今からが見頃!絶景紅葉スポットに隠された秘密とは

秋といえば、紅葉のシーズン。美しく色づいた葉が作るダイナミックな景色は、まるで自然の作り出した絵画のよう。私たちの住む日本は、紅葉する落葉広葉樹の種類が多いこともあり、世界一紅葉が美しい国とも言われています。

中でもちょうど今の時期、10月中旬以降に見頃となる、厳選紅葉スポットを今からご紹介しましょう。

美しき日本の
オススメ紅葉スポット

【蔦沼(青森県)】

Photo by estrella1868

四季折々の美しい景色が楽しめる、青森県十和田市の「蔦七沼」の中でも、最も紅葉が美しいのがこの蔦沼です。シーズンになると、紅葉したもみじが水面に映り、なんとも幻想的な風景を描きます。陽の当たり具合によっては、山が黄金に輝く瞬間を拝めることも!


【弥彦公園もみじ谷(新潟)】

Photo by Kenta Tamu

新潟県にある弥彦公園は、日本らしい情緒ある風景で人気のスポット。中でも「もみじ谷」は、秋になると色づいた木々で美しく染まります。夜にはロマンチックなライトアップも。


【中津峡(埼玉)】

Photo by cammild1

紅葉といえばやはり寒い地域という印象がありますが、関東にも名所はあるんです。中津峡は奥秩父にある渓谷で、ハイキングコースとしても有名。歩きながら次々に変化する景色を楽しめます。


【蘇陽峡(熊本)】

manapaaさん(@manapaa_)が投稿した写真 -

Photo by manapaa_

暖かい熊本にも紅葉の名所はあります。蘇陽峡は上益城郡山都町にある峡谷。「九州のグランドキャニオン」とも呼ばれるダイナミックな谷がさまざまに彩られる風景は、ここだけの景色です。

「紅葉」と「お肌の乾燥」が
リンクしている!?

Medium 4c48e343fb4541d392b73fe5130675bb257cf56e

紅葉が見頃になるのはだいたい10月頃と言われていますが、地域によっても大きく異なります。なぜなら木々が色づき始めるためには、ある条件があるんです。それは気温が下がって、昼夜の寒暖差が大きくなること。この条件を満たした地域から、紅葉は始まっていきます。

実はこの条件、空気が乾燥する条件でもあるんです。つまり、紅葉が見頃になる時期と地域は、お肌が乾燥しやすい時期と地域でもあるってこと!ということは、今回紹介したスポットは、全てお肌の乾燥に注意すべきスポットということに…

これらのスポットに住んでいる人はもちろん、そうでない人も自分の住んでいる地域で葉っぱが黄色や赤に色づき始めたら、お肌にとっては黄色信号、場合によっては赤信号かも?そうなる前に保湿ケアをスタートした方がいいでしょう。

Medium ec7d377f994a02f21a42426ca47e54ee71c612e8

気候に合わせてケアを先取り
「美肌予報」

Medium 2b4d2a35f38a2c11c5d0461bd86aeeb113869d1f

季節や地域によって気候は変わりますし、お肌の調子だって変わりますよね。気候に合わせたケアを先取りすることが、美肌を保つポイントになりそうです。

それを可能にしてくれるウェブサイトが、実はあるんです。地域別に季節の美容情報を発信する、それがコスメブランドのポーラが提供している『美肌予報』

「美肌予報」は、25年以上にわたってポーラが蓄積してきた「肌のビッグデータ」と、日本気象協会が持つ気象データのコラボレーションを実現したウェブサイトとして2015年11月よりサービスを開始しました。47都道府県別に、美肌の悪化リスクを示した「美肌指数」と、優先すべきケアのアドバイスが掲載されています。

Medium 348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

例えば新潟県、
11月の美肌予報は…

Medium 4e869b8d29d3c0751464e30f2aa7fa302d9669d1

(※)【糖化とは】肌の中でタンパク質と糖が結びつき、「AGEs」という物質を作り出す現象。肌の中でゴワつき、キメの乱れ、化粧のりの悪さ、黄ぐすみ、ハリのなさなどの原因のひとつになります。

どうやら「肌冷え」に注意が必要なようですね。実際のページには、「肌冷え」がどんなものなのか、気になるケアの方法もバッチリ載っていますよ。

美肌予報は毎月1回、20日前後に更新されます。自分の住んでいる地域の美肌予報をチェックして、来月の取り入れたいケアを先取りしちゃいましょう!

Medium 702192035c90429cc9a02c32b6c33874e8a282d6

*当記事に掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。

海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
日本ほど四季折々の景色が楽しめるところは、世界にもなかなかありません。とくに紅葉は美しく、11月は多くの地域で見頃となっています。でも美しい紅葉が楽しめる...
風が冷たくなり、秋の気配が漂ってきた今日この頃。そろそろ紅葉の季節も近くなってきましたね。四季の移り変わりで毎年楽しめる紅葉ですが、美しいのは日本だけでは...
清水寺に高台寺、永観堂、醍醐寺…、秋の京都を彩る紅葉の名所は挙げればキリがありません。が、中でもココ、瑠璃光院は特別な場所。詳しい理由は後ほど説明するとし...
色鮮やかな紅葉を紹介する記事は、なぜだか京都に偏りがち。「キレイだけど、遠くて簡単には行けないし…」とお悩みの、関東在住の方も多いのではないでしょうか。今...
紅葉の名所は数あれど、京都・永観堂(禅林寺)は名実ともにトップクラス。その美しさは、『古今集』で「もみじの永観堂」と詠まれているほどです。見頃を迎えている...
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
さつまいもがおいしい季節になりました。定番の食べかただけでなく、せっかくならこんなアレンジはいかがでしょう。ポテトスキンをさつまいもで代用する「スイートポ...
京都の紅葉は、いまが見頃。昼間に眺めたい人もいれば、夜間ライトアップが好きという人もいるでしょう。そうそう、源光庵のように「窓で切り取られたもの」も話題に...
いよいよ春本番。桜も見ごろで、早い地域では今週、来週には満開になりそうですね。飲んで食べて騒いで、楽しい宴のあとにもうひとつ。お家に帰ってからのお楽しみを...
洗い物や防臭剤などとして使っている人は多いかもしれません。が、ここでは、ちょっとめずらしい使いみちを掲載している「Little Things」からいくつか...
禿げ上がった頭は権力やリーダーシップの象徴?それを実証する研究がさかんに行われているアメリカでは、おおよそ13%の男性がシェイブドヘッド(日本でいうスキン...
突然ですが、「四国の清流は?」と尋ねられたら、あなたはどの川を思い浮かべるでしょうか?きっと、多くの人が四万十川と答えるはずです。 でも、近頃、“日本最後...
いくら暦の上で夏が過ぎても、肌が強烈な紫外線にさらされることには変わりありません。そんな日は、イギリスの名物「サマープディング」で、肌へのダメージ回復に努...
欧米を中心に高まりつつある食事メソッド「ホリスティック栄養学」を知っていますか?ざっくりと説明すれば、心・身体・精神それぞれのバランスを保つための食習慣を...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
一見すると、何の変哲もないマンションの一室。でも、この部屋は、“普通の部屋”ではないのです。さて、あなたは、写真に隠された秘密に気付くでしょうか?実は、こ...
スーパーフードの「アサイー」を使った、ロースイーツをご紹介します。すでに日本人にもおなじみのこのアサイー。独特の濃い紫色は、ポリフェノールの宝庫だという証...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...