「内面の美しさ」を手に入れる10の秘訣

無垢なかわいさは魅力的ですが、得てして長続きはしないもの。対して、本当の美しさとは、幼虫がさなぎを経て蝶へと変わり、いつかは羽ばたいていくようなものです。

Elite Daily」のライターLauren Martinさんがおくる、真に美しい女性になるための10の心得をご紹介します。

01.
情熱を持つこと

Medium f5eb408fac10730d91aa4198952cf7ed95e741dc

情熱的な女性ほど、美しい人はいないわ。何かに熱中している人って、とっても輝いて見えるでしょう?これぞと思ったことに一生懸命に取り組んでいるときの目の輝きこそ、真の美しさよ。

02.
化粧をするのは
自分のため

化粧は女性の美しさを引き立たせるもの。でも、すべての女性が化粧をしなければいけないわけじゃないわ。ばっちりメイクをしていようとすっぴんだろうと、自分が美しいと感じる姿でいるべき。いつだって、自分らしくいましょう。

03.
脚光は求めない

真に美しい女性は、自ら脚光を求めなくても、自然と脚光を浴びてしまうもの。胸を張って凛としていれば、特別なことは何もしなくてOK。そのオーラが人を惹きつけるから。

04.
言葉づかいは上品に

言葉は人に大きな印象を与えるわ。どんな言葉を発するかによって、その人の考えや、どんな人たちと関わってきたかがわかるもの。美しく上品な言葉を使っていれば、少なくとも下品な人に見られることはないわ。

05.
ひとりでも平気

Medium 578c2e9de62b040a8fa9702925920d87593c27d8

男性を必要としていない自立した女性。この自立こそが真の美しさへの鍵よ。誰かに言ってもらわなくとも、自分がそうだと知っていること。その自信がさらなる美しさを心の奥から引き出すの。

06.
余計なことは話さない

ミステリアスな女性は、美しいものよ。わざわざ話さなくてもいいことをペラペラ話してしまうなんて、もっての他。口をつぐんでいれば、みんなあなたのことを少しずつ知ることになる。そして徐々に明らかになるその魅力に、虜になってしまうでしょう。

07.
思いやりに溢れている

美しさというのは、外見だけではありません。誰かのために尽くそうとする姿勢も美しいものよ。逆に、自分勝手に振舞う姿ほど醜いものはないわ。いつも人に優しくいることで、心の美しさも保てるでしょう。

08.
新しいことに物怖じしない

Medium 3d086e347a0fef4a98aac35d0a84a3ec28ab5454

同じところにとどまっていては、内面も外見も淀んでいってしまうわ。本当に美しい女性は、それをよく知っているはず。だから新しい考え方、新しい場所、新しい人に出会うために、いつもチャレンジしているの。

09.
自分の考えを持っている

顔色をうかがって、人に合わせてばかりじゃ美しさは手に入らないわ。心の底から輝くためには、しっかりと自分の考えを持っていることが大切。人の話に耳を傾け、自分の考えをちゃんと述べる人のそばに、人はいたいと思うものよ。

10.
オーラを身に纏っている

Medium b9cd26afce91ebd4c89c07401e386e4f1563fe2c

真の美しさとは、言葉だけではなかなか言い表せないわ。その人がそこにいるだけで、自然と発してしまうオーラのようなもの。だから自分の内面を磨くことが一番大切。あなたを本当に魅力的な人に見せてくれるのは、内側から滲み出る美しさからよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自...
「Elite Daily」の女性ライターZara Barrieさん。正直でストレートな内容が人気の彼女が今回執筆したのは、「セクシーな女性が抱える6つの悩...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
気品のある女性には、表面的な美しさだけでなく、内面からにじみ出るような「大人の魅力」がありますよね。そんな女性になるためには、どんな心がけや、努力の積み重...
NYに拠点を置くウェブメディア「YourTango」のライターLinda Perryさん。彼女の16歳になる娘は、物心ついたときからずっと「自分はブサイク...
「もっとキレイなりたい」というのは、女の子なら誰もが持っている欲望。でも、彼女たちが求めている美しさって、なんでしょう?そんな定義の難しさについて綴ってい...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
『Shape Magzine』のエディターでモデルとしても活躍するNora Tobin氏は、ブリッジだけで姿勢を整え、くびれと美尻を手に入れたんだそう。ハ...
オーストラリアのSofiaは、幼い頃からお古の人形に囲まれて育ちました。壊れては直し、を繰り返し、そのたびに手入れをしながら、ひとつひとつを大切にしてきた...
世の中の女子は男性にとって、どういう理想像を持っているのでしょうか?恋愛ドラマや映画ではそんな女子の願望が如実に表現されていることもありますが、実際はどう...
「永遠の妖精」と言われ世界中で愛されたオードリー・ヘップバーンは、世代を超えた美しさで今もなお多くの人々を惹きつけています。しかし、意外にも当時の彼女は大...
「マリリン・モンローは、決して相対性理論を説いたわけじゃない。でも、そのコトバは心に響くものばかり」。「YourTango」のライターRebecca Ja...
女性は常に美しくありたいと思うもの。とはいえ、「忙しくて、美に費やす暇がない」と思う人も多いのではないでしょうか。実は「美」は特別なことをして手に入れるも...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
日本海に面した山口県長門市、ここに地元の人たちから“パワースポット”として愛されてきた、元乃隅稲成(もとのすみいなり)神社があります。県外の人には馴染みの...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...