翻訳すると、摩訶不思議。世界の予想外なことわざ。

ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のようなことわざも、文字通り読んでみると、なかなか面白い言葉です。国によって、独自のことわざがあるように、それぞれの表現からは、まったく新しい視点が感じられます。

そんな、海外のことわざや言い回しが一冊になった、エラ・フランシス・サンダースさんの著書『誰も知らない世界のことわざ』。その中から、予想外の意味をもつことわざや言い回しをご紹介します。

01.
「誰かをその人のスイカからひっぱり出す。」
(ルーマニア語)

Medium 1d4e7f2b1fffeb3e4d0f5f020215c795b0488c5e

世界のことわざには、直訳するとおかしな意味になるものがほとんどですが、なかでも、ルーマニア語は、桁外れの面白さ。こちらは、誰かを「怒らせて、狂ったようにさせる」という意味の言い回し。驚いたとき、ルーマニア人は「顔が落っこちます」し、嘘をついたときは「ドーナツを売っている」。ほっと、ひと息つくときは「魂をひっぱっている」。こんなふうに、面白い言葉たちが、いくらでも続いていくのです。

02.
「エビサンドにのってすべっていく。」
(スウェーデン語)

エビサンドにのってなめらかにすべっていく人は、これまでの人生を楽しく快適に過ごしていて、今の境遇を得るために懸命に働く必要のなかった人です。この言い回しには、裕福であることに対して、皮肉な意味合いを含んでいます。

03.
「ある日はハチミツ、ある日はタマネギ」
(アラビア語)

You win some,you lose some.(勝つときもあれば、負けるときもある)ということわざを知っていますか?このことわざをアラビア語版は、ハチミツとタマネギでたとえたもの。あるときはとてもうまくいき、またあるときは悪いほうへいく。おそらく幸せは、その2つの間にあるのです。だから、ある日がもしタマネギのように辛い一日であったとしても、だいじょうぶ。

04.
「私の頭にアイロンをかけないで」
(アルメニア語)

Medium 62d4edd1f72118508bbb950411414fa352f4348b

「イライラさせないで!」という意味。誰かが、イライラするような質問をやめないときや、あなたの気持ちを逆なでしようとしているときに、冗談っぽく使います。目をギラつかせて、からかうような視線を投げかけてくる人には気をつけましょう。そんな人は決まって、頭が痛くなるような理屈をふりかざし、あなたの頭にアイロンをかけてきます。

05.
「神の祝福がありますように。
そしてあなたの口ひげが
ふさふさの柴のようにのびますように。」
(モンゴル語)

これは誰かがくしゃみをしたときの、ていねいで紳士的な祈りの言葉。外国では、誰かがくしゃみをするとまわりの人が「祝福を!」と言ってあげる国があります。英語ではBless you!、ドイツ語ではGesundheit!が決まり文句。しかし、モンゴルではそれでは短すぎる!というわけで、「くしゃみをした人の口ひげがよくのびるように」という心からの願いをつけ加えたとか。

06.
「あなたのレバーをいただきます。」
(ペルシア語)

Medium fa6d1c53eb279a6ab0dca110fffee185a3fe4e43

ちょっと怖いことばに聞こえますが、実は深い愛着と愛情とを表現する言い回し。家族やごく親しい友人など、愛し合っている人たち同士の間で使われ、「あなたのためなら、何でもする」「心から愛している」、もしくは「食べてしまいたいくらい、あなたを愛している」という意味なのです。

07.
「郵便配達員のくつ下のように
飲み込まれる。」
(コロンビア・スペイン語)

この表現は信じられないかもしれませんが「猛烈に愛している」という意味。考えてみましょう。郵便配達員は、毎日長い距離を歩きます。あちこち歩き回る間にくつ下はもたつき、くしゃくしゃになってブーツの中に飲み込まれてしまいます。そんなふうに、愛情におぼれ、支配され、飲みこまれていってしまう。そんな感じを表しているのでしょう。たぶん。

「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だったそう。「En L'An 2000」は1899年の作品。日本で言えば明治時代の始めです。...
世界に通用する真のビジネスマンを目指しかつ若者のグローバル志向の底上げをミッションに「サムライバックパッカープロジェクト」を掲げ、世界中を渡り歩いた太田英...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
世界のさまざまな言語には、日本語と同じように「比喩」が存在しています。それぞれの国で独自の表現をするため、よその国の人が聞くと「ナニソレ?」となるのは当然...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
世界で最もメジャーなネット通話サービスそこに実装された驚くべき機能とは⁉︎ネットで通話できる世界で最もメジャーなサービス。それは「Skype」なのではない...
 かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェア...
世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...
この装置が世界を救うかもしれない現在でも世界で毎年3,000人以上の人々が地雷の犠牲になっている――みなさんはこの事実をご存知だろうか?この数は1990年...
松嶋 啓介 シェフ20歳で渡仏。25歳の誕生日にニースに自身の店「Restaurant Kei's Passion」(現「KEISUKE MATSUSHI...
はじめはシンプルなきっかけだったそうです。ポーランドに住むMateusz Machは、ヒップホップが大好きな17歳。「友達同士のふざけたメッセージのやりと...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
イギリスの医療センター「HB Health of Knightsbridge」でにおっぱいに関する10のトリビアが、インフォグラフィックでまとめられていま...
死んだあとってどうなるの?と聞かれるといくつか思い浮かぶイメージはありますよね。たとえば、天国とか地獄とか。しかし、ここで紹介するRamin Nazerさ...