カレンと僕とは、またやり直してみたけど、最近また別れたよ。2回目のほうが、きつかったな。

Licensed material used with permission by Elite Daily
浮気―。それは二人の関係において、もっとも厄介な問題の一つ。自分のパートナーは大丈夫!と安心していても、その真実は決してわかりません。そこでヒントとなるの...
「あなたは、パートナーを大切にしていますか?」この問いかけに、ビクッとしてしまったあなたはちょっと心配。恋人ではない相手と関係を持ってしまうことが一番わか...
「男は浮気する生き物」と諦めている女性もいるかもしれません。でも「Thought Catalog」で紹介されたのは、浮気をせずに恋人との関係を長く続けてい...
「浮気」。それは、信じているはずのパートナーに対する、大きな裏切りだと言えるかもしれません。「愛している」なんて言いながら、実際には他の人にも同じことを言...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
「Elite Daily」のライターDorothy Chan氏が、パートナーと彼氏の違いをまとめています。記事によると、彼氏は単なる恋愛関係の間柄。ですが...
無条件に愛を信じることは、危険です。すべてがうまくいっているように感じる時に限って、最悪な出来事が起こります。そう、彼の浮気が発覚するのです。あなたはまず...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
失恋の傷は、時間と新しい恋でしか癒せません。それは米メディア「Elite Daily」屈指の恋愛マスター、Paul Hudson氏も認めるところ。でも失恋...
「本当に成功したカップルというのは、同じ人に、何度も恋に落ちるものだ」最初はラブラブだったはずなのに、だんだん「ときめき」がなくなり…という悲しいパターン...
男と女という生き物には、根本的に「違い」があります。きっとお互いにわかり合えないことも多く、心が離れてしまうこともあるでしょう。どうしたら良好な関係を築き...
恋の終わりはネガティブなイメージで捉えられがちですが、逆を言えば新しい恋のチャンス。「そのうちいい仲になれるかもしれないから」と関係をダラダラ続けてしまう...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
最近、彼氏や旦那の様子がおかしい…。そんなときの女性の勘は、たいてい当たるものです。スマホをいじっている時間が長くなった。スマホを肌身離さず持ち歩いている...
「結婚相手は、尊敬できる人を選びなさい」とはよく聞きますが、恋愛でもそのルールを考慮していると、なかなか「彼氏彼女」の関係に踏み出せません。では、何を重視...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここで...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
「とにかくすごかった!」と記憶に残っているあの人との夜の営み。その相手、もしかすると、獅子座の人ではありませんでしたか?実は、女性ライターIsis Nez...