小さくてかわいい、わたしだけの不思議な図書館。

街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるようになりました。

はじまりは2009年に実施された「電話ボックスを利用しよう」というプロジェクト。携帯電話の普及によって撤去されるはずだった電話ボックスを、わずか1ポンド(200円前後)で地域に提供したことから、小さな図書館は生まれました。

貸出ルールは、いたって簡単。本棚から借りたら返して、本の寄付も任意。返却が遅れても罰金はなし、とかなりアバウト。置かれている本はその地域ならでは。国や場所によって、利用しやすいようにルールが工夫されていることも。

今では世界に広がるこの小さな図書館。そのいくつかをアレックス・ジョンソンさんの著書『世界の不思議な図書館』からご紹介します。

01.
街の電話ブースを本棚代わりに

Medium 02efdc097cb4eba35ac5922d4f8de5b7ea4a2184

「公衆電話に興味があるんだ。時代遅れでありふれているのがいい」とアーティストのジョン・ロック。彼は、人々が行き交う場所で、現在も使われている電話ブースを本棚の代わりにし、本を設置している。ニューヨーク市内の電話ブースをミニ図書館として再利用することが、彼の「都市改善活動」なのだ。

02.
自由に本を交換できる、小さな小屋

Medium 8081274eb652ce67ea05e2d6d48728159ed3359f

透明の小さな小屋を吊り下げた、ディディエ・ミュラーの「都会の本屋」。中に入っている本を手にとって、「読んでみたい」と思ったら、代わりの本を寄付すれば自由に持ち帰ることができる。

03.
たった一人しか入れない、特別な図書館

Medium a4b3f0dc018a3fa9bcb6141e69ebb615add9bd6b

ポルトガル人アーティストのマルタ・ウェンゴロヴィウスによる巡回図書館プロジェクト「One,Two,Many」は小屋のような形の小さな図書館。蔵書は60冊。一度にひとりしか入れない。設計したのは建築家フランシスコ・アイレス・マテウス。この図書館は毎年別の場所に移動させていくつもりだ。

04.
鏡の国のアリス

Medium a7907e5897c345cd7cbbbd16e0f42fd2599b84ad

ニューヨーク市内を移動するミラー・ライブラリー。ユニオン・スクエア、ウォール・ストリートの道路標識、セントラルパークの木など。あらゆる場所に「出没」する。

たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
アメリカのウィスコンシン州、ハドソン在住のトッド・ボルさんが考えた、ある素敵なアイデアが話題を呼んでいます。2009年に彼は、近隣住民と子どもたちのため、...
アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
どれだけ多くの本を読んで得た知識よりも、たった一人から体験談を聞くことの方が新鮮で刺激的で、インプットが大きかった。そんな経験をしたことはありませんか?こ...
突然ですが、少しだけ小学校時代を思い出してみてください。時期は夏休み終盤。ニ学期の開始まで、残り一週間を切っています。ほとんどの人は依然として宿題が残って...
電子書籍を利用している市民にとっては、嬉しいニュース。会員カードさえ持っていれば、誰でも書籍データをダウンロードして自由に読めるようになったそうです。もち...
あなたの周りに「不思議ちゃん」と呼ばれる女性はいますか? 普通の人とはちょっと違う、変わった言動や行動を繰り返す不思議ちゃん。「天然」などと呼ばれることも...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
声が小さいことで損をしたり、コンプレックスに感じている人は多いことでしょう。声が小さいことには大きく分けて身体的な要因と、精神的な要因とがあります。声が小...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
公共福祉のための寄付や、チャリティーの精神が浸透しているアメリカで、新たにこんなすてきなコミュニティサービスがスタートしました。もちろん、すべてが市民レベ...
ベルリンに、長蛇の列をつくっているお騒がせな“ハコ”があるとか。ただし、一度に入れるのはほんの数人だけ。え!一体どんなノリなの?その名も「teledisc...
図書館や古本屋さんに入ると、独特の匂いが漂っていますよね。新書の状態から、あのノスタルジーをそそる匂いになるまで、一体どのように変化しているのでしょうか。...
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
あの日、あの時、あの場所で…。そんな記憶を思い返すとき、ふわっと香る「匂い」も蘇ってきませんか?そんな「匂い」を保存する研究をしている人がいるんです。それ...