女性装をする東大教授が語る「新しい美しさ」の基準とは?

めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「女性装」をはじめてみると、安冨さんの世界は変わりました。周囲の反応を肌で感じ、そしてある意外な“美の定義”が明らかになったと言います。

なぜ、世の中の女性は自分を美人ではないと思うのか。現代社会における「美しさ」とは何か。安冨さんの著書『ありのままの私』には、そのヒントが書かれていました。

女性装してわかった
意外な事実

Medium 43b52e7e8691e717e7f1bcca8b1849acb713063c

私が女性の姿を探求するようになって、とっても驚いたことがひとつあります。

それは、私が結構「イケてる」ことです。

考えてもみてください。つい最近までヒゲもじゃだった五十過ぎのオヤジです。急に女性の格好をしたら不気味に決まっています。私が女性の格好をするようになったときには、当然、それを覚悟していました。

ところが、本当に不思議だったのですが、友人の女性たちは、私が自撮りした写真を見ても不気味がらず、それどころか「けっこうイケてる」「女子力、高い!」などと言ってくれました。

それで少し自信がついてきて、ならばもっと頑張ろう、と思いました。するとやがてある友人が「美人!」と言ってきたのです。 

なぜ、自分が
「美人」と言われたのか

Medium 246a61cfa4af5f015754c6db63c68de22bee2415

いろいろ理由を考えているうちに、驚くべきことに気づきました。それは、現代社会の美人の基準がどうかしている、ということです。

・背が高い
・手足が長い
・肩幅が広い
・細い
・面長
・鼻が高い
・顎がスッキリしている

このような美人の特徴は、すべて男性の特徴だったのです。つまり、美人とは「オトコっぽい女性」のことだったのです。

私は身体的に男性ですから、上記の条件をほぼ自動的に満たす一方、どういうわけかウエストが細く、腰や太腿が太いので、ヒゲや胸をなんとかすれば「美人」分類に編入して、認識してもらうことが可能なのです。

女性が「美人じゃない」と
謙遜する理由

Medium f77a82e9e1694250d4289c8ba60f87ba81341abd

男っぽい女性を女らしい女性の上位に置くことで、ごく少数の女性が「美女」ということになります。すると大半の女性は「私は美女じゃない」と思い込んで、自己嫌悪に陥ることになります。

しかし、こんなくだらない価値観を、女性自身が抱く必要などまったくありません。女性は、自分自身を十全に生きることで美しくなるのであり、身長とか体重とかで美しくなるのではないのですから。

「美しさ」とは何か?

Medium 330981e05ce3ed7bdfe3342fe444e72505a49a3a

思い返せば、「自分は、美しさなどとは無縁だ」と思い込んでいた男装時代、そのことが私を深く傷つけてきたことに気づきました。そこに女性装するかどうかは、関係ありません。男性として生まれたら「美」とは関係ないよ、というそれ自体が男に対するひどい暴力なのです。

しかし人間には、男女を問わず、美しさが不可欠なのです。

美しさとは、作るものではありません。掘り出すものです。自分自身という金鉱を探し出して掘り当てる。そうする人は、美しくなるのではないでしょうか。

美しくなるために最も大切なことは、自分自身を生きることなのです。

東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業後は住友銀行に就職し、2年半ほど勤めていたと言います。そこでは、優秀なはずの人々が、嫌々ながら、身...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
「トランスジェンダー」も、十人十色。「ただ世間では、しばしば『トランスジェンダー』というひと括りで語られてしまうのです」と訴えるのは、ライターのBasil...
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
無垢なかわいさは魅力的ですが、得てして長続きはしないもの。対して、本当の美しさとは、幼虫がさなぎを経て蝶へと変わり、いつかは羽ばたいていくようなものです。...
男性のみなさん、「男らしくしろ」と言われた時どう思うでしょうか。また、女性のみなさんは、男性にどんな答えを望んでいるのでしょう。以下の動画は、5歳から50...
誰にでも上手に立ち回ることから、八方美人と呼ばれる人がいますが、同じ八方美人と呼ばれる人の中にも、いい面だけでなく短所として捉えられている人もいます。人か...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
とびっきりの美人ほど彼氏いない歴が長かったりすることってありますよね。「なぜ彼女たちに彼氏がいないんだろう?」と不思議に思ったことは数知れず。気になるその...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...
「子どもにおっぱいをあげるって、普通なことなんです」。そう語るのはフォトグラファーのIvette Ivensさん。彼女が撮影したのは、女性の授乳シーン。一...
『Shape Magzine』のエディターでモデルとしても活躍するNora Tobin氏は、ブリッジだけで姿勢を整え、くびれと美尻を手に入れたんだそう。ハ...
米ボストンで仕掛けられた、超がつくほど単純なドッキリ企画を紹介します。ターゲットは女性たち。ポイントは彼ら誰一人、嫌な気持ちにならなかったという点。芝生の...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...