不屈の精神を持つ偉人たちに学ぶ、「失敗」との正しい付き合いかた

成功と失敗は、隣り合わせです。どんなことでもまずは失敗から学び、成功への道を模索していくものですし、そこが運命の分かれ道でもあります。なかには諦める人もいるでしょうし、走り続けていく人もいるでしょう。

遠越段さんの著書『偉人たちの失敗』では、転んだときにどのように立ち上がればいいのか?が、偉人たちの言葉をヒントに軽快に紹介されています。

01.
失敗したときにどうするかで
その人がわかる

C6de31f8d412f37ac85ac26f8a8df097da48bdb2

「予は常に青年の失敗を興味をもって見ている。青年の失敗こそは、彼の成功の尺度である。彼は失敗をどう思ったか、それから彼はどうしたか」

モトルケ(軍人/ドイツ)

モルトケは、ドイツ軍の作戦を立てる組織「ドイツ参謀本部」をつくりあげた人物。

モルトケの弟子には、メッケル少佐がいました。明治の日本は、モルトケ率いるドイツ陸軍の強さを見て、それまでのフランス式軍隊の養成をやめてドイツから学ぼうとしました。そこでモルトケは日本にメッケルを推薦したのです。

メッケルは日本の関ヶ原の戦いの布陣を見て「西軍の勝ち」と言ったそうです。しかし現実は東軍が勝利しています。西軍の実質的なリーダーである石田三成の判断の遅さ、人徳のなさから軍がバラバラになり、勝機を掴み損ねたのが原因でした。

後に、日露戦争が起きたとき、強大なロシア陸軍が優勢だというヨーロッパの予測に、メッケルは“日本陸軍が必ず勝つ”と断言。結果、大方の予想を覆して日本陸軍が勝利しました。物量では負けていたものの、判断の速さや兵卒の士気の高さでかろうじて日本が勝利したのです。関ヶ原の戦いのとき、人心掌握術の巧みさで徳川家康率いる東軍が勝利したのと同じように…。

モルトケがなぜメッケルを買っていたかというと、失敗したとき、間違ったときの反省力が高かったからだと推測されます。人は必ず失敗します。その失敗を次に生かせる人でないと、いい人材にはなりえません。

02.
お金に振り回されない
素晴らしき人生を

Bd494c04a803f654f64ad6aeff14ec52d2b6cc4a

「人生は恐れなければ、とても素晴らしいものだ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ」

チャールズ・チャップリン(映画監督/イギリス)

成功してお金持ちになった人は言います。

「お金はついてくるものだ。お金は目的ではない、手段だ。お金は必要なとき、必要なだけあればいい。お金より大切なものがある。それは愛だ」

お金というものは、本当にどうとらえていいか難しいものです。著者が大学生のころ、チャップリンブームの再来もあって、彼の映画を何度も見ていました。特に映画『ライム・ライト』の中での発言は、強烈な印象を与えてくれるものばかりでした。

「死と同じように避けられないものがある。それは生きることだ」

「私たちは皆、互いに助け合いたいと思っている。人間とはそういうものだ。相手の不幸ではなく、お互いの幸福によって生きたいのだ」

冒頭で紹介したのも、同映画の有名な言葉です。チャップリン自身も成功して大金持ちとなり、大邸宅を購入し、多くの人を雇いそこに住みました。ただ、いくらお金持ちになっても、お金そのものを増やしていくことに執着するほど愚かではありませんでした。

人生は楽しむべきです。そのためには、世の中の役に立ち、人のためになり、人が喜ぶ仕事をし、そのための苦労を楽しめるようになるほうがいいに決まっています。

03.
一番の喜びは
失敗を乗り越えること

5c54c6ab91a5531bcf8fc2c92a4309f594268b17

「幸福になる秘訣は、快楽を得るためにひたすら努力することではない。努力そのもののうちに快楽を見出すことである」

アンドレ・ジッド(作家/フランス)

多くの成功者の伝記を詳しく読んでみると、成功した点の凄さばかりが書かれてます。しかし実際の彼らの人生は、挫折と失敗の繰り返し…。それを不屈の精神で粘り強く乗り越えてきたのです。

そんな辛いことばかりではあるものの、当の本人たちの人生は楽しくて仕方なかっただろうと感じます。もちろん挫折したときは「何でこんな辛い目に遭わなければいけないのか」と思ったこともあったでしょう。しかし、心の奥底には「やってやる! 見てろよ!」というものが宿っていたに違いありません。

高い評価を得て尊敬されるということは喜ばしいことですが、彼らにとってそれらは二の次だったはず。一番の幸せは、失敗や困難を乗り越えていく過程の工夫と努力にあったのです。

アンドレ・ジッドが言ったように、良い仕事、世の中をあっと言わせるような仕事をしようと努力することを快楽、楽しみとし続ける人がいる組織こそが、発展するのです。

給料が高いから、余暇が多いから、ということのみを重視するようでは、決して幸福な人にはなれないし、素晴らしい仕事もできません。

人生には、たくさんの挫折がつきものです。ただ「七転び八起き」という言葉があるように、人は失敗をしても諦めず、立ち上がる力を持っています。私たちが知っている...
会社の上司に求める条件で「人格者である」ことを挙げる人も多いのではないでしょうか。組織のリーダーになる人は、仕事の資質の他にも心を磨かなければ部下から信頼...
歴史に名を刻んできた日本の名将たちも、スーパーマンや超能力者だったわけではありません。私たちと同じ、ひとりの人間です。しかし、生きる知恵や考え方が一般人よ...
何かに失敗し、「自分はなんてダメな人間なんだろう」と落ち込んでしまったことは、きっと誰にでもありますよね。長い目で見るとその経験が成功につながることも多い...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
私たちはつい「失敗をしないように」という予防線を張りがちです。だって失敗したら恥ずかしいし、そこから立ち直るのもひと苦労するから。でも、将来のためには積極...
挑戦の数だけ、成功があります。偉人と呼ばれる人たちは、この「挑戦」を誰よりも多くしてきた人です。彼らは、どうして挑戦し続けることができたのでしょう?経営コ...
発明家トーマス・エジソン。彼の失敗についての考え方はとても有名です。「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなけ...
今なお色褪せることなく、成功を追い求める人のハートを動かす力強いメッセージ。歴史にその名を残してきた偉人たちは、一生のうちにどんな言葉を残してきたのでしょ...
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
夢を追い始める10代。その先にはたくさんの困難と選択肢が待ち受けています。時には心が折れて、自分の目指した夢を忘れかけてしまうこともあるでしょう。そんな迷...
多くのキャリア指南書で「もっと失敗を経験すべきだ」と書かれていますが、それでも今なお、失敗=恐ろしいもの、という考えが拭えない人はたくさんいるはず。ここで...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
自己啓発でよく言われる「若い頃は、たくさん失敗しよう」というフレーズ。だけど、具体的にどんな失敗が、どう将来に役立つのでしょうか?米メディア「Elite ...
人生に、困難はつきもの。でも、そんな状況を救ってしまう“魔法のことば”が存在するのも確かです。正直、ここで紹介するものが、“今の”あなたに刺さるかはわかり...
人が何かを成し遂げるためにもっとも大事なことは、明確な目標を持つことです。自分の進むべき道やゴールがはっきり見えていないと、努力を続けることも困難になって...
何か大きな失敗をしてしまったとき、目の前が真っ暗になり、夢が粉々に砕け散ってしまったように思うかもしれません。自信を失い、自分はもう何もできない、と。そん...
人生が輝かしいものになるか、平凡なものになるかは、どんな「習慣」を身につけるかによって変わってきます。自分の中で「やるべきこと」が見えていたとしても、三日...
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
世界に名を馳せるトップリーダーたち。 彼らには誰よりも「成功」や「栄誉」という言葉がよく似合う。 しかし、実はそんな成功の頂点に立っている彼らこそが、凡人...