体長5メートルの巨大ワニに大接近。「死のケージ」はこんな感じ

ワニ。それは水辺の王者。地球上に登場してから現代に至るまで、およそ2億年前にもわたって水辺の生態系の頂点に君臨し続けている、恐るべきハンターです。

噛む力は最大で2トン近くにもなり、バッファローのような大型動物でさえワニの餌食になることもあるほどなので、人間なんかひとたまりもありません。毎年1,000人にも及ぶ死者が出ているとも言われています。

そんなワニと同じプールにダイブできるアトラクションを紹介しましょう。

体長5mの巨大ワニが
目の前に!

Medium 15bbd69333f3a600164f91411c111a9bb755c440Medium 37a563eb9104e71046dd4ed20bf8bb8d1ef37066

この恐るべき体験ができるのは、オーストラリアにあるワニ専門の水族館「CROCOSAURUS COVE」のアトラクション「Cage of Death(死のケージ)」。

大きなアクリルチューブの中に入って、目と鼻の先にいる体長5mのワニを15分間鑑賞できちゃいます。

「いざというときの講習つき」が
逆にこわい

Medium 0d733b400ccb65941a74dd7b8f50194324a5a28b

このアトラクション、あまりにスリリングなため、15歳未満は立ち入り禁止、18歳未満は保護者同伴となっています。

さらに、いざというときのための講習を20分受けなくてはならないのですが、「いざというとき」が来ないことを祈るばかりです…。

お値段は、1人で165オーストラリアドル(約13,000円)、2人で250オーストラリアドル(約20,000円)。高いと思うか安いと思うかは、ワニへの愛次第です。

Licensed material used with permission by Crocosaurus Cove
アムステルダムといえば、ヨーロッパ有数のトラム網が整備された街。最近、そんな市民の足にある変化が起きているのだそう。実は車内に、「ワニのステッカー」が登場...
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
もしもあなたに数ヶ月の命しか残っていないと言われたら、どうするだろう。やりたいことを全部やる、大切な人と静かに時を過ごす、今までの友達全員に会いに行く・・...
何かを咥える、勇ましいワニの姿―。これは動物園やサファリパークで楽しめる“お馴染みの光景”です。が、その舞台がゴルフ場となると話は別。こんなワニが池から登...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
埼玉県には、知る人ぞ知る巨大施設が存在するって知ってましたか?「地下神殿」とも呼ばれており、海外からやってくる見学客も多い観光スポットなんです。神秘的な空...
中秋の名月に「スーパームーン」が重なった、あの興奮する夜空が記憶に新しいところですが、この10月も天体ショーが目白押し。なんでも、明け方の空が大変なことに...
「常に、死を意識することのススメ」と題した記事をご紹介します。なんて、唐突に言われても、私たちが常日頃から、死について考えているかといえば、そんなに多くは...
10月31日(土)はハロウィン!仮装の準備をしている人も多いかもしれません。が、もうひとつ注目のイベントがあることを知っていましたか?なんとその数時間後、...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
「ウイングスーツ」はエクストリームスポーツ世界最恐とも呼ばれる「滑空」用のジャンプスーツ。モモンガを思わせるスーツを身に着けたダイバーは、高層ビルや崖など...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
愛する人の死に直面したとき、その事実を受け入れることは本当に難しいものです。亡くなった後でも、大切な人とはどこかで繋がっていたい。その一念が、無意識のうち...
あす9日とあさって10日の夜明け前は、金星と土星が大接近します。太平洋側の地域ほど観察のチャンスあり。連休中の朝は寒さに負けず早起きをして、寄り添って輝く...
ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。地...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...