ADHDとは?がわかる、4分間の短編アニメが話題

ADHDは、気が散りやすかったり、じっとしていられなかったり、考える前に思わず行動してしまったりする「注意欠陥多動性障害」とも呼ばれる学習障害のひとつです。

しかし知能には問題がなく、その能力を自分の興味のある方向に向けることで、成功を収める人もいます。有名なところでは、スティーブ・ジョブズもADHDだったのではないか、と言われています。

親が悪い・本人が悪い
と誤解されがち

その原因はまだよくわかっていませんが、今のところこうした障害を持った人たちは、脳がバランスよく機能していないものと考えられています。近年は随分理解も広がってきましたが、いまだに本人が悪いとか、親の育て方が間違っている、などと誤った理解をしている人がいるのも現実です。

この短編アニメーションは、そんなADHDをもっと理解してもらうために、自身もADHDの傾向があるというスウェーデンの監督、Erik Rosenlundさんが自分の体験をもとに作りあげたもの。その特徴が、わかりやすく描かれています。

文章を読むのが大変

Medium b584fc59395b2df536c09ba52d849120419b0e17Medium 4279c224ad27b0d3bd78d37a75e27e3caeb37663

ADHDの人は、注意力を維持することが難しく、長い文章を読むのが苦手な傾向があります。どこを読んでいるのかわからなくなってしまったり、内容をまとめながら読むのが大変、という人が多いようです。

衝動的に
「なんでも」やってしまう

Medium ec9d9aad6ac7db0dd65ce5212e1e732c7e0e3838Medium 4a38f4e0cb840b05a48050eab13e09abec9a6117

何かを粘土で作っているのかと思いきや、食堂のカフェテリアの食べ物でした、なんてことも。ADHDの特徴のひとつに「衝動性」があります。こうしたい、と思ったことをそのまま実行してしまうのです。

学校の授業にも
集中できず...

Medium 76768ac09d8884db14dab402a6065cc1c549f44aMedium a1e6b34165c304798e8de59b4869253683da8abfMedium db50207c2e9ab3bc8dd31871220ed9cc4ca2beb4

授業に集中できず、ついパラパラマンガを描き始めてしまったり。なんとなく、Erik監督の子供時代が偲ばれますね。学習障害といっても、知能に問題はないのですが、気の散りやすさが影響して学校での成績はあまり良くないことも。

花に夢中になっていたら
バスが行っちゃった

Medium f653db7640e099684c49526c77a466d4fd26664bMedium c0ac56a430def2af0f30af8a85c757414f3f5a90

バスを待っている間に、花を見つけて花輪を作っていたら、ついつい夢中になってしまって、バスが行ってしまいました。「気が散りやすい」というのは欠点でもありますが、人が気がつかないようなことに気がつく、という意味では長所でもあるのです。

うまくいかないことばかり。
でも、本人だって苦しいんです

Medium 3c3bbb1ce9bd2244ce2e31a756ab5633894a1921Medium 32e1f1817fd9f73c3853be063f4c95a04394a3ec

雨が降ってきたからお父さんに電話。ところが急に電話が鳴ったため、水溜りの中にぼちゃり。何もかもうまくいかず、とうとう泣き出してしまいます。

Medium 19d390f1f395941cfbb935c435c2fd0b56354718

誤解されることの多いADHDですが、本人もとても苦しんでいるのです。うまく暮らしていくためには、周囲のサポートが必要になります。自分に自信を持って安心できるよう、愛情たっぷりに接することが大切なのだということを、この動画が教えてくれます。

Licensed material used with permission by Checkoofilm
アメリカと比較すると、フランスではADHDになる子供の割合が非常に少ないことがわかっているようです。そして、そこにはいくつかの大きな違いがあるのだとか。小...
かつてに比べると、ここ数年で大きく理解が進んでいるとも言われる「ADHD」。それでもまだまだ誤解や偏見は多く、当事者や家族の悩みが尽きることはありません。...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
子どもの頃、障害物コースが好きだった。普通の公園に物足りなさを感じていた僕たちにとって、丸太やタイヤやロープなどで作られた空間は、新鮮で、胸が高鳴る興奮を...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
イギリスNSPCC(英国児童虐待防止協会)が手がける性犯罪予防アニメは、とにかく明るい。日本でこの手のシリアスなテーマを扱うとしたら、間違いなくこうはなら...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
僕たちの生活の中で、1分間にできることと言えばなんだろう。カップラーメンですら3分かかる。そんななか「1分間に世界ではどんなことが起きているのか」という動...