身近な日常が、特別美しく見える。テリ・ワイフェンバックの写真を見に行こう。※10月20日〜

もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッツ・ギャラリーに展示される。

Medium 5390710de6cb848f658631ce1a01a9059425b294
©Terri Weifenbach
Medium 623e89990f4ea2b3cc5b55c73fdeb346d5819e10
©Terri Weifenbach
Medium 7b724b57b341ecb5aa33e12d6de8f929bec0b997
©Terri Weifenbach
Medium 61adbccb0f9223ae406cb69d2c2be1fc77e2a07b
©Terri Weifenbach

試しに他の作品もググってみて。主な被写体は草花や動物などの自然。しかも、そのへんの道や庭で見られる身近な動植物だ。何か突飛なモノや瞬間を撮影しているわけではないし、その多くはボケを使った写真。つまり、よくある風景をよくある撮り方で捉えている。なのに、ひとたび見れば魅了されてしまう。

彼女の作品は不思議だ。ノスタルジックでいて明るく、鮮明だけど優しい。じっと見つめれば見応えはあるし、ずっとみていても飽きない。部屋の隅っこにある姿が視界にほんの少し入り込むくらいでも心地いい。何の変哲もない風景の穏やかさや温かみが個性として際立っていて、身近な日常に特別な美しさを感じてしまう。作品を並べて見ると、その感覚がより強調されて見えてくるかもしれない。

ワイフェンバックは、米国人の女性写真家。興味のある人は作品集もチェックしてみよう。装丁が丁寧に作り込まれており、その多くがコレクターズアイテム化している。少々値が張るし、プレミアがついていてビックリすることもあるのだけど、どれも大切に持っていたいと思わせるようなものばかりだ。作品のポストカードをお気に入りの額に入れて置くだけでも場が華やぐ。この機会に一枚飾ってみてはどうだろう。

忙しい日常のなかでも、
自然を意識して欲しい。

さて、このたび開催される展示「As the Crows Flies」は、彼女と同世代で長年の友人である写真家ウィリアム・ウィリーとの発案で実現した二人展だ。忙しい現代生活の中、身の回りにある自然や動植物の存在に意識的に接して欲しいという思いがあり、そのきっかけを提示する。

ウィリーは彼女と同じく自然を愛する人物。ふたりの作風はカラーとモノクロで違うけれど、ともに撮影対象は植物や自然風景である。

Medium c120dfe888dfa10bda1f77591c754d8a8a40e4d6
©William Wylie
Medium 2887753fc58957ba4a03f8b4a1800db8f81c017c
©William Wylie
Medium 3c0a4563266f3a1d6339eda054328f474a3c62e0
©William Wylie
Medium 8fd5c317484c23f94cde48cb428adfe8073343f0
©William Wylie

そのほか詳しい情報はコチラから。

【開催概要】
■展示
「As the Crow Flies」
テリ・ワイフェンバック & ウィリアム・ウィリー
■会期
2016年10月20日(木)~ 12月17日(土)
■営業時間
13:00-18:00
■休廊
日・月曜日
■入場料
無料
■場所
ブリッツ・ギャラリー
〒153-0064 東京都目黒区下目黒6-20-29(Google Map

Licensed material used with permission by ブリッツ・ギャラリー
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
「FEEL KIYOMIZUDERA」というプロジェクトの存在を知っているだろうか?これは、あまり知られることのなかった清水寺の「今」を写真や映像で記録す...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
写真には「鉄則」ともいうべき、いくつかの構図のルールがあります。簡単にできる、とは言いませんが、少し意識するだけでプロのような写真に近づけるかもしれません...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
屋根のある場所まで急いで走ろうと歯を食いしばるかわりに、肩の力を抜いて辺りを見渡す。すると、こんな景色が見えてくるかも。写真は、ポーランドのフォトグラファ...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
キューバを訪れた人が口を揃えて言うのが、独特の「おおらかさ」だ。観光客が訪れようと気兼ねなく、気楽に自分たちの日常を楽しむ姿がある。そこには、社会主義国な...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
最近、キャットラバーの間で話題となっているインスタグラム(okirakuoki )があります。それは、猫写真家の沖昌之が、野良猫の貴重な瞬間をとらえたもの...