こんなところにもあるなんて驚き!世界の不思議な図書館を集めました。

ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使うべき場所にあるライブラリーたちは、もはや図書館と呼べるのかさえ分かりません。

しかし、ここで紹介するものは、すべてれっきとした図書館。中には公立図書館の分館として機能しているものもあるほど。

思いがけない環境に図書館を設置するのは、実は、その本質を改めて世に示すというアーティストたちの試み。アレックス・ジョンソンさんの著書『世界の不思議な図書館』から、そのいくつかを見てみましょう。

01.
塀の向こう側にある本

4eea2a66adf38cb733d0283d191c7ea4673b8ce7

キューバの米軍基地内にあるグアンタナモ湾収容キャンプの収容者用図書館。ハリー・ポッターのシリーズ、アガサ・クリスティーのミステリー、『指輪物語』と、人気作品がそろっているこの図書館は、おそらく世界で最も警備が厳重。返却された本はメッセージが書き込まれていないか丹念にチェックされる。蔵書2万冊のほとんどがアラビア語か英語の本。収容者は図書館に入ることができないので、あらかじめ読みたい本を申し出るか、司書が監房へ週1回運んでくる中から選ぶ。

02.
浴場での読書

63fb69d50e64c8e4f7105456de80dff1c8acf170

16世紀に建てられたオスマントルコの浴場の廃墟にある木造の臨時図書館。これはブルガリアのプロヴディフ市の現代芸術・建築センターの展示品のひとつとして、建築会社スタジオ8 1/2が制作したもの。図書館には書架とビデオ資料の閲覧用端末が。床はゆるやかな傾斜で心地よいクッションも用意されている。

03.
本のトロリーバス

A82c60a38fe923ba3b2e039b5a7246e067a84bd3

ブルガリアのプロヴディフでトロリーバス図書館を開くウラジスラフ・コスタディノフさん。「このプロジェクトは小さな街に新たな命を吹き込むものなんだ。近くに文化センターとかがなくて文化的ギャップが生じても、それをこの図書館が埋めてくれる」と彼は言う。トロリーバスの雰囲気を残し、座席や手すり、停車合図用のボタンもそのまま。服のハンガーを本棚の代わりにするなど、変わった見せ方をしている。

04.
ボンダイ・ブックシェルフ

B35aba781f278a3b05ce73f244337e4ad9027aba

2010年、家具メーカーのイケアは定番の本棚「ビリー」の発売30周年を記念して、シドニー近くのボンダイ・ビーチに世界最長の屋外本棚を設置。並べられた本は6,000冊で、自分の本と交換するか、またはオーストラリア読み書き計算能力基金に少額の寄付をすれば利用できる。ただし、この催しは1日限りのものだった。

街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるように...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
アメリカのウィスコンシン州、ハドソン在住のトッド・ボルさんが考えた、ある素敵なアイデアが話題を呼んでいます。2009年に彼は、近隣住民と子どもたちのため、...
アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...
どれだけ多くの本を読んで得た知識よりも、たった一人から体験談を聞くことの方が新鮮で刺激的で、インプットが大きかった。そんな経験をしたことはありませんか?こ...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
オルタナティブ・ファクト(もうひとつの真実)なんて言葉も登場する昨今。いろんなことを簡単に知ることができる一方、事実を知ることも難しくなってきているのかも...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
電子書籍を利用している市民にとっては、嬉しいニュース。会員カードさえ持っていれば、誰でも書籍データをダウンロードして自由に読めるようになったそうです。もち...
突然ですが、少しだけ小学校時代を思い出してみてください。時期は夏休み終盤。ニ学期の開始まで、残り一週間を切っています。ほとんどの人は依然として宿題が残って...
まだ10歳のとき、初めて目にした「iMac G5」に一目惚れした少年。おもちゃのミニバイクと家の除雪機とで、物々交換して手に入れた人生初のパソコン。それか...
私たちの住んでいる所と、すごく似てはいるけどなんだか違う。もしも、こんなことがリアルにあったら、誰だって、おおっと驚いちゃうと思うんです。そんなの起こるわ...
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
あなたの周りに「不思議ちゃん」と呼ばれる女性はいますか? 普通の人とはちょっと違う、変わった言動や行動を繰り返す不思議ちゃん。「天然」などと呼ばれることも...
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね...