「小さなアヒルを吹き出す」。言われたらびっくりする、世界のことわざ

「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言い回しだからこそ、ほかの国の人が聞いたら、その内容は意味が分からないわけです。

エラ・フランシス・サンダースさんの著書『誰も知らない世界のことわざ』から、その国らしさが伝わる動物のことわざや言い回しをご紹介します。どれも、思わず使ってみたくなるものばかりですよ。

01.
「ロバにスポンジケーキ」
(ポルトガル語)

Medium 5c6e21225f1b45328c383e089ab90ab3cb6a8c19

英語の「To cast pearls before swine.(豚に真珠)」と同じ意味で、「そのものの価値や本来の扱い方をわかってない人、それを得るに値しない人に何かを与えることの無意味さ」を表しています。ロバには、スポンジケーキのふわふわとした食感や、中に挟まれたジャムの香りが分からない。つまり、スポンジケーキの美味しさはロバには分からないのです。

02.
「ブタの背中にのっている」
(アイルランド語)

文字通り読んでしまうと、これは一体、どういうことを言っているのか分からないかと思われますが、「幸せで、人生に成功している」という意味で使われます。アイルランド語にブタに関する表現がたくさんあるのは、何世紀もの間、農業をしながら、ブタと共に暮らしてきたからです。ブタの背中にのることは、ゆったりとしていて、すべてが順調で、豊かに暮らしている、そんなイメージを抱かせてくれます。

03.
「オオカミの口の中へ!」
(イタリア語)

相手の背中を、心をこめて軽くたたき、舞台のまばゆい光の中に送り出すときなどに使われるこの表現は、英語の「Break a leg.(足を折れ)」つまり、「Good luck!(がんばれ!)」のイタリア語版です。もし誰かが、こんなふうにイタリア式であなたの幸運を祈ってくれたら、イタリア語の「Crepi lupo!(くたばれ、オオカミ!)」または「Crepi!(くたばれ!)」で返してあげましょう。

04.
「小さなアヒルを吹き出す。」
(ラトビア語)

Medium 60285b37359d4c18a345aa9e8bdd0cff1efdc2ad

これは「くだらないことをペラペラと話している」もしくは「嘘をついている」という意味。ラトビアの人に「小さなアヒルを吹き出しているね」と言われたら、あなたが真実を語っていないことをわかっているよ、と言われていることになります。

05.
「わあ!馬が妊娠している!」
(フィリピン語)

フィリピン人が何かまったく思いがけないことが起きておどろいたときに「なにこれ!?」という意味で使う間投詞です。たとえば、つま先をぶつけるとか、やけどするほど熱いか凍るほど冷たいシャワーの水に当たるとか、想像もできないニュースを聞いたときなどに使われます。

06.
「さて、羊に戻るとしようか。」
(フランス語)

何もかもがシックな、チーズとワインの国でうまれたこの言い回しは、おしゃべりの最中、自分の話題がひどく脱線し、それに気づいて本題に戻ろうとするときに使われます。この言い回しの起源は15世紀のフランス喜劇『The Farce of Master Pierre Pathelin(パトラン氏の冗談)』にあるとか。会話の荒野に踏みこんでしまい、戻り道を探している。そんなときに言うのです。

ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のよ...
世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね...
「昨日飛行機に乗ったら、同じ便にアヒルが座っていたんだ」なんてツイートをしても誰にも信じてもらえなさそうですが、じつはこれ、ウソのような本当の話。マーク・...
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
世界のさまざまな言語には、日本語と同じように「比喩」が存在しています。それぞれの国で独自の表現をするため、よその国の人が聞くと「ナニソレ?」となるのは当然...
時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
世界に通用する真のビジネスマンを目指しかつ若者のグローバル志向の底上げをミッションに「サムライバックパッカープロジェクト」を掲げ、世界中を渡り歩いた太田英...
死んだあとってどうなるの?と聞かれるといくつか思い浮かぶイメージはありますよね。たとえば、天国とか地獄とか。しかし、ここで紹介するRamin Nazerさ...
この装置が世界を救うかもしれない現在でも世界で毎年3,000人以上の人々が地雷の犠牲になっている――みなさんはこの事実をご存知だろうか?この数は1990年...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
置き物としての見た目だけでも癒され度MAX!ふわふわのアヒルをタオルで作ってみませんか?2羽向かい合わせて置いても可愛いんです。ちなみに、ハンドタオルを使...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
1日の始まりにコーヒーが欠かせない人も、仕事のブレイクタイムにコーヒースタンドで淹れたての香りを楽しむ人も。その1杯をより味わい深いものにするヒントは、豆...
アメリカのウィスコンシン州、ハドソン在住のトッド・ボルさんが考えた、ある素敵なアイデアが話題を呼んでいます。2009年に彼は、近隣住民と子どもたちのため、...
世界を変えられるとしたら…こんな質問に下は5歳、上は105歳までの男女が、「if」の世界を言葉にしている。意外にも、ほぼ全員が“誰かのため”に世界を変えた...
松嶋 啓介 シェフ20歳で渡仏。25歳の誕生日にニースに自身の店「Restaurant Kei's Passion」(現「KEISUKE MATSUSHI...
イギリスの医療センター「HB Health of Knightsbridge」でにおっぱいに関する10のトリビアが、インフォグラフィックでまとめられていま...