「男性のフリは、やめました」。女性装で話題の東大教授が見つけた「自分」

東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業後は住友銀行に就職し、2年半ほど勤めていたと言います。そこでは、優秀なはずの人々が、嫌々ながら、身を粉にして働き、その挙句に過労死する人まで…。なぜそんなことが起こったのか。二十年以上研究してきたその答えは「自分自身でないものになろうとするから」でした。

「自分自身でないもののフリ」をし続ける社会で生きているうちに安冨さんが気づいたのは「自分は男性のフリをしている」という事実。その違和感から、「女性装」をはじめることになったそうです。

ひとくくりにはできない、性別多様性。安冨さんの著書『ありのままの私』を参考に、理解を深める機会にしましょう。

「トランスジェンダー」と
「トランスセクシュアル」
の違いって?

Medium 9e15d2e6ea4d1ae353d664117b329024ac6991c2

「トランスセクシュアル」というのは、医者による手術によって、性別を変更しようとしている、あるいは変更した人を指します。これに対して「トランスジェンダー」は自分の性別に違和感を覚えますが、別に手術を必要としないケースのこと。異性を好きになる人もいれば、同性を好きになる人もいますし、両方を好きになる人もいます。

また、ゲイの男性で女装している人とは違い「オネエ言葉」を使う人がいません。なぜなら、自分のことを女性だと思っているからです。

「性同一性障害」は
存在しない

Medium c203e4c502285d30e315da6e9729236b255c6704

性同一性障害という言葉は〝gender identity disorder〟という英語を、元の言葉よりさらにひどい意味に訳したものですが、これは、人を支配あるいは破壊するために捏造された、危険な概念です。

〝gender〟は「性別の」、〝identity〟は翻訳不可能な言葉、〝disorder〟は〝order〟(秩序)の反対の意味なので「無秩序、混乱」。

大人は、生まれた子供を男集団・女集団に振り分けて、それぞれの集団にふさわしい振る舞いをするように圧力をかけます。これによって「帰属」という「アイデンティティ」が生まれ、この帰属意識の形成がスムーズに行われるなら「秩序」が成り立ち、男のくせに女の服を着たりすると「無秩序」になって社会が崩壊する、という考え方です。

私のような者に対して嫌悪感を示す人々は、このような事情を感じているのではないでしょうか。

「無秩序」への「差別」

Medium 20faefd0f64a656df2872d5973bd7eb4a64c5d17

男女差別主義者にとって、「性同一性障害」という概念は実に便利です。男女の帰属を乱す者は「かわいそう」な「障害」を持っている「異常者」だ、と思えばいいからです。

しかしこの場合、「性同一性障害」はまだ受け入れ可能なのです。なぜなら、身体的区分けと、社会的区分けとの不一致に悩んでいる人を「障害」と認識しているのであれば、手術して両者を一致させてあげればいいから。

「心と身体との性別の不一致」という状態を手術することで一致させ「性別再割り当て」といった、神様のような役割を医者に果たしてもらうのです。

私のように、男性だけれども女性の姿をしていないと落ち着かない人間は、自分をどういう言葉で呼べばいいのかというと、なかなか適当な言葉がありません。いろいろ考えた結果、私は「自分を分類する必要など、どこにもない」という結論に至りました。

私のように異性の姿をしている人だけでなく、誰だって、「男」でも「女」でもないのです。そういう分類そのものが暴力なのです。

東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
「あなたはお酒に強いですか?」 これ、頻繁に耳にする質問ですが、よく考えると何を以って判断していいのか分からないですよね。でも、そんな曖昧なものを「数値」...
高校時代には偏差値が29だったという杉山奈津子さんは、自分自身で勉強法を編み出し、東大に合格しました。彼女は勉強に加えて、ある武器を活用していたそうです。...
男性のみなさん、「男らしくしろ」と言われた時どう思うでしょうか。また、女性のみなさんは、男性にどんな答えを望んでいるのでしょう。以下の動画は、5歳から50...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ピアノを習う子は頭が良くなるーー。この噂、あなたも一度は耳にしたことがあるのでは?で、「ホントのところはどうなの?」ということで、カシオ計算機株式会社が実...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
出産して家庭に入り、夫に尽くすーー。「そんな典型的な女性像は、もうこりごり!」と公言しているライターSamantha Cohen氏の記事を「Elite D...
ここ数年で、電車やバスの乗務員に女性がぐんと増えた印象があります。消防士やパイロットや土木従事者など、マイノリティーではあるものの、はたらく女性のキャリア...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「何を考えているのかわからないし、何も話してくれない…」女性からはそんな風に思われてしまいがちな男性陣ですが、じつはいろんなことを考えているんです。ただ、...
あなたはロジカルな人間ですか?「Big Think」では、政治学の教授であるSteven V. Mazie氏があなたの論理性と合理性を調べるクイズを書いて...
感受性が強い人は、人よりもいろいろなことに感づいてしまうことで、よいこともある反面、そうでないこともあるようです。ここでは、感受性が強い人が持つ特徴につい...
依存したり、振り回されたり、ダメな恋愛はもう疲れたというあなた。その恋愛、あなたにも原因はありませんか?どんなにすてきな男性と出会ったとしても、自分をしっ...
小さなことが気になって、いつも頭の中に最悪のシナリオを思い浮かべてしまうというあなた。こんなことに心当たり、ありませんか?ここで紹介するのは、アメリカ人女...
東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうの...
リーダーとして活躍している人に備わっている要素、それはカリスマ性。しかし、ひとえにカリスマ性と言っても、どういう特徴なのでしょうか?ここでは、その一部の例...
「私がFacebook上で、よく使う言葉は?」最近よく見かけるこのフレーズ、気軽に遊べるクイズアプリとして知っている人も多いはず。ですが、その際に参照され...
ハム、ベーコン、ソーセージなどを食べ続けることで、大腸ガンのリスクが増す。2015年10月世界保健機関(WHO)が発表した調査結果に、みな一様の驚きがあっ...