独立するとき「シビアに向き合うべき5つのこと」

「独立したい」「起業したい」「フリーになりたい」。ビジョンがどれだけ明確かどうかは別として、今、密かにそう考えている人もいますよね?志は大いに、大きく持ちましょう。それは大きければ大きいほどいいはずです。

と、同時に足元をしっかり見据えることが必要なんです。そこから目をそらしては絶対にいけないんです。独立を考えているなら、いずれ直面するコト。それと今のうちにとことん向き合っておくのは、悪いことではないはず。始動を早くするためにも。

たまには、こういう記事でシビアな視点があってもいいですよね。ふんわりした夢物語だけでは、ビジネスを回していくことはできないのですから。

01.
その独立に、「WILL」はある?

Medium 1c6f0b80b6ceb60750de9e16a3446f4fb48b356d

独立において大切なのは、SKILLよりもWILL、つまり「意志」。あなたが頭に思い描いている独立は、「なんのために」という目的と意志が明確ですか?

好きなことのため、子どものため、旦那さんを支えるため、両親のため、解決するべき社会課題のため…「なんのため」は、人それぞれ様々なケースがあります。目的が明確であればあるほど、その目的を完遂する意志が強ければ強いほど、自分の能力を最大化して何でもできるようになるんです。目の前の嫌なことだって、大きな目的のためだったら乗り越えられます。

02.
「何でマネタイズするか」から
逃げてない?

Medium a5350c4f9a19d9d83a1763e56a835e5b1ccb2de1

次に向き合うべきはビジネスモデルでしょう。どんなに美しい目的意識があったとしても、どんなに目新しく面白そうな商売でも、利益を出し続けられるビジネスモデルでなければ意味がないからです。ここの見積もりが甘いうちは、中途半端にスタートするべきでないと言えます。

独立に際して金銭的なサポートを受けられる人もいるでしょう。だとしても、マネタイズの方法を突き詰める作業をおろそかにしてはなりません。「失敗しても、夫がいるから…」と思わないほうがいいし、知人に対してもそのような言葉は絶対にかけるべきではないのです。その油断が、ビジネスを頓挫させるから。

03.
「攻めるため」の蓄えは充分?

Medium ceba1fd65e7988178b9a9ccbdd209d239de1449d

自分が煮詰めた収益モデルが本当にワークするのか、それは実際にビジネスを始めてみるまで誰にもわかりません(そこが商売の面白さだと思いますが)。立ち上げ当初は、そのビジネスがどう転んでも生活できるように、先立つものが必要です。

それだけではありません。せっかく強い意志で何かを始めるのだから、そこで思い切ったことを試すための「投資金」も必要。たとえ失敗してそれがすべて消えてもいい、そう思えるお金を蓄えておきたいところです。

ただし、失敗した時には全力で振り返る事。なぜうまくいかなかったのか、そこから目をそらしては絶対に進歩はありません。

04.
「誰か一人」じゃなくて
多くの人を幸せにできる?

Medium c1a2cb752b8505d38ddefa54bb1c7c1dbad92fef

ビジネスには様々な規模があります。「別に顧客を何万人も抱えて儲けようというわけじゃない、自分にとって大切な人を幸せにするための仕事なんだ」という人もいることでしょう。

しかし、もし、あなたの考えたビジネスモデルで目の前の一人を幸せにすることができたとしたら、次にそれをスケールさせてより多くの人を幸せにできるかどうかを考えてみてください。結局、スケールできないビジネスは首が回らなくなり、自分自身さえ幸せになれない可能性があるからです。

05.
それは「社会課題」を
解決できる?

Medium 5dc2b976372132bd8e8da4f6dd60f0b882a997c3

この項目は、「マスト」ではないかもしれません。でも、本当にそのビジネスをスケールさせて成功したいのであれば、外せない視点、これからの新しいビジネスのキーワードと言えます。

なぜなら社会課題は、大企業も行政も手をつけにくい、逆に言うとフットワークの軽い個人だからこそ、行き届いたサービスを生み出せる分野だからです。

育児、保育、雇用、環境問題…見渡せば、解決するべき課題はいたるところに。そこに目配りが利く人、いわゆる「社会起業家」と呼ばれる人たちは、今とても輝いています。

お手本は
「一人合宿でWILLを見出した女性」

Medium 3cb732dec9a9e9ed52e072584a0fe6830e91c0c8

今年の9月に『WILL Lab』を立ち上げた小安美和さんは、もしかしたら最もシビアに上記の項目と向き合ってきた一人かもしれません。リクルートという大企業に籍を置き、「Iction!」という社会課題に取り組むプロジェクトで活動しながらも、一方で小安さんはひたすら自分の過去、現在、未来と向き合ってきたといいます。

それを最も象徴するエピソードが、「一人合宿」。自分が人生で何を成し遂げたいのか?墓標に何と刻まれたいのか?一人でホテルに篭って雑音をシャットアウトし、ひたすら自分自身に問いかけ続けたそうです。その結果、納得のいくビジョンをアウトプットし、30年先までマイルストーンを置きながら目指すべき自分像を明確にすることができたと小安さんは語ります。 

Medium 273a7f2b823ef110346c8ee182ccd36ff2a9a6f9

「言えば叶う」「大きな意志があればなんでもできる」

パワフルに語る小安さんの道はまだ途上。しかし彼女の目は、とことん自分と向き合ったという事実に裏付けられた、揺らぐことのない自信に満ち溢れていました。「一人合宿」、あなたもやってみる価値があるかもしれません。

小安美和

1995年、日本経済新聞社入社。2000年退社し、シンガポールへ。2005年に帰国し、リクルート入社。海外旅行サイト「エイビーロード」編集長、上海で結婚情報誌「ゼクシィ」担当。2013年、リクルートジョブズ執行役員就任。2015年、リクルートホールディングス「〜育児をしながら働きやすい世の中を、共に創る〜iction!プロジェクト」推進事務局長を経て、2016年3月リクルート退社。同6月、スイスビジネススクールIMD「女性のための戦略的リーダーシップ」修了。同9月1日、Will Lab設立。座右の銘は「Where there's a will, there's a way.(意志あるところに道は開ける。)」

ちなみに…

小安さんのインタビュー詳細は、パナソニックの「let's talk business women 〜自分らしく、しなやかに生きるために〜」でご覧になれます。豊富な経験から来る堅実さと、元来持つチャレンジ精神が生む大胆さが見事にミックスされた彼女の言葉は、読む人をぐいぐいと引き込み、貴重なヒントを与えてくれますよ。

小安さん以外にも興味深いエピソードを持った人がたくさん登場しているのでライフスタイルのヒントがほしい人はぜひチェックしてみてくださいね。

Medium cc2f291fbd54face27d7435858e3cf747c81c395
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
サーフショップの店員から、「TalentSmart」の共同創設者となったTravis Bradberry氏。華麗な転身を遂げた彼が教える「キャリアに関する...
キャリアアナリストであるダニエル・ピンクをご存じだろうか?TEDでの「やる気に関する驚きの科学」というスピーチでも話題になった人物だが、その経歴はとても興...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
国内外に5つの法人を抱える岩佐大輝氏。同時にそれだけの会社を回すことは不可能ではないかと考えてしまうが、複数の会社を運営することは、逆にプラスの効果を生み...
働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっている。ひと...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABOいつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だったことが、今では形骸化している...
場所を選ばずに自由に働くことのできる、ノマドワーキングスタイル。日本でも数年前から話題となっていますが、実践している人はまだまだ少なそうです。ここで紹介す...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
「今の仕事でもっと活躍したい」「なにか新しいことを始めたい」と思っているあなた。ここで紹介するのは私自身がさまざまな経験から学んだ、仕事で成功するために必...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...