運命の人に出会わなければ分からなかった、恋愛について大切な4つのこと

素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運命の人に出会ったからこそわかることがあるそうです。

Elite Daily」のライターJulia Feeserさんは、そんな素敵な男性に出会ってしまったひとり。自身の体験をもとに、運命の人に出会って学んだ4つのことを綴っています。

01.
誰かと添い遂げることの
素晴らしさを知る

Medium 4e8504b3cc87e000ace6fbe9f5f0c07275ee0331

私がフィアンセに出会う前は、誰かとずっと一緒にいるなんてこと、考えられなかったわ。他の人がどうしてそんなことができるのか、想像もつかなかった。人間は、誰だって欠点だらけなもの。なのに、人生を添い遂げることができるなんて、不思議でたまらなかった。

でも今の恋人と真剣なお付き合いになったとき、どうして人は他の人と生きていくのか、ようやくその意味がわかった。本当に自分と魂が響き合う人と出会ったら、これからの人生がどんな風になるか、そのイメージが目の前に広がるの。

お互いのことをもっと知って、人生を共に歩んでいくことでしか得られないことって、確かにあるものなの。

02.
相手の姿は
自分の心を映す鏡

Medium 171fd783f14469053e3ca7f91ea14400f4b4de1c

自分のホントの心の内って、他人にはそんなに見せないものよね。でも運命の人に出会ったら、隠し事なんてできないくらい、長い時間を一緒に過ごすことになる。だからこれまで自分では普通だと思っていたことが、人とは違うんだってわかるようになるの。運命の人は、まるで鏡みたいに、自分の姿を映し出してくれる。

たとえば、私はすごくよく泣く。泣くだけじゃなくて、物事をネガティブに捉えてしまう癖がある。みんなそうなんだって思っていたけど、どうやらそうじゃないみたい。

これって、あんまりいい性格とは言えないわよね。だからそれがわかってからは、できるだけ前向きに考えるようにしているわ。

03.
60年間連れ添うためには
一年一年、相手を知っていく

Medium 964b3ef1961c09fd727c55baa2c13cedaa5fcc5d

たとえば60年仲睦まじく連れ添った夫婦だって、最初からそうなるってわかっていたわけじゃないと思うの。ただ、お互いにいい関係でいるために一年一年最善を尽くして、相手のことをもっと知ろうと努力していった結果、そこに辿り着いたはず。

運命の人と出会ったからって、それはゴールじゃない。むしろスタートなの。5年経っても、10年経っても、もしかしたら30年経っても、まだまだ新しい発見がある。

長い年月をかけてお互いのことを知っていくことが、二人の絆を深めるためには必要なのよ。

04.
もっと素敵な人になれるよう
努力したいと思える

Medium 8e1333cd1b2b66e12377bd056c76733f23aebf7e

ひとときのお付き合いならいいけれど、ずっと一緒にいようと思うなら、ひどい態度を取ったりしちゃダメ。そんなことをしていたら、相手はどんどん消耗していって、最後は耐えられなくなってお別れ、ということになってしまう。

私の場合は、すぐ感情的になってしまうのが問題だった。悲しくなったら泣きわめくし、腹が立ったら怒鳴り散らすし、もちろん嬉しいときは飛び跳ねて喜ぶけれど、それを差し引いてもあまりいい態度とは言えなかったわ。

今のパートナーと出会ってからは、感情的になりそうなとき、ひと呼吸おいてちゃんと考えるようになったの。自分勝手に感情に任せるより、相手のことが大切になる。運命の人と出会うって、そういうことよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
あなたは、運命の相手を信じますか?「Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介した...
人は一生のうちにどれだけ「運命の人」との出会いがあるのでしょうか。「毎回そう思う!」なんていう人もいるかもしれませんが、本当のところ、寝ても覚めても確かな...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
理想のタイプは、得てして外見や年収、性格などで語られることが多いようです。しかし、「Elite Daily」の恋愛コラムニストであるPaul Hudson...
運命の相手なんているわけない。そんな風に恋愛に臆病になってるあなたも、もしかしたらすでにソウルメイトに出会っているのかもしれません。海外メディア「High...
素敵な誰かに出会い、些細なことでフィーリングが合う。そんな時、相手を「運命の人だ!」と考えたことはありませんか?でも、「Elite Daily」の人気ライ...
いま、あなたは彼に夢中。それでも、「本当に運命の人なのかな?」と少しだけ疑問に思ったりはしませんか?5年後、10年後、さらには生涯を通して付き合える──。...
「結婚観」、それはお国柄が色濃く出る価値観の一つ。時代が変わり、結婚に対する自由な考え方が世界に広がりつつある今もなお、古くから残る結婚観が女性たちを苦し...
「2分に1組」が離婚をしている?厚生労働省の「人口動態調査」によると、平成23年度の離婚件数は約23万5千組。これを時間で表すと、およそ2分に1組が離婚を...
運命の相手って本当にいるのでしょうか?どういう時に、運命を感じるのでしょうか?「Elite Daily」で男性ライターが「今の相手が運命の相手か見極めるチ...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
ここで紹介するのは、「Elite Daily」で起業家兼ライターのPaul Hudson氏が書いた男性が絶対手放してはいけない女性、12の特徴。Faceb...