ポートランド空港が全米No.1空港に選ばれるワケ

旅の入り口であり、その街の顔ともいえる空港。いい空港であればあるほど、これからはじまる旅への期待が高まるもの。実はポートランド空港は全米で一番満足度の高い空港に3年連続で選ばれているんです。

クラフトビール、コーヒー、ブックストア…そこはまるで「リトルポートランド」

Medium a9b6bc02b578015a73a2d0a1d9d5c3e8cda09e63

その秘密は、たとえば空港内のフードコート。空港の食事は高くて美味しくない、って思っていませんか?ポートランド空港に限っては、そんな先入観は間違い。ポートランド空港のテナントには市内にショップを構えている店舗しか入居できないため、ショッピングコートやフードコートは、言わば小さなポートランド。価格も空港内と市内で変えてはいけないと決められているので「高くて美味しくない」なんてイメージとは無縁なんです。

Medium c51b8ec69ddd9b05b38e82f254674e74475059e7

フードコート内のレストランでもクラフトビールの樽生がずらり。クラフトビールの街であることを実感できますね。たっぷり1パイント入りでこのお値段は破格でしょう?

Medium 94f6e53ab218446e7a70bcc2d5f97456daeecbbf

ダウンタウンにある市内最大のブックストア「POWELL'S BOOKS」も空港内にテナントがあります。出発ゲートからも近いので、機内での読書はもちろん、お土産ものを探しても面白そうです。

世界一愛されている空港の証拠は
カーペットにあり!?

Medium 03d04f24e195f46e95c058a9695170fc6b443d26

そしてもうひとつ、ポートランド空港といえば、カーペット。もともと1987年にデザインされたこのカーペット、20年以上が経過してデザインも古くなってきたので張り替える話が持ち上がったところ「このカーペットを見るとポートランドに戻ってきた実感が沸く」と地元の人を中心にカーペット愛が爆発。

Photo by kariemjohnson

Instagramで「#pdxcarpet」というタグで9万件近くも写真がアップされたり、地元のクラフトビールがカーペットをテーマにしたビールを出したりと、だんだんとブームになってなっていったそう。空港内のショップでカーペット柄をテーマにしたグッズもたくさん販売されているので、ちょっとヒネリの利いたお土産としてもおススメ。

Medium 300df052863ff3369a0338d8b7bb36323de0286b

ポートランド空港を出発する前のセキュリティチェックでは、こんなカードが配られていました。チェックを通過するまでにどれぐらい時間が掛かったか計測するためのカードで、このデータをもとに改善に活かされているよう。こういったちょっとした心使いが、全米一満足度の高い空港に輝き続けている秘密のようです。

全米一魅力的な空港に最短で行く方法

Medium 1d8549c21ddc9267cbdb4382734f280767f3264f

そんな魅力にあふれたポートランド。実は東京から意外に近いことをご存知ですか?成田ーポートランド間の直行便を運航している『デルタ航空』を利用すれば、9時間後にはポートランドの空気を吸うことができるんです。それに直行便であれば夕方の4時に日本を出発しても時差の関係で同じ日の午前9時過ぎにポートランドに到着になるため、機内でぐっすりと寝ておけば時差ボケにもならず、タイムロスすることなく到着した日からしっかりとポートランドを満喫することができるんです。

Medium 1d9c46468009203fc6bf4e5b7d991eeed1460492

デルタ航空では、自動チェックイン機もたくさん用意してあり、予約番号を打ち込んでパスポートをスキャンすれば簡単にチェックイン可能。また米国に渡航する際はESTAと呼ばれるビザ申請免除プログラムを申請しておくことを忘れずに。クレジットカードがあれば、オンラインで登録が可能です。

Medium 7be334f3861a677d25970eef25d0c5b7dd4dcb29

ゆったりとしたシート構成で、オンデマンドの機内エンターテインメント「デルタ・スタジオ」には、映画やドラマ、音楽など多数のコンテンツが用意されており、USBケーブルも付属するため、機内で退屈することはありません。

Medium d71e3dfb7b43ea461316ad7d9686df9f171c0df1

さあ、空港を出ればそこはポートランド。常に変わりゆくこの街は1年後もまったく違う表情をみせていることでしょう。今しか体験できないポートランドを楽しみに、デルタ航空で出掛けてみてはいかがですか?

Medium 14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
チェックインカウンターで手荷物を預けたアナタ。身軽になって、いよいよ旅行気分も最高潮。だから、こんなこと考えないかもしれない。預けたカバンがどうやってアナ...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
50万以上の植物に囲まれている空港がある。 2015年3月、イギリスのリサーチ会社スカイトラックス社は、シンガポール・チャンギ国際空港を世界で1番の空港と...
「日本の公共交通機関は、世界一時間に正確」これは一般的によく言われていることですよね。特に鉄道。1分のズレをも決して良しとしないその姿勢は、多くの訪日外国...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
例えば、羽田空港。保育園やペットホテルも併設されているし、結婚式を挙げることだって可能です。 いまや空港はアミューズメント施設並み。そのトレンドは日本国内...
空港は、動く生き物だ。メキシコ国際空港をドローンで頭上から捉えた映像。それは新しい視点を私たちに与えてくれる。広大な敷地の上で、テイクオフとランディングを...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
2015年12月10日、バレエダンサーのニック・トペテがこの動画をFacebookにアップしたところ、瞬く間に再生回数が650万回を突破!飛行機遅延のあい...
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...
米メディア「TakePart」で、ジャーナリストPadma Nagappan氏が、サンディエゴ国際空港の節水対策に注目した記事をご紹介。記録的な干ばつ被害...
米ミシガン州にある、チェリー・キャピタル空港。ここにいる、K-9 Piperという名物犬が「カッコよすぎる!」と話題になっています。彼の任務は、空港内に入...
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...