いますぐ仕事を辞めるべき、13のサイン

仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。

そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき」なのかもしれません。あなたはもっと、やりがいを感じられる仕事に時間を費やすべき人間です。

一週間のうち約70%は、職場でパソコンと向かい合い、仕事をこなしているのです。仕事ひとつで人生が変わる、と言っても過言ではありません。今回は「Inc.」のライター、Jeff Haden氏が、仕事を辞めるべき13のサインをまとめています。あなたはいくつ当てはまる?

01.
上司が部下の
面倒をみない

Medium 5cc8ca26db2d384243c07a908c9687c967c51ce5

部下が困っていることに気付けてこそ、いい上司です。しかし、中には上の意見に気をとられていて、部下の面倒をしっかり見ることができていない上司もいます。自分のキャリアばかりを気にしている上司のために働く毎日ほど、もったいないものはありません。

02.
やりたいことより
やりたくないことのほうが多い

常に新しい発見があってこそ、仕事は楽しく感じられるもの。だけどその仕事がつらいだけならば、あなたには合っていないのかも。したくないことをどう避けられるかと常に考えているくらいなら、仕事を変えたほうが良いでしょう。

03.
意見が通らない
または無視される

Medium fa78cf5bdbc5e6c7ce050db261d3c8de1f523068

一人ひとりが意見を出し合い、それぞれが違う角度から意見を言ってこそ、会社は成長します。なのに上司があなたの意見を笑いのネタにしたり、無視されるのは、ただただ悔しいこと。やる気をなくしてしまうのも、無理はありません。仕事のことを「どうでもいい」と思ってしまったら、おしまいです。

04.
自分から率先して
動きたいと思わない

求められていないところにも顔を出してみることで、新しいスキルを学べたり、新しい人間関係を育めたりするもの。自分に負荷をかけず、与えられたタスクだけをこなしているならば、今の仕事は刺激的ではないのかもしれません。

05.
みんなの前で怒られる

Medium 970555928a5844511b888b0ce91331386b970b5b

叱られることは、自分を成長させてくれる、ありがたい行為。言われて初めて気付くこともたくさんあります。でも、できればみんなの前でなく、個人的に言って欲しいものですよね。公の場で怒鳴られるのは、誰だって気持ち良くないものです。

06.
感謝の言葉が一切ない

少しでも仕事に貢献をし、それを周りが見てくれているのなら、「ありがとう」のひと言はあるはず。お互いに感謝の気持ちを伝え合えてこそ、明日も頑張ろう、と思えるのです。

07.
これといった目標がない

Medium 10fb75bd8ae206827ae12e93a6b8699006327b05

誰もが「何かをやり遂げたい」という気持ちを、心の奥底に秘めています。自分がしていることが、誰かの人生に良い影響を与えているのであれば、この上ない話ですよね。

でも、帰宅するたび、何も成し遂げていないように感じるのならば、もうその仕事は辞めどきかもしれません。

08.
ロボットのような気分で
働いている

もちろん生活をしていかなければならないので、稼ぎに出るのは大事なこと。でも、お金のためだけに働いているのは楽しいですか?

職場は、7日間のうち5日間を過ごす場所。どうせなら、尊敬できる人間に囲まれて仕事がしたいですよね。もし上司が相談に乗ってくれず、ただあなたにタスクを与えるだけならば、自分のことをロボットのように感じてしまっても仕方がないことです。

09.
仕事が楽しみな日が
1日たりともない

Medium 9536c9e3a204c4f69d293df9a7f18c0fca44be62

どんなお仕事だって、つらい時があります。しかし同じくらい楽しい瞬間や、自分を試せる挑戦の場もあるものです。

「今日は◯◯ができるから楽しみだな」と思える日が1日もないのであれば、転職を検討するべきでしょう。

10.
希望の兆しが
見えない

仕事とは、毎日の成果が次のステップに繋がるからこそ面白いのです。「昇格が待っているかもしれない」「新しいスキルが身につくかもしれない」。わずかでも昨日と今日に違いがあることが、仕事の醍醐味なのです。

いい上司とは、会社がどうやったら前進できるかを常に考えてます。そしてもちろん、会社を前進させるために、部下を育てることも重要視しています。たとえ部下が会社を離れることになったとしても、サポートしてくれる人こそが、立派な上司。周りにこのような人がいなければ、他を当たる必要あり。

11. 
「将来一緒に働きたい」と
思える人がいない

Medium 0da8b917808dbc12120ba6374280ecf30250e96c

会社の同僚同士で会社を立ち上げることって、実際によくあるお話。もしあなたが自分の会社を持ちたいと思っているのであれば、将来の同僚、そしていずれは自分の会社の共同創始者となる人を探しに、大きな会社に入ってみるのもありかも。

夢を一緒に追いかけられる人と出会う環境は、自分で作っていかないと。

12. 
他に選択肢がないと
信じ込んでしまっている

これこそ、今すぐに仕事を辞める理由です。

「今の会社と同じくらい、条件の良い会社はないだろう」「もうすでにここまで貢献してきたし…」

このような考えが頭をよぎったら、もう一度考えて直してみてください。やろうと思えば、なんだって出来るんです。もちろん、新しいことを始めてすぐに達成感を感じるのは、難しいかもしれません。

13. 
いくら成果を出しても
給料が変わらないことに
ウンザリ

Medium 9770a31614e0deeb3a5a568a79211771343c5d2c

どれだけ努力をしても、口座に振り込まれる給料は毎月一緒。たとえば努力の量によって、毎月もらう額が変わるとしたらどうでしょう?

たとえばビジネスを始めると、自分のやる気、クリエティブ精神、そして忍耐強さが必ずお給料に結びつきます。

もちろん、お金がすべてではありません。だけど、自分が努力を注いだ分だけお給料が返って来る仕事をしたほうが、毎日が楽しくなるはず。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
優秀な人材が去ってしまうことは、企業にとっては痛手。そうなる前に、マネージャーは彼らの考えをしっかりと理解する必要があります。そこで役立つのが「Talen...
2016年こそは転職するぞ!と決意して、転職活動にいそしんでいる人。もしくは、今の仕事を辞めてから転職活動をしようとしている人。どちらの場合でも、今の仕事...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
「高飛車な女性」と聞くと、お高くとまってる、とか調子乗ってるとか、ネガティブなイメージを浮かべがち。でも米ライターAshley Fernさんによると、そう...
「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
本日10月5日は、スティーブ・ジョブズ5回目の命日。いま思い出しても、その一挙一動に、どれだけの人が夢中になったことでしょう。優秀なセールスマンであり、素...
仕事も人間関係も順調なのに、何だか気分が上がらない。そんなときは、面倒くさいと思っても自分をハッピーな気持ちにしてくれる人やコトを、いま一度振り返ってみま...
毎日の生活のなかで、明確な理由はないのにストレスを感じてしまうことがありますか?自分では常識だと思い込んでいることが案外、気持ちや行動の自由を奪い、疲弊す...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。「誰の味方であるべきか」「何を重...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
いつの時代も、ストレスと感じる一番の原因は“仕事”ですよね。任されている案件がうまくいかない、嫌な上司や人間関係、そして通勤中の混雑した電車など、仕事と関...